2013年1月アーカイブ

仕事を抱えて熊本へ

旅は好きな方です。
気軽な旅が一番ですが、仕事を抱えた旅であっても、旅の空の下を歩くのは楽しいものです。
もちろん、カメラを抱えての散歩です。

と、云うことで、仕事がらみで四泊五日の旅です。
場所は熊本。
毎日、仕事は16時前には終わりますので、日没までの時間は町をぶらぶらできます。

どんな旅であれ、隙あらば写真を撮ろうという魂胆ですから、カメラは必ず持って行きます。
当然ですが、仕事の荷物もありますので、大掛かりな機材を持って行くのは無理。
そこで、今回はコンパクトを心がけてSony RX1一台です。

JE C1 31 010 熊本市 RX1+So35 2#
熊本市西区二本木 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

初日はたいした仕事もなく、夜に行われる打ち合せまでの空き時間を利用して町を散歩。
仕事の場所とホテルは熊本駅の近くということで、散歩の場所はホテル近くの「二本木」にしました。
この辺りは好きな撮影スポットでしたが、だいぶ再開発がすすんでいます。
時の流れで仕方のないことですが、風情のある町がどんどん消えていきます。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

公衆電話

今の時代、電話といえば携帯電話のことでしょう。
公衆電話を使うことはほとんどありません。
公衆電話はその存在すら薄れかけています。

博多駅のホームから改札口に向かっているときに、ふと、公衆電話が目にはいりました。
普段からそこにあったのでしょうが、これまでまったく気にもしていませんでした。
それが何故か、私に足を止めさせました。

一瞬躊躇。
何故、電話機が気になったのか分かりませんでした。
カメラを向けようかどうか、またまた躊躇。

でも、写真に撮った理由はあとで考えるとして、とにかくシャッターを押しておきました。

JE C1 30 041 福岡市博多区 6D+40 2.8#
福岡市博多区 / Canon 6D + EF 40mm F2.8 STM

パソコン画面で撮影した写真を見ていて、気になった理由らしきものに思い至りました。
それは光です。
薄暗い片隅に天井からのスポットライトを浴びている電話機・・その光ではありません。

電話機の液晶画面が明るく光っていたのです。
写真を拡大してみると『国際電話がご利用できます。』との文字が読めました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カメラが届きました。

卒業生のTくんから、授業に役立てと云うことでカメラを貰いました。
そのカメラが宅配便で宮崎から届きましたので、先ずは私めが試し撮り。
最近、自分の機材をすべてフルサイズのデジタルカメラに切り替えましたので、いまさらですが、マイクロフォーザーズのカメラの小ささ、軽さに驚きです。

いつものバックの中で、小さなカメラが転がり回っています。

JE C1 29 001 福岡市東区 EPM1+MZD17 2.8#
福岡市東区 / OLYMPUS E-PM1 + M ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

私のお決まりの撮影場所。
朝日の時間帯には民家と街路樹の影が投影されて面白いと感じています。
そこに、今日は、犬と朝の散歩をしている男性が歩いてきました。

光と影のバランスを見極めながらシャッターを押しているのですが、なにせ初使いのカメラですから操作に手間取ってしまいました。
そのうえ、カメラ背面の液晶画面でフレーミングを確認するカメラなのに、ファインダーを覗こうとカメラを目に近づけて慌てたり。

まあ、ぎりぎりのところでなんとかシャッターが落ちてくれました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

人の影

「心霊写真」と言われるものがあります。
信じる信じないは別として、長い間写真を撮っていて、私の撮った写真の中にそれらしいものが写ったということはありません。

感受性の強い人の中にはスポッと入り込んでくるものなのだと聞いたことがありませうので、写らない私は俗物で薄情者なのかも知れません。

福岡市東区
福岡市東区 / Nikon D600 + AF Nikkor 24mm F2.8D

「心霊写真」は撮れなくても、何かに見える・・という、遊び心は旺盛にあるようです。
今朝、職場に向かって歩いているときに、こんな姿を見つけました。
どうです。人の形に見えませんか?

まるで、手招きしている人の影のようです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JZ J2 31 012 福岡市 東区 RX1+So35 2
福岡市東区 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

私の家の近くの病院は、病棟の屋上にヘリポートを備えています。
いわゆる、ドクターヘリというやつです。
玄界灘の島などで、急病人がでたときなどに活躍するのでしょう。

この病院の近くを歩いているときに、ときどきヘリコプターの音を耳にすることがあります。
写真に撮れるものならと音のする方を眺めるのですが、大概は私のレンズでは機体が小さくしか写せなくて想い通りの写真にはなりません。

ところが、この日は病院のすぐ横を散歩しているときにヘリコプターの音が聞こえました。
病院の横のスーパーの駐車場を走ってできるかぎり病院に近づきました。
ヘリコプターが浮き上がり、ゆっくりと方向を転換しているときに、夢中で撮りました。

まあ、それほど興奮することもないのですが、これまでイメージとおりに撮れなかったものが、ようやく撮れるかも知れない、そのことが私を嬉しくさせてくれたのでしょう。
空と雲も応援してくれて、ちょっとドラマチックな写真になり過ぎた感はありますが、まあ、良いでしょう。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

買い物のついでに・・

JE C1 11 014 福岡県 糟屋郡 新宮町 D600+ULT40 2SL
福岡県糟屋郡新宮町 / Nikon D600 + VOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.

我が家の若造猫がオシッコの出が悪いようなので、病院に連れて行きました。
60歳なかばの飼い主のオシッコの出が悪いのならまだしも、2歳そこそこの若さでこれじゃあ先が思いやられるというものです。

検査の結果、それほど重病という程でもないようで、抗生物質と結石を溶かす効果のある餌を与えられて無事、即日帰宅。
我が家には、もう一匹、兄弟猫がいますので、その猫にも、予防も兼ねて結石の出来難い餌を与えようと買いに出かけました。

餌を探しているときに、この虎を発見。
もちろん、何処に出かけるときもカメラ持参ですから、一応、店員さんの視線を避けながら、尚かつ堂々と撮ってきました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

だから・・

猫は・・・
よくもまあ、こんなところで・・
なにも、こんなところで・・
他にも場所はあるのでしょうが、彼には(彼女かも知れませんが)やはりここが特等席なのでしょう。

日の射す特等席は時間とともに変化します。
ちょうど、この時間帯はこの場所なのでしょう。
そこに、たまたま、カメラを持った私がのこのこと通りかかった。

のんきな一人と一匹が、広い世界の、この一点で交わる。
なんと奇跡的なことか。
世の中にはそういう奇跡がいっぱい。
だから面白い。
だから、写真を撮らずにはいられない。

JE C1 20 127 福岡県糟屋郡新宮町 MM+CSo50 1.5-1-1
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-Monochrome + C Sonnar 50mm F1.5 ZM

漁師町。
おそらく漁師さんの家の玄関口。
そこに祀られた祠の屋根の上で寝ぼける猫。
猫の横暴は神さんも大目に見てくれるようです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

猫はいいね。

猫は良いですね。
いつも居心地の良いところで居眠り三昧です。
夏の暑い日でも、猫が居眠りをしているところには涼しい風が吹いていたり、冬の寒い日には、暖かな場所をきっちりと探し出しています。

玄界灘に浮かぶ「相島」は猫の島で、あちらこちらに猫が居ます。
殆んどの猫たちは、人を恐れません。
猫に恐怖心をおこさせるようなことをする人間が居ないのでしょ。
カメラを持って近づいていっても、悠々としたものです。

JE C1 20 092 福岡県糟屋郡新宮町 M9P+ET28#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M9P + ELMARIT-M 28mm F2.8

船着場に停められた軽トラックの荷台を何気なく覗いてみると、そこに猫。
ちゃんと運転台が海からの風を遮ってくれるところに陣取っています。
近づいてカメラを向けると「何か?」といった調子で辺りを見回したあと、何事もなかったかのように、毛繕いを続けました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

奇麗だから・・

この日は穏やかな気候で、海岸は釣りをする人たちで賑わっていました。
この島では大手の真珠の会社が養殖を行っていますので、さぞかし穏やかで奇麗な海かと思いきや、ご覧のような有様です。

魚釣りの撒き餌や、釣り人が寒さ凌ぎに使う携帯カイロのパッケージやペットボトルなどなどが波に揺れています。
水面には漁船から流れ出たのでしょうが、油膜が漂っています。
どうやら、海から恩恵を受けている人たちが、いちばん海を汚しているのではないでしょうか。

この写真のなかで奇麗なのは、死んだ魚の目だけです。


JE C1 20 108 福岡県糟屋郡新宮町相島 M9P+ET28#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M9P + ELMARIT-M 28mm F2.8

写真で社会を動かすとか、偉そうなことを言う柄ではありませんし、そういった主義主張を込めて写真を撮ることはありません。
この写真も、そんな小難しいことは考えないで見て欲しいのです。

黒い海に浮かぶ魚の白い肌。
その魚の澄んだ目。
それらを奇麗だと思っただけなのですから。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

骨董品やのう。

僅か20分くらいでしたが、船旅は船旅。
良い気分で島に上陸。
そして、最初に撮った写真が『老人と海』ではなくて、「老人と犬」です。
相島は猫の島で、犬は極めて珍しいのです。

空を背景に完全逆光状態。
目一杯補正をかけて撮影しました。
声もかけずにいきなりです。
口笛なんか吹きながら、犬好きで、可愛い犬は撮らずにいられない・・なんて雰囲気を醸し出しながら。
そうすれば、犬でも、猫でも、飼い主は機嫌良く写真を撮らせてくれますので、あとは、飼い主と会話をしながら欲張って撮り続ければ良いのです。

JE C1 20 028 福岡県糟屋郡新宮町相島 MM+CSo50 1.5#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-Monochrome + C Sonnar 50mm F1.5 ZM

話しながら撮影していたら、おじさんの一言。
「あんたのカメラ、骨董品やのう」だと。
一応、おとなしく「そうなんですよ」と言っておきました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C1 20 015 福岡県糟屋郡新宮町 MM+CSo50 1.5#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-Monochrome + C Sonnar 50mm F1.5 ZM

相島への船が出航するまでの待ち時間に、何か写真に撮るものが転がっていないかとうろうろしていたら、海面を覗き込む男性を発見。
最初は一人きりだったのですが、やがて二人になり、三人になり・・

その模様を28mmと50mmレンズで13カット撮っていました。
上の写真は13カットのうちの12カット目です。
三人揃って同じ姿勢になって海面を覗き込んでいるのはこれ一枚きりです。
最後の13コマ目の写真では左の男性が腰を伸ばしています。

12コマ目の写真が撮れた段階で、このシーンの撮影を打ち切りにすべきだったのでしょうが、ついつい欲が出て、もう一コマ、シャッターを押してみたものの三人の形が変わってしまいました。

「あまり欲をだしなさんな・・」という天の声が聞こえたような、聞こえなかったような・・・

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

竿二本を抱えて島へ

写真仲間と行く恒例の撮影散歩の日です。
今月は島へ渡ります。
新宮漁港から渡船に揺られてで20分。目指すは「相島」。

海辺ということでもあるので、寒さ対策をしっかりしてきました。
本日の装備はライカ2台に28mmと50mmのレンズ。
まあ、王道の組み合わせです。

日曜日ということもあり、海辺には釣り客が押し掛けています。
船のなかにも島に渡って釣りを楽しもうと釣り竿を抱えた人たちの姿もたくさん見えます。
さて、私は28mmと50mmという二本の竿でどのような写真が釣れますことやら。

JE C1 20 001 福岡県糟屋郡新宮町 MM+CSo50 1.5#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-Monochrome + C Sonnar 50mm F1.5 ZM

この日のファーストシャッターです。
同じ船に乗る家族。
お父さんが波消しブロックと被ってしまっているところが気に入りませんが、等間隔には慣れている家族位置関係みたいなものはまずまずです。
お父さんだけが嬉しくて、他の家族はなんだかイヤイヤなのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

妙に面白い。

JE C1 13 004 ドア みやま市瀬高町 RX1+So35 2#
福岡県みやま市瀬高町 / SONY RX1 + Sonnar 35mm F2

出入り口としての役割を果たせていないドアです。
車の中から、このドアを見たときに、覗き窓の飾りに興味を持ちました。
ドアの向こう側から怪しげな視線が投げ掛けられているような気分でした。
ペイントの剥がれ具合も怪し気です。

それらは「写真に撮る」という強い動機には繋がってはこなかったのですが、なんだか妙。
車から降りてドアの前に立ってみると、これまた妙に面白い。

妙な草がプランターから溢れていて、そのプランターはドアの開閉を妨げる位置に置かれています。

ドアノブの周りには人の手で擦られた痕跡が残っています。

噛み締めているうちに妙に味わい深いものが感じられるようになってきます。
「妙味」とはこんなことなのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

雪の日は・・

♪犬はよろこび庭駆けまある♪ じゃないけど、雪の朝はカメラ持って歩きたくなります。
前夜からの水気の多い雪が降っていましたので、明日の朝が楽しみ・・・と期待していたのですが、予想していたほどは積もっていませんでした。

それでも、雪は雪ですから、「何か撮れるかも」と足下を気にしながら職場まで歩いてみました。

カメラは雪の日用に特別に準備したものではなく、昨日と同じもの。
LEICA M9Pに一時代前のSUMMICRON-M 35mm F2です。
カメラもレンズもシルバー仕様・・まあ、雪の日にお似合いかも知れません。

設定は黒白写真。
ということで、まあ、こんな写真が撮れました。

JE C1 18 011 福岡市東区 M9P+SN35#
福岡市東区 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 35mm F2

写真を仕上げるのにRAWデータを開くと、当然ですがカラー画像で出てきました。
いつものことですが、RAWデータから黒白写真に仕上げるにしても、先ずはカラー写真として調整してTIFFデータに保存します。
そのTIFFデータを黒白写真に変換するという二段階仕上げを行っています。

ということで、これがカラー仕上げをしたものです。
つまり、黒白写真になる前の段階です。
色彩があると、雪の日も、ほんの少し暖かく感じます。

JE C1 18 011 福岡市東区 M9P+SN35c#


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

日曜日の朝

日曜日の朝。
昨日の雨も上がって、薄日が射し始めた午前九時前。
古い町の路地は訪れる人はまだ無く、目覚め前のぼんやりとした空気に包まれています。

一晩中灯り続けた外灯も、その役目を終えようとする時間帯。
外灯の光と、朝の光が競い合っています。

JE C1 14 010 熊本市中央区河原町 RX1+So35 2#
熊本市中央区河原町 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

画面中央に外灯の光が作るハイライト。
画面左側からは雨上がりの朝の光が、弱々しく差し込んできました。

路地の壁には『定休日 毎週 日曜日 / 河原町繊維卸商組合』の看板。
そう、今日は日曜日。
でも、この町は若者の町に様変わりしています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

これはこれでまた良し

一泊二日の撮影の旅も、初日は雨に降られてしまいました。
まあ、これはこれで良しです。
私は車を持ちませんので、一人で撮影に出かけるときは公共交通機関と我が足に頼ることになります。

そんなときに雨に降らたら、傘を気にしながらのカメラ操作ですから、それはもう気分が滅入るというものです。
ところが、仲間と撮影に出かけるときは自家用車(いささか古めかしい言い方ですが)に便乗させてもらいますので、濡れることも少なく、それなりに快適です。

ですから、車を利用するときには、雨が降っても、「これはまたこれで良し」なのです。

JE C1 14 006 熊本市中央区河原町 RX1+So35 2#
熊本市中央区河原町 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

一夜明けた空には、まだ雨雲が残っていました。
この日の目的地は「天草」です。

その前に、準備体操代わりに立ち寄った町。
いつもの「河原町」です。

雨雲を通した、どんよりとした光の降る町。
見慣れた町も、いつもとは違った姿を見せてくれはずですから、雨も「これはまたこれで良し」です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

機材選び

撮影に出かける前・・それが泊まりがけの場合などは特に、機材選びに悩みます。
有り余るほどカメラやレンズを持っている訳ではないのですが、それでも全部を持ち出す訳にはいきません。
出かける場所や、そこで撮れる写真のことをあれこれ思い描きながらカメラやレンズを決めていくことになります。

今回の一泊二日の旅では、どうやら天気が悪そうなので、感度を上げての撮影も考慮して、Nikon D600とSony RX1の二台を選びました。
RX1はレンズ交換が出来なくて、35mmレンズ専用です。
これまでだと、一台が35mmレンズだと、もう一台のカメラには24mmレンズと云うことが多かったのですが、今回は思い切ってD600にAF-s Nikkor 50mm F1.8Gのレンズを着けました。

さて、これが吉と出るか凶と出るか・・・

JE C1 13 201 熊本市 D600+50 1.8G#
熊本市 / Nikon D600 + AF-S Nikkor 50mm F1.8G

撮影をしているうちに、やはり広角レンズを持ってきておけば良かったと思うこともありましたが、上の写真を撮るときには、50mmレンズで良かったと思えました。

この人形は、フィルム時代に一度撮影していますが、今回見てみると、どうしたことか、顔を白く塗られていました。
それもなんだか乱暴な塗り方です。

雨の降る夕暮れ時。
その光のなかでは、妙に、おどろおどろした雰囲気を醸し出していました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

彼女

ショーウインドーの中の彼女と見かけたのは、昨日の黄昏時でした。
走る車の窓から眺めた彼女は、スポットライトに照らされて夕闇のなかに浮かび上がり、印象的でした。

もう一度彼女に会いに、朝の町を歩いてみました。
想像出来る状況は二つ。
雨上がりの薄暗い朝の光の中で、寝ぼけたようなスポットライトを浴びている彼女。
もう一つは、スポットライトの消えたシューウインドーの中で、所在無さげのしている彼女。

ショーウインドーの中で写真に当てられていたスポットライトは消えていました。
スポットライトを浴びて輝いていた昨日とは打って変わって、今朝の彼女は、憂鬱さを全面に漂わせていました。

そうそう、こういう彼女を撮りたかったのです。

JE C1 14 002 熊本市中央区上通町 RX1+So35 2#
熊本市中央区上通町 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

ショーウインドーのディスプレー写真です。
このように、人様の撮った写真などを、自分の写真のなかに取り込んで良いものかどうか、いつも迷います。
単なる複写にならないように気を配りながら、景色の中の一要素とし撮らせて頂いております。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

どんど焼き

気のおけない写真仲間との撮影は、一人で撮影しているときとは違った楽しさがあります。
それが、泊まりがけの撮影となると、「旅」の気分も加わり一層楽しさも増すというものです。

本日から一泊二日の短い旅ですが熊本です。
宮崎の人間と、福岡の人間とが、熊本の人間を頼って熊本に集合です。

車を利用しての移動ですが、福岡から熊本までは高速道路を利用するのではなく、いわゆる「下道」(一般道)を利用します。
高速道路は先を急ぐ時などには大変便利ですが、道中、写真が撮れません。
下道を走って、気に入ったものを見つけては車を停めて撮影しながらのんびりと行こうということです。

今回の旅のホスト、熊本在住のYくんとは柳川で待ち合わせです。
柳川に向かう途中、矢部川の河川敷に消防車が止まって、煙が上がっているのを発見。
「どんど焼き」です。

JE C1 13 054 福岡県みやま市瀬高町 D600+50 1.8G#
福岡県みやま市 / Nikon D600 + AF-S Nikkor 50mm F1.8G

河川敷では炊き出しの豚汁やぜんざいが振る舞われていました。
それを土手の上で食べている夫婦。
遠くで、別の集落のどんど焼きも始まりました。
何枚か撮ったなかから、犬が立ち上がってた瞬間を撮ったものを選びました。
画面、左隅を歩く二人連れの姿も気に入っています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

消えた毛ガニ

デジタルカメラで撮影中に記録メディアがいっぱいになって、メディアの交換なんてことが結構あります。
特に、最近では情報量の大きな画像が多いために、メディア交換の頻度も多くなってきています。

フィルムカメラの時代には、36枚撮ったらフィルム交換というのが、ある種のリズになっていました。
デジタルカメラの記録メディアの交換も、フィルム交換と同じと考えれば良いのですが、どうも感覚的に違っていて、撮影に集中する気分が大きく削がれます。

そこで、ちょっと力の入った撮影に出る前には記録メディアを普段使いのものより容量の大きなものに変えて出ます。
普段使いの4GBのメディアを抜いて、16GBの入れ替えて・・ここまでは良かったのですが、次の日、違うカメラに前日抜いた4GBのメディアを入れて、フォーマット。

妙な胸騒ぎ。
やはり、4GBのメディアに入っていた撮影データをいつもやっているようにハードディスクに移し替えていませんでした。

店先に一杯並んだ毛ガニを撮って、それを、ホームページに載せるつもりだったのですが・・毛ガニが逃げてしまいました。

JE C1 12 004 福岡県糟屋郡新宮町 RX1+So35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

と、言うことで別のメディアに入っていた写真をピンチヒッターに起用。
普通、こういった状況下では木はことごとく切り倒されるのですが、私が足を止めたこの現場では、土留めの板の方を開けて、斜めになった一本の木が残されているのが嬉しくて撮ってみたものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

猫様様

ながく写真を撮り続けてきて、ときどき感じることがあります。
それは、写真が撮れる日と、撮れない日とがあるということです。
何を分かりきったことを・・と思われるでしょうが、ここで言っているのは、お気に入りの写真が何枚も撮れた日と、いくら頑張っても全く手応えが掴めない日とがあるということなのです。

おそらく、その最大の原因は「光」ではないかと思っています。
良い光、効果的な光・・そういった光に助けられているということです。
普段の何気ない景色や情景であっても、その日の光次第で見え方、写り方が変わるのです。

JE C1 11 010 福岡市東区 D600+ULT040 2SL A#
福岡市東区 / Nikon D600 + VOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.

写真が撮れない日・・
そんな日でも、「猫」に助けられて写真が撮れることがあります。
まさに猫様々です。

この日はなかなかシャッターを押すチャンスが訪れてこなくて、仕方なく朝日の中の自分の影などを撮ってお茶を濁しているうちに、職場に近づいてしまいました。
職場までもう少し。でも、大した写真は撮れていない。

そんなときに、アパートの窓のところに居る猫を発見。
この部屋の主に、窓ガラスを開けてくれと泣いていたのですが、一向に窓が開く気配はありませんでした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

外国人から見たときに、「日本人の家は鶏小屋」と言われて話題になったことがありました。
おそらく長屋であったり、アパートのような状態の家を見てそのようなイメージを持たれたのだと思います。

特に都会では、狭い空間にたくさんの人間が押し合いへし合いして暮らしているのですから、養鶏所のニワトリ状態であることは確かですが。

国道三号線。
ときどき立ち止まって眺める景色です。
風光明媚というものではありませんが、光の状態如何では眺めたくなる景色になります。

手前が養鶏所のニワトリ小屋(現在は使われていない様子ですが)、奥に見えるのが人間の暮らす住宅街。
開発されて、そこそこ時間が経過していますが、山地を切り開いて造成された、いわゆる新興住宅街というやつです。

実は、我が家もこの鶏小屋がひしめく新興住宅街のなかにあります。

JE C1 09 006 福岡市東区 D600+ULT40 2SL A#
福岡県糟屋郡新宮町 / Nikon D600 + VOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.

借りもののレンズ「VOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.」のテスト撮影第三弾です。
これまで、猫、野菜と比較的近いところにあるものを撮ってきましたので、今回は遠景です。

それにしても「VOIGTLANDER」のスペルが難しくて、いまだにデータを書くときに難儀しています。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C1 09 005 福岡市東区 D600+ULT40 2SL A#
福岡県糟屋郡新宮町 / Nikon D600 + VOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.

九州では実家が農家という写真家は少なからず居ます。
卒業生のYくんも写真家としての仕事の傍ら、実家の農業も手伝っています。
農家の長男としての役割も肩に重くのしかかっているようで、なかなか大変な様子です。
時折、彼が手がけた野菜などを差し入れしてくれます。

身の回りにあるものを気負いなく写真にしていければと常々思っています。
私が暮らす地域にはまだ、田畑が残っており、職場までの道のりのなかにも田畑は点在しています。

見慣れた田畑の景色であっても、ある日、突然に魅力を発揮することがあります。
収穫直後の野菜畑。
それを黒白写真に仕上げると、これがなかなか絵になるのです。

借り物のVOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.でのテスト撮影。
今日は、収穫後の野菜畑を見つけましたので、それを撮ってみました。

黒白写真では葉の緑は灰色の濃淡に姿を変えます。そんななかに、茎の部分の白さが際立つように撮影時の露出をコントロールしました。
簡単に言ってしまえば、露出補正をマイナス側にするだけです。
あとは、トーンカーブを動かし、覆い焼などで撮影時のイメージに近づけるように細かく調整をすれば出来上がりです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

借りたレンズで.1|猫

JE C1 08 004 福岡市東区 D600+ULT40 2SL A#
福岡市東区 / Nikon D600 + VOIGTLANDER ULTRON 40mm F2 SL ASPH.

ニコンD600を手に入れようと決めたときから、レンズをどうするか悩んできました。
ニコンのおすすめレンズと言われるものがあるのですが、そのどれもが私の趣味に合いません。
もちろん、高性能なボディの能力をいかんなく発揮させるためにも、高性能なレンズが必要なのは分かるのですが、どうも、私には駄目です。

と、云うことはD600は私にとってオーバースペックということになります。
確かに画素数の点ではオーバースペックです。
ならば、もう少し下のランクのカメラでもよいことになるのですが、そうなると、私の写真を撮る道具としていささか頼りない。
D600ボディに画素数そこそこで、余裕のある画素ピッチのフルサイズカメラが良いのですが。

結局、D600に着けるレンズは一時代前のAF Nikkor Dレンズに決めました。
小型、軽量、絞りリング付き・・そこが決め手です。
とりあえず、24mm F2.8と35mm F2の二本を揃えました。

その他に、気になっているレンズがあります。
フォクトレンダーの薄型、軽量のパンケーキレンズです。
現在、20mm、28mm、40mmの三本がラインナップされています。

そんな話しを一緒に撮影していた仲間にすると、「40mm持っているから貸します」と言ってくれました。
早速、使ってみた印象は、マニュアルフォーカスの気持ち良さです。
しっかりとしたファインダーを持つ一眼レフのフォーカス感はライカのようなレンジファインダーやEVFファインダーのそれとは明らかに違います。
久しぶりに光学プリズムの入った一眼レフを使ってみましたが、忘れていた何かを思い出させてくれるものがありました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

さあ、今夜は呑むぞ。

JE C1 07 006 福岡市博多区 RX1+So35 2#
福岡市博多区 / SONY RX1 + Sonnar 35mm F2

病院が大嫌いです。
特に、検査・検診と云うのは逃げ出したいくらい嫌です。
でも、寄る年波には勝てず、病院のお世話になることが多くなり、「検査しましょう・・」と云ことになります。

本日は、一年前に手術した病気に関する術後一年目の検査と癌の検査です。
「悪いことはおこらない」と考えるようにしているのですが、やはり落ち着きません。
取り越し苦労で、「もしも」ということばかり考えてしまいます。

たくさんの検査を終えて、検査結果が出そろうまで時間がかかり、それから医師の診断で、2時半くらいの病院に入って、すべてを終えて病院を出たのが5時半。三時間、大嫌いな病院で、結果を気にしながら過ごす・・まるで地獄です。

無駄なこととは十分承知ですが、検査のために昨夜はお酒も我慢しましたので、帰り道の屋台の灯りが目にしみます。
さあ、帰ったら今夜は呑むぞ。

それにしても、この屋台左右に入り口の張り紙があるのですが、出口がない。
入ったら出られないあり地獄のような・・粋はよいよい、帰りは怖い。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

先ずは神頼み

JE C1 06 005 佐賀市佐嘉神社 RX1+So35 2#
佐賀市 佐嘉神社 / SONY RX1 + Sonnar 35mm F2

年も改まって、写真仲間との始めての撮影ツーリング。
今年も相変わらず「風の吹くまま」の生活(写真)スタイルは変わりませんので、何処に出かけて何を撮ろうといった意思の欠如は相変わらずです。

久しく行っていないので・・という理由で、目的地を佐賀市に決めて出発。
途中、中川君の写真スタジオを表敬訪問し、かって中村くんが写真に撮っていた廃屋に立寄り、ベーカリーの喫茶室で10時のお茶をしたりしながら佐賀に到着。

目標は「佐嘉神社」。
先ずは、「今年も息災で写真が楽しめますように」と神頼みという訳です。
普段なら5円、10円のお賽銭ですが、お願いごともしたことですから奮発して100円。

さて、撮影に出発と神社の横門から出ようとしたところで「お神酒」を振る舞っている巫女さんを発見。
神頼みの念押しの意味もあって、写真を撮らせてもらいました。
神さんに「しつこい」と怒られないように、二枚だけ撮らせてもらいました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C1 04 012 福岡県糟屋郡新宮町 MM+SN35#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M-Monochrome + SUMMICRON-M 35mm F2

町中でも、上の写真のような辺鄙なところでも、あまり人や車が通らないような裏道の方についつい足を踏み入れてしまいます。

散歩の途中で、車が行き交う国道から一本海側に逸れた道を歩いてみました。
一般的な道と云うよりは農道といった感じです。
片側は国道に面したガソリンスタンドや外食店の背中にあたり、反対側はみかん山。そんな間を通る細い道です。

農作業をする人の車が入るのでしょう、轍のあとはありますが、この道で出会うのは犬と散歩をする人くらいです。
道路工事など必要のなさそうな、そんな道に、道路工事の標識。

山陰のうすぐらいところに青地に白抜きの看板が目に止まりました。
「写真になるのかな?」と、少しためらいましたが、「とりあえず・・」と云う気持ちでレンズを向けてみました。

気持ちに引っかかったのは看板に貼られたテープです。
テープは、工事をする人のシルエットの上に何らかのメッセージが貼られていたことを示しています。
それと、電柱との位置関係です。

テープにしても、電柱との位置関係にしても、具体的に説明の付く話しではないのですが、何故か気になったのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

パンダを抱える男

2012年1月3日も寒風の中、「一万歩の散歩」に成功。
これで、正月三ヶ日、連日、一万歩超えを達しました。
問題は明日ですね。
世間には『三日坊主』ということばがありますので、その三日坊主・・いやいや、年末から「一万歩の散歩」をしてきましたので、すでに三日坊主の呪いは打ち破っていました。

本日はバスに乗ってちょっと遠出をしました。
そのバスの中で、突然、学生のTさんから「明けまして おめでとうございます」と挨拶をされました。
偶然、同じバスに乗り合わせた様子。
「これから 撮影です」との嬉しい話。
「私も これから撮影」と言いたいところでしたが、彼女の撮影を激励しただけ。
年が改まっても、愛想の無い教師で申し訳ない。

JE C1 02 007 福岡市中央区 D600+AFN35 2D#
福岡市中央区 / Nikon D600 + AF Nikkor 35mm F2D

バスを下車したのは「中洲」。
この日の目的地は「中央区今泉」でしたが、一万歩散歩の出発地は決まっていませんでした。
目的地まで、行きつ戻りつで一万歩くらいと見当をつけたのが「中洲」という次第です。

中洲〜川端〜櫛田神社〜春吉ときたところで、パンダを抱えた男性に遭遇。
一旦、やり過ごしたのですが、気が変わって後を追いました。
歩くのが速い男性で、こちらはカメラを構えて小走りです。
周りの人たちはきっと不思議な光景だったと思います。
後を追いながら、適当なところでシャッターを数回押していたのですが、結果はどれもいまひとつしっくりきません。

国体道路を越えたところで、4カット目を撮影。
これで、良し。
追跡終了。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

一万歩の散歩

『一年の計・・』なんてことは、どうせ実行出来ないのですからやりません。
少し耄碌してきていますので、今年はこれを頑張るぞ・・なんて考えたところで、二三ヶ月もしたら、そのことさえ、きれいさっぱり忘れてしまっているはずです。

年末から年始にかけて、連日、カメラのシャッターを押しています。
私の場合、シャッターといえばカメラのシャッターのことですから、あえて「カメラの」なんて言わなくても良いようなものですが、耄碌ジジイが正月休みで降ろされたお店の「シャッター」を押して回っていると思う人もいるかと思い・・そんな人居ないか。

運動不足解消。
天候がいまひとつ落ち着かない状況だと、外に出るのが億劫になってきますが、一念発起、カメラを連れて夕刻から散歩に出発。

目標、一万歩。
万歩計も持ちました。
日没まで歩けばなんとか目標達成できるはずです。

JE C1 02 052 福岡県糟屋郡新宮町 RX1+So35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY RX1 + Sonnar 35mm F2

日が傾きはじめて、そろそろ散歩も終盤。
さて、甘いものでも買って帰るかと、菓子舗の近くに来たところで、「よく歩きました・・」というご褒美でしょうか、このような光と雲の景色がお膳立てされていました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

一富士、二鷹、三茄子

「初夢」はいつ見た夢のことかと云うことについての定義はいろいろあるようですが、私としては一月一日、元日の夜に見た夢が初夢と考えるのがいちばん適当と考えています。

大晦日から元旦にかけて見る夢・・というのも頷けるのですが、これだと、頭に残っている昨夜の夢が大晦日のうちに見たものか、新年になってから見た夢かの見極めが難しい。

今の時代、大晦日のうちに眠りにつくような人は少なく、年が改まってから布団にはいるでしょうから、元日の朝に思い出せる夢が初夢といっても良いのかもかも知れませんが。

まあ、難しいことを言わずに、その年、一番最初に見た楽しい夢、縁起の良い夢を初夢とするのがいちばん平和かもしれません。


JJ0123.006 福岡市東区 EKX2 ef28 1.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X2 + EF 28mm F1.8

初夢で縁起の良い内容は古来『一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)』と言われているのですが、果たしていまの時代においてもは、どんなものですかね。

畑のなかに立てられた、鳥除けのオブジェ。
このような場合、一般的にはカラスにまつわるものが多いのですが、珍しく 鷹 でした。
後ろの山が富士山で、畑が茄子畑だと、縁起の良い写真ということになるのですが・・
後ろの山は富士山ではなくて、立花山と三日月山。
ちょうど朝日が顔を出し始めたところです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

巳年の写真

撮り初めと言うのでしょうか、初撮りというのでしょうか、とにかくカメラを連れて外に出ました。
風が冷たい2013年の元日です。
目的地は我が家の近くにある小山の裾にある神社です。

その神社の境内にある楠に新年の挨拶をしに出かけてきました。
途中で何か写真が撮れれば「お年玉」ということでしょうか。

普段は殆ど人と出会うことのない小さな祠ですが、さすがに今日は正月元旦。
途切れることなく人がやってきます。
もちろん、押すな押すなといった状況ではありません。
ポツリポツリとではありますが、人の影が途切れることはありませんでした。

神社の裏手で天に昇る蛇を見つけました。
巳年に蛇・・それも天に昇る蛇。

JE C1 01 044 福岡県糟屋郡新宮町 MM+SN35A#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA Monochrome + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

ただの道路標識ですが・・見方によっては蛇が天に昇っているように見えませんか。
いささか苦しい解釈ですが、嫌がる人も居る蛇の写真を新年早々披露するより、この方が良いのではと思いつきで撮ってみました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ