旅の準備

九日から関西方面に出かけることにしました。
大阪は私の故郷です。
若い頃には故郷を慕う気持ちはそれほど強くはなかったのですが、これも歳の所為でしょうか、50歳を過ぎたあたりから、大阪に対してこころが動くようになりました。

50歳になったときに、大阪に対して抱いた気持ちは、「写真の撮ってみようか・・・」といったものでした。
18歳で大阪を出たわけですから、それほど大阪を深く知っている訳でもありません。
また、写真を通して大阪を見つめることもなかったのですが、50歳になった年に、ふと写真を撮りに大阪に行ってみるか・・・と、こころが動いたのです。
それども、積極的に大阪に出かけて写真を撮るということもなく、気が向いたときだけのことです。

いろんな人が大阪を写真に撮っていますが、しれらの写真には、定型といったものがあるように思います。
これは、大阪という風土の灰汁の強さが原因しているのかも知れません。

故郷としての大阪を、私はどのように写真に撮るか・・・
できることなら、さりげなく撮れれば良いと思っているのですが、灰汁の強い大阪の町と人々がそれを許してくれますでしょうか。

春先に大阪に戻るのは、三月は親父の命日でもありますので、出来ればそ親不孝者の罪滅ぼしも兼ねてのことです。
大学に入るために大阪を離れ、そのまま大阪に戻らず仕舞いですから、親父には寂しい思いをさせたのかも知れません。

春先は私の仕事も、今年度の締めくくりと、来年度の準備とで気忙しく、なかなか日程が組めなかったのですが、ようやく九日から四日間の空きを作って、本日、旅行者に出かけて、新幹線と宿の手配を済ませんてきました。

当然、ここで大阪の写真と行きたいところですが、大阪の写真は九日以降のお楽しみとして、今日は、先日の卒業生の愛犬と一緒に、散歩したときの写真を続けさせて貰います。

110304.023 福岡県糟屋郡志免町 GH2 g14 2.5a#

110304.037 福岡県糟屋郡志免町 GH2 g14 2.5a#
福岡県糟屋郡志免町 | Panasonic GH2 + LUMIX G 14mm F2.5 ASPH. 

最初の写真は商店街横道です。
電線にカラスが止まっていて、飛び立つところを撮ったのです。
カラスのフォルムが崩れ過ぎているのが残念ですが、雲の様子など、この日の良い気分が出ていて、写真全体としてはまずまずです。

犬を連れて歩いていると、犬の気配を察して他の犬が吠えてきます。
かなり高いブロック塀の向こうから人相(犬相でしょうか)の宜しからぬ犬が顔を出し、吠えてきました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…