雪を期待して・・・

この時期は寒いのは覚悟の上なのですが、それにしても今年は寒かった。
しかし、私が大阪から博多に出て来た、いまから40年くらい前はもっと寒かったのではないかと思います。
いつも、大学入試の頃になると雪が降っていたことを覚えています。

ふらっと県立美術館に立ち寄ってみましたが、この寒さですからお客さんも来てくれません。
暇つぶしに休憩所の椅子などを撮っていましたが、外で写真でも撮るか・・と町中に出てみました。
この寒さの中、十分な広報活動もしない、無名の私たちの写真展を見に来てくれるのは、関係者か、よほどの変わり者(失礼)くらいです。
人の出入りの少ない展覧会場でじっと待っているのも辛いものがあります。
それでも役目で受付に座ってくれている学生たちに、「また、戻ってきます」と、勝手な挨拶をして美術館を後にしました。

JJ0129.007 福岡市中央区 5DII ef35 2#
福岡市中央区 | Canon EOS 5DII + EF35mm F2


どこに行こうという当てがあるわけではありません。
とにかく、日暮れまでふらふらと歩いて、気になるものにレンズを向けて、気が動けばシャッターを押す。
それが、お気に入りの一枚になるかどうかは、その写真を再び見たときの気分が決めればよいこと・・・と、いつもどおり気楽な散歩です。

歩き出すと、雪がちらちらと舞い落ちてきました。
いいぞいいぞ、雪よもっと降れと願うのですが、なかなかこちらが思うようには降ってくれません。

こんな寒い日でも、若いお母さんたちの井戸端会議・・・いまでは公園会議とでも言えば良いのでしょうか・・・が行われていました。
「子供は風の子」、「母さんはお洒落っ娘」
ヒールの高い靴を履いて・・・お母さんの姿も変わってしまいました。

JJ0129.024 福岡市中央区 5DII ef35 2#
福岡市中央区 | Canon EOS 5DII + EF35mm F2

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

ゴジラ
【 サイレント映画のような夏の空 】 福…
夏みかん
【 夏みかん 転がる溝に 青い空 】 甘…
観覧車
【 真夏日に 天まで昇る観覧車 】 とこ…