気楽になって、気が抜けにように・・・

ハワイを黒白フィルムで長く撮ってきました。
それが、近年のデジタル写真の波に飲み込まれるかたちで、私も本格的にデジタルカメラを使うようになり四年を過ぎました。
2007年の1月に、これまで、フィルムカメラで使い続けて来たM型ライカのデジタルカメラ、LEICA M8を手に入れて以来のことです。

ハワイをデジタルカメラで撮り、カラー写真に仕上げるようになって、何が変わったかというと、気分でしょうか。
色に助けられ、なんでも写真になりそうなので、撮影中の気分が楽になったような気がしています。
銀塩黒白写真の時代には撮らなかったようなものまで、ついつい撮ってしまいます。

だけど、撮影枚数は銀塩黒色時代とデジタルカラーに変わった今もそれほど変わらないのは不思議です。
黒白の場合は現像が終わるまで撮影に成功したのか、失敗したのか分からないため、保険の意味合いもあって、一つの被写体に何回もシャッターを押してしまうことが多いようです。
デジタルの場合には、撮影結果が確認できますので、「これで良し」と打ち止めも早いので、一つの被写体に対する撮影枚数が少ないのでしょう。

気楽になったかわりに、気が抜けてしまわないように、戒めなければならない・・・そろそろ、そんな時期に差しかかってきたようです。

ハワイ滞在三日目の〈ハワイ日記〉です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハワイに来て二度目の朝。
まだ、時差ボケ気味なのか、昨日の疲れか、ぐっすりと眠り、目覚めが日本に居るときよりも遅かった。
窓から差し込む朝の透明な光で目が覚めた。
窓のブラインドを下ろしたり、カーテンを引いたりするのは好きではない。
朝は朝日に起こされる・・・これが理想の目覚め。
ハワイだと、鳥の声で目覚めることもある。
いずれにしても、自然の優しさに目覚めるのは素晴らしい。
窓辺の丸テーブルの上に置かれた、安っぽいコップの影が長く伸びていた。
昨夜、ビールを飲むときに使ったコップだ。
コンパクトデジタルカメラで、今日最初のシャッターを押す。
ちょっと拍子抜けのシャッター音は、眠気覚ましにもならない。

部屋で朝食を食べながら本日の行動計画を練る。
思い切ってロングドライブと決めた。
ロングドライブと言っても私が運転するのではない。
ローカルバスの旅である。
オアフ島の西側を目指すことにした。
バスで行くことが出来る、西のどん詰まり、マカハビーチまで。

西に向かう時はバスの左側の座席が良い。
西側の海岸線に辿り着いた後は、終点のマカハビーチまでは延々と海を眺めることが出来るのである。
バス・パスを利用して、気が向いたところで、気ままに下車。
最初に下車したのは〈ナナクリ〉。
確か、元関取の〈小錦〉さんの出身地。

ハワイ オアフ島 ナナクリ
Nanakuli Oahu Hawaii

ハワイ オアフ島 マカハビーチ
Makaha Beach Oahu Hawaii

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈ナナクリ〉から、〈マイレ〉〈ワイアナエ〉、そして終点、〈マカハビーチ〉。
〈ナナクリ〉では、少年たちが波と戯れていました。
〈マカハビーチ〉では、お母さんと家路に向かう少年と目が合いました。
何も知らない旅行者が、簡単に「楽園」と言ってよいものか、いつも迷うのですが・・・やはり、楽園そのものです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…