兵庫県立美術館へ

今朝の大阪。
天気はええけど寒いワ。
昨日は七時間歩き回ったんで、夜はぐっすり熟睡した。
やっぱり 写真人は 歩かなあかんナ・・・と、 当然のことを実感した目覚めやった。

兵庫県立美術館に行って来ました。
はるばる(時間的にはたいしたことはありませんが)九州から、関西に来た理由は三つあります。
先ずは森村泰昌さんの展覧会を拝見すること。
二番目は、奈良の薬師寺の東塔内部が初めて一般公開されるので、それを拝観、
三つ目が、大阪の「大阪 くらしの今昔館」に行くこと。
この三つを一日、一つずつ楽しむ、三泊四日の旅という次第です。

さて、兵庫県立美術館。
森村泰昌さんの展覧会は素晴らしいものでした。
特に映像作品が面白かった。
腹減らしの私が、昼食の時間も忘れて、四時間くらいかけて館内じっくりと見て、楽しませてもらいました。
館内で上映されていた映像作品が、DVDで発売されていたら買おうと思ったのですが、残念ながら売られていませんでした。

芸術で胸がいっぱいになった次は、腹を一杯にしようと、阪神電車で元町まで出て中華街へ。
中華街は修学旅行生で混雑しており、店の売り込みも過激なので、〈大学芋〉を買って、早々に退散。
結局昼飯は、中華街へ向かう路地で見つけておいた鰻屋にしました。
鰻屋の前には、これまた良さそうな蕎麦屋があり、私の頭の中で鰻と蕎麦の綱引き。
昨夜が蕎麦だったから・・・ということで、今日のところは鰻に引っ張られました。

昼飯に鰻屋に入ったのは二時を過ぎていました。
私が入るときに中年のカップルが出て行き、店の中は私一人。
注文を済ませた頃に、40歳前半くらいの男性が一人が店に入って来ました。
注文を聞きにきた女性に、後からもう一人来ると言いながら、なにやら豪勢に注文ています。
きっと得意先の人でも、遅れて来るのだろうと思とったら・・・男性の携帯電話が鳴りました。

電話で遅れて来ている人物に場所の説明をしているのですが・・・それが妙に横着。
得意先を接待するという私の想像は間違っていたようです。
やがて入って来たのは、ちょっとお水なお姉ちゃん。
そうか、そういうことか。
そういうこっちゃ。

腹も膨らんだところで、いよいよ、写真撮りです。
三宮から阪神電車。
交通の便を考えて、野田まで行くことにしました。
大阪市福島区野田。
ここは、懐かしい大阪の姿が残ってる場所でお気に入りです。

電車を降りて外に出ると曇り空。
ときどき雨が落ちて来る生憎の空模様です。
それでも頑張って歩き回りました。もちろん歩けば写真が撮れます。
ちょっと不完全燃焼ですが、それなりに。

110309.026 兵庫県神戸市中央区 M9 SN28a#
兵庫県神戸市〈兵庫県立美術館〉 | LEICA M9 + SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH. 


110310.160 大阪市福島区野田 地下鉄玉川駅 M9 SN28a#
大阪市福島区〈地下鉄玉川駅〉 | LEICA M9 + SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH. 

今日は男性二人の後ろ姿で揃えてみました。
兵庫県立美術館と大阪市福島区、地下鉄玉川駅で撮ったものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…