効果的な飛び入りをものにするには・・・

前回の〈亀カメラ〉では、突然、画面に人が飛び込んで来る話をしましたが、飛び込んで来た人が話を作り上げてくれることもあります。

大阪の象徴、通天閣のお膝元。
〈ジャンジャン横町〉と言われる通りがあります。
そのジャンジャン横町には、祖母の知人が店を出していた関係もあり、子供の頃からそれなりに馴染んでいるところです。

大学で写真をやるようになってからも、カメラを持ってよく出かけていました。
その頃まで、勉強不足で知らなかったことですが、〈通天閣〉や〈ジャンジャン横町〉は天王寺区にあるとばかり思っていました。

撮影データを記録するために地図を見ていて、気付いたのですが、〈通天閣〉や〈ジャンジャン横町〉は天王寺区ではなくて浪速区に属していました。
天王寺駅で降りて、歩いて出かけていましたので、てっきり天王寺区だとばかり思い込んでいたのです。

この辺り、天王寺区、阿倍野区、西成区、そして浪速区が隣接してしるのです。
しかも、それぞれが極めて大阪的空気を蓄えている町なので、この一角を攻めるだけで、大阪的写真が撮れますので、い薦めの撮影区域です。
ただし、大阪的パワーに臆していては写真は撮れませんので、くれぐれも押しの強さを忘れないようにしないといけません。

ジャンジャン横町を歩いているときに、足取りもおぼつかない老人が目に止まりました。
手には部屋にもって帰って一人で食べる昼飯でも入っているのでしょうか、ビニール袋を下げています。
腰は間借り、一歩足を前に踏み出すのにも一苦労といった感じです。
その横を携帯電話で話しながら若い男性が足早に追い越して行きます。
なんとなく、我が身の将来を見ているようで、切ない気持ちが、この写真を撮らせました。

これと思った被写体は追いかけて撮り続ける癖がありますので、後を着けながら、同じような写真を四枚撮影しています。
すると、突然、左手のドアが開き、手には出前のお盆を持った女性が飛び出してきました。
計算外の登場人物です。
瞬間、怯んだのでしょうか、シャッターを押すタイミングがほんの僅か遅れているような気がします。
次の瞬間にはその女性は画面右手の〈通天閣クラブ〉のドアを開けて入って行きました。
女性が〈通天閣クラブ〉に消えた後も、後を着けて三枚写真を撮っています。

このシーンを合計10枚撮っています。
そのうちの2枚だけですが、出前の女性が登場しています。
10枚の写真から四枚を選び出して並べてみました。

110309.114 大阪市浪速区恵比寿東 M9 Sn28a#

110309.119 大阪市浪速区恵比寿東 M9 Sn28a#

110309.120 大阪市浪速区恵比寿東 M9 Sn28a#

110309.122 大阪市浪速区恵比寿東 M9 Sn28a#
大阪市浪速区恵比寿東 / LEICA M9 + SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH. 

飛び入りで画面の中に入ってきた女性。
主役の老人と、脇役の携帯男を食ってしまった感があります。
こういう、飛び入りは大歓迎です。
そのためにも、こちらがしっかりと対応できる気合いを常に持って歩いていなければならないのです。
効果的な飛び入りをものにするには・・・目配り、気配りが大事だということです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…