2013年7月アーカイブ

小さな空が三つ

JE C7 16 046 福岡市 中央区 RX1R So35 2#
福岡市中央区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

写真館のウインドーディスプレイとして、額が飾られていました。
額の中に雲の写真が・・

近づいて、よく見ると、雲の写真が額の中に入れてあったのではありません。
空が写り込んでいたのです。

小さな空が三つ。

ディスプレイのピントを合わせ、空にはピントがこないようにして撮影しました。
その方が、額の中は空の写真ではないということと、
遠くの空・・といった感じが出せるのではと考えました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

雲に助けられた

JE C7 16 044 福岡市 中央区 M9P UWH12 5.6#
福岡市中央区 / LEICA M9P + ULTRA WAIDE-HELIAR 12mm F5.6

写真を撮っていて「雲に助けられた」と思うことがよくあります。
この雲があったから、写真になったというやつです。

そのときに効果的な雲が現れるかどうかは、偶然以外のなにものでもありません。
雲はこちらの思うように現れてくれませんし、動いてもくれません。

この空に、これくらいの大きさの、こんな形の雲を・・と思っても、デザインや絵画の世界では可能でしょうが、写真の世界では無理な相談です。

まさに〝助け〟です。
助けの手が差し延べられるかどうかは、美の女神の気まぐれ次第。

ただ、せっかくの女神の思し召しですから、大事に使わせてもらう心がけは必要かと思います。

ラッパを吹く像を、青空を背景にシルエットにしました。
そこで、雲です。
ラッパの先から煙のように雲が吹き出てきている・・そんなイメージになるように風に流れる雲の動きを見極め、それに合わせて自分の身体を移動させて撮りました。

色彩的にもドラマチックな空に仕上がっていますが、黒白写真の空に青い色を施すといった、処理はしておりません。
ただただ、目の前の世界をカメラに収めただけです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

犬の散歩?

CB C7 26 016 福岡市 東区 M8 ET28A#
福岡市東区 / LEICA M8 + ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

前回は〝ばあちゃん〟から『トイレット』と、話があらぬ方向に飛んでしまったので、本日は〝ばあちゃん〟に登場してもらいます。

朝の散歩。
暑いのに、汗をかくためか、〝ばあちゃん〟かなりの厚着です。
しっかり歩いて、たくさん汗をかく・・これが私の健康法とでも言うのでしょうか。

ばあちゃん、転ばないように乳母車を改造した手押し車を押していました。
荷物が乗せられるように、籠が備え付けられています。

その籠にちゃっかりと乗っかっている犬。
これじゃあ、犬の散歩にならない。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

「ばあちゃん」

PF C7 18 537.010#
Waianae Oahu Hawaii / Mamiya 7 + N43mm F4.5L

バスにおばあちゃんと小学校低学年くらいの孫が乗り込んできました。

「ばあちゃん ここ空いてるよ」と、ばあちゃんにシルバーシートをすすめて、自分は後ろの方の席へ。
そこから「ばあちゃん 僕 ここ」とよく通る可愛い声。
離れた席から「ばあちゃん」を連発。
「おばあちゃん」ではなく「ばあちゃん」。

〝ばあちゃん〟・・・このフレーズ、どこかで聞いたことがある。
そうだ、荻上直子監督の映画『トイレット』だ。
映画の中で もたいまさこ さん扮する〝ばあちゃん〟が耳に残っていたのです。

ばあちゃんと小学生は私と同じところでバスを降りました。
バスを降りたとき、なんだかこころが軽くなっているのに気付きました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

枯れる

JE C7 27 005 福岡市 東区 RX1R So35 2#
福岡市東区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

売れ残ったのでしょうか?
そのまま放置され、水も与えて貰えないまま枯れてしまったようです。

野の花が枯れるのは自然の摂理ですから、致し方ないのですが、こういう枯れ方が一番惨めで、こころが痛みます。

売れ残ったからと、厄介もののように放置せず、自然に花が散り、葉が枯れるまでは大切にしてあげて欲しかった。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

半分終わり

JE C7 26 009 福岡市 東区 RX1R So35 2#
福岡市東区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

7月26日。
私の勤める大学では、この日で前期の授業が終了です。
2013年度は、私が教師として勤める最後の一年。
もう、半分終ったことになります。
残すところあと半年です。

二年生の写真実習では、「自分の写真を部屋に飾ろう」という目標で半年間、銀塩写真をやってきました。
僅か6名の受講生でしたが、全員、作品を仕上げることができました。
映像のコースでは、一年生で写真の実習はありませんので、二年生の彼、彼女たちは、私が実習で写真を教える、最も若い学生・・最後の学生たちということになります。

映像を専攻する学生たちですが、みんな良く頑張って写真をやってくれました。
手に写真を持っていない三人は、この授業をサポートしてくれた上級生たちです。
ここに集う皆に感謝です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

逆さ読み

JE C7 16 016 EKX7 EF40 2.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

我が家の猫、銀次郎くんが、朝から、しかめっ面をして新聞を読んでいました。
猫が新聞を読むなどということはあり得ないと承知ですが、そこは愛嬌で、何を読んでいるのかと覗き込んでみると・・・新聞は逆さま。

でも、表情は真剣です。
〝斜め読み〟ならぬ〝逆さ読み〟です。
この方が分かりやすかったりして。

きっと、馴染みの薄い言語の国の新聞を開いたときには、私なんかも、こんな滑稽なことを仕出かすのかも知れません。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

壁画のある駐車場

山口県下関市LEICA M9P x ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.
山口県下関市 / LEICA M9P + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

アメリカでドライヴィング・シアターを見たことがありますが、ここは日本で、ドライヴィング・ミュージアムとでも言いましょうか・・
壁画を見ることができる駐車場です。

見てお分かりのとおり、もとは銭湯。
銭湯のタイル画をそのまま残してあるのです。
なかなか良いでしょ。

画面の下の方に小さな穴が二つずつ並んでいるのは洗い場の蛇口の痕でしょう。
この状況で、壁画の前に裸の人たちを一列に座らせて撮ると、ちょっと面白い写真になりそうですね。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

店番犬

JE C7 21 045 山口県 下関市 M9P ET24A#
山口県下関市唐戸 / LEICA M9P + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

下関は唐戸の船着き場から9号線を渡ったところにある商店街。
そこの果物屋で店番をする犬・・つまり店番犬です。

暑いし、客も来なくて退屈だし・・
こいつも買い物客じゃなさそうだし・・と、ちらっとこちらを見ただけでお愛想もなし。

このワン君は、以前にも写真に撮らせてもらっています。
だから、写真を撮るだけで、何も買わな奴だと、私のことを覚えているかのような対応でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

関門汽船.2

JE C7 21 114 関門渡船 M9P ET24A#
関門海峡 / LEICA M9P + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

前回の写真の続きということで、彼女の視線の先の関門海峡の写真という設定で選んでみました。
撮影日は同じですが、厳密には前回の女性の後ろ姿は門司港から下関に向かう、往きの船の中で撮ったもので、今回の写真は下関から門司に向かう復りの船の中から撮ったものでものですから、彼女があのとき見ていた海や雲ではありません。

帰りの船では、海峡を行き交う貨物船や、航跡など5〜6カットほどの写真を撮りましたが、結局は海と雲、それに遠景だけといった何気ない写真を選びました。
撮って出しの状態では、もう少し海と空が暗く、色彩的にも濃い写真に撮れていましたが、できるだけ穏やかな写真になるように仕上げました。
その方が後ろ姿の女性は醸し出す雰囲気と合うように思ったのです。

海峡を渡る風は強く、あっという間に、雲のかたちは崩れてしまい、次のカットでは雲は一つにまとまって輪郭がぼやけてしまっていました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

関門汽船.1

JE C7 21 035 関門渡船 M9P ET24A#
関門汽船 / LEICA M9P + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

福岡県の門司港から山口県下関の唐戸までの船旅。
わずか5分ですが、この船旅が好きでよく利用します。

門司〜下関の渡船に限りませんが、船に乗ると、あまり船室には入りません。
デッキで海風に吹かれているのが船旅の醍醐味でもあります。

デッキに立っていると、このような写真も撮れますし。
彼女の薄い上着の裾が風にたなびいているのが気に入って撮りましたが、この女性とは、この後も、何度か出会いました。
帰りの船を待つ待合室でも一緒でしたので、彼女も渡船の旅を楽しむ人のようです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

暑い日の散歩

JE C7 20 024 福岡県糟屋郡新宮町 RX1R So35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

我が家は室内飼いの猫ですから散歩の心配はありません。
しかし、犬は散歩が日課ですから、寒い日、暑い日・・飼い主も大変です。
犬のためならえっこらさです。

夕暮れ時。
昼間の熱気がすこしおさまったころ。
こんなのんびりとした散歩を見かけました。

犬は水遊び。
若い女性と思われる飼い主は川辺で読書・・
なんとも長閑な光景。

しかし、写真を撮っているうちにもう少し細かなディティールが見えてきました。
飼い主は女性ではなく、髭面の男性で、読書ではなく携帯のメールでも見ていたようです。
まあ、今どきですね。

でも、この後、水遊びに飽きたのか、犬が飼い主の方に近づいて行ったときに、犬の方を見た飼い主の優しい仕草が印象的で、すっと暑気が引いた気がしました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

蝶が教えてくれました

CF C7 05 003 福岡県 柳川市 GRD 5.9 2.4#
福岡県柳川市 / RICOH GR Digital + 5.9mm F2.4

蝶が枝にぶら下がっていました。
羽根が破れて、もう飛ぶことは出来ないでしょう。
やがて枝に掴まっている手に力が入らなくなり、枯れ葉が落ちるように、小さく舞いながら地に落ちて蝶はその一生はを閉じるのでしょう。

このようなことを書いたからといって、決して人生を儚んでいる訳ではありません。
漠然とではありますが、私にはもう少し時間が残されていると思っています。

蝶が教えてくれました。
夏の虫たちの一生に比べると、人の一生のなんと長いことかということを。
虫たちからみると、人間は永遠に近い時間をもっているのです。
だから、まだまだです。

残された時間は、楽しいはずだと暢気に構えています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夏の風

JC C7 19 001 福岡市東区 狸 M9sn35#
福岡市東区 / LEICA M9 + Summicron-M 35mm F2

小さいけれど〝縁側〟のようなものがあります。
そこに、のんびりと座れるイスを置きました。
足も投げ出せます。
縁側に続く畳の部屋で寝起きをしているのですが、この部屋にはエアコンがありませんので、大きな窓から風が入ってくるのを楽しもうという趣向です。

とくに午前中は涼しい風を楽しむことができます。
朝、庭の植物に水をやると部屋に入ってくる風が少し涼しくなります。
そんな縁側で本を読むのが、このところの習慣になっています。

そうしているときに、ふと、小学生時代のことを思い出しました。
「勉強は朝の涼しいうちにしましょう・・」と先生が言っていたことを。
冷房なんて家庭になかった時代ですから、暑くなってから勉強なんて出来ません。

先生の言うことをしっかり守っておけば、もう少しましな人生だったかも・・いや、よく遊び、よく遊んだにもかかわらず、これくらいなら上出来でしょう。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

またもやレンズ借用

JE C7 17 035 佐賀県 唐津市 呼子 M9P UWH12 5.6#
佐賀県唐津市呼子 / LEICA M9P + ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6

佐賀の呼子は〝朝市〟と〝イカ〟で有名な港町です。
港のあちらこちらでイカの干してるのを目にします。
でもへそ曲がりですから、そんなものは見て見ない振り。
写真なんてもちろん撮りません。

と、云うことで、呼び子で撮った写真です。

この日のレンズは24mmと35mmの二本体勢。
でも、上の写真は〝ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6〟で撮りました。

同行の山﨑君のご自慢レンズを、またまた借りました。
いつも借りるのは申し訳ないと、自前のレンスを買ったのですが・・

まあ、山﨑君と一緒の撮影のときは、彼が12mmを持って来てくれるだろうから、私は24mmという魂胆なのですがね。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C7 16 001 福岡市 東区 EKX7 EF40 2.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

フィルム時代に写真の基礎を固めた私などは、写真がデジタルに移ってからというもの、戸惑うことはたくさんあります。
その一つに撮影感度の問題があります。

便利なこととして、撮影感度が撮影現場の状況に応じて自由に上げたり下げたり出来るということでがあります。
フィルム時代だと、感度を変えたければフィルムを入れ替えていたものが、設定を変えるだけで十分なのです。
このことくらいは、さほど抵抗はないのですが、問題はISO感度をカメラ任せにするということです。
つまり、その場の光の状態に応じて、カメラが自動で感度を変えてくれるということです。
ISO感度設定AUTOと云うやつです。

こんなことで良いのかと思いながら、ものは試しとISO感度AUTOで撮っています。
後で撮影データを調べてみると、この写真、ISO:6400で撮っていました。

カメラが室内の暗さに反応して、ISO:6400にしていたので、そうまさに〝撮っていました〟ということです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

糞爆弾

JE C7 14 006 福岡市東区 RX1R So35 2#
福岡市東区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

鳥はよく跳びながらうんちができるものですね。
空から糞爆弾です。

幸い私は被弾した経験がありませんが、ハワイの結婚式で花嫁さんの頭の上に糞が落ちてきたのを目撃したことがあります。

これが花婿さんの頭に糞が落ちてきたのなら、〝運の尽き〟という言葉に引っ掛けて〝結婚は人生の墓場〟〝うんの尽き〟なんてことになるのですが、外国ではどうなのでしょうか。

「うんが天から落ちてきた」
Fortunate marriage・・なんてことだと良いのですが。

あのときの二人は今も仕合せに暮らしているでしょうか。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ヒコーキ雲

JE C7 14 020 福岡県 糟屋郡 新宮町 M9P UWH12 5.6AII#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M9P + ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6

銀色に輝く壁の向こうは産業廃棄物処理場。
その横の細い道を歩いていると、重機が何か金属製のものを押しつぶす音が響いてきます。

なんとも無粋な場所ですが、この道は私にとって思い出の場所です。
どのような思い出かは良いとして、時折、この道を歩きにきます。

空を一筋に横切るヒコーキ雲。
なんとも気持ちのよいこと。

暑さも忘れ、眺めていました。

そうだ、写真を撮らなければ。
カメラを構えると、レンズの前をトンボが横切りました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

警察官を撮る

JE C7 13 018 福岡市 中央区 RX1R So35 2#
福岡市中央区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

どんな状況であろうと、警察官に正面切ってレンズを向けることには臆病になります。
こちらの人相はお世辞にも上品とは言えないことくらい自覚していますので、不審者として何か言われそうな気が常にあります。
以前、警察の建物にレンズを向けていて、不審尋問を受けたことがりますので、生身の警察官となると、余計に気を使います。

この撮影のときも、もう少し近づいてみたかったのですが、一歩踏み出す勇気が湧いてこず、このくらいなら大丈夫かなといったところまで近づいて、怖々カメラを構えた次第です。

少し間が空き過ぎているところに、その間を埋めるかのように自転車に乗った人が通りかかりましたたので、こちらに顔を向けた瞬間に撮りました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ゴミの中で

CG C8 24 018 福岡県 大牟田市 GRD 5.9 2.4#
福岡県大牟田市 / RICOH GR Digital + 5.9mm F2.4

古く小さなビル。
取り壊されるのでしょうか、中はすべて空き家の模様。
ちょっと失礼してビルの中に入ってみました。

階段を上って最初の踊り場で彼と出会いました。
置き去られたゴミの中ですが、現役だったころと同じ笑顔で、招かれざる客の私を迎えてくれたのです。

自慢のおでこには打ち身の痕が。
手首から先の捥げた右手が痛々しい。

この先、夢も希望もないだろうに、曇った眼鏡の奥の瞳は楽天的に笑っていました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C6 29 002 福岡市東区 M9P SN35A#
福岡市東区 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

あちらこちらでよく見かける多肉植物です。
植物のことは詳しくありませんので、名前は知りません。

駐車場のようなところの壁に垂れ下がっていました。
植物自体はだらりと垂れ下がっているのですが、先の花(?)のところは、僅かですが上に向いています。

「このままじゃいけない。何とか這い上がらねば・・」とでも言っているような意思を感じました。
でも、おそらくそれは叶わぬ夢なのでしょう。
頭では思っても、身体が言うことを聞いてくれません。

どこかの誰かさんの生き様のようです。
いえいえ、自己反省をしている訳ではありません。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

裏方

JE C6 29 005 福岡県糟屋郡新宮町 M9P SN35A#
福岡県粕谷郡新宮町 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

〝ボール拾い〟と言う言葉・・いまで使われているのですかね。
裏方ですよね。
グラウンドに一番に来て、トンボを引っ張って地ならし、ライン引き。
レギュラー選手が十分に練習が出来る環境を整える。

いつかはレギュラー。
この想いを胸に、来る日も来る日もボール拾い。
バッティング練習など、いつになったらさせて貰えることやら。

そんな地道な努力はいまどき流行らないのかも知れないけれど、これって結構大事な経験のように思えるのは歳の所為でしょうか。

試合の状況を真剣に見つめる三人。
帽子と、それぞれの飲みものが、整然と並べられています。
早くレギュラーになれると良いね。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

悟ったコアラ

JE C6 29 034 福岡県糟屋郡新宮町 M9P SN35A#
福岡県粕谷郡新宮町 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

公園の片隅に置かれた遊具。
桜の頃に一度、この遊具で子どもが遊んでいるのを見たことがありますが、以来、一度も子どもたちが跨がっている姿を見たことがありません。

雑草の具合からしてみると、まったく利用者が居ないことはなさそうです。
でも、それはど多くなないでしょう。

いつも喜んで遊んでくれる顔なじみの子どものくるのを、今日もじっと待っている。
ただ、ひたすら。

そういう気持ちで見ていると、なんだかこのコアラさん、悟りの境地を会得したかのような表情に見えます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

当然の景色

JE C7 08 022 福岡市東区 RX1R So35 2@
福岡市東区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

普段、見慣れた景色で、ことさら写真に撮ろうと思うこともない眺めであっても、ちょっとしたことでこころが動くことがあります。

職場のすぐ近く。
帰り道。
日々目にしている〝当然の景色〟なのですが、今日はこころが動きました。

小さな雲が、そこにあっただけで。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

分からないから撮る

JE C6 29 039 福岡市東区 M9P SN35A#
福岡市東区 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

何をしているのか分からないまま撮りました。
こうして出来た写真を見ても、相変わらず分かりません。
梯子を下りようとしているのは分かるのですが、その梯子を使って何をしていたのかが分かりません。

私が見る世界(いささか大げさですが)、撮った写真ははどうでも良いものが多いので分からなくても構わないと云えば構わないのですが。

でも、立ち止まってレンズを向けたことに対しては、私なりの理由はあります。
理由も分からないまま撮っていることが多いので・・「あるはず」と言った方が正しいかもしれません。

その理由の一つに「分からないから撮る」というのがあります。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

草抜き

JE C6 29 027 福岡県糟屋郡新宮町 M9P SN35A#
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

我が家の庭。
小さな庭ですが、夏になるとより一層狭くなります。
植物の勢力範囲が拡大し、空間が圧縮されてしまうのです。

それはそれで一向に構わないのですが、いささか見苦しくなってくると、生け垣の刈り込みや草抜きのために重い腰を上げることになります。

蚊に刺されないように、暑い中でも長袖、長ズボンです。
ちょっと横着して半袖、半ズボンなんてことをすると、後で痒み地獄に陥いってしまいます。

敵もさるもので、こちらが完全防御したつもりでも、ちょっとした隙間を狙って果敢に突進してきます。
ズボンの裾、シャツの袖口などが狙われます。

それと、私の場合・・頭も。
帽子は日除効果けだけではなく、蚊避けのためにも必需品です。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

また、これ・・

JE C7 04 001 福岡市東区 EKX7 EF40 2.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

「またか・・」という声が聞こえてきそうです。
凝りもせず撮ってます。
撮るのは自分の勝手なので良いのですが、それを見せられている皆さんは、きっと「またか・・」と思っているだろうなと考える今日この頃。

もちろん、気に入ったものが撮れたときだけ見て頂くように心がけてはいるのですが・・・

この方法論で撮影を始めたときは、とにかくこの場所を通る度にシャッターを押していましたが、今は、絵になりそうなときだけ撮るようになりました。
それでも、お気に入りの写真になる確立は低いですね。

今日の写真は、ちょっと渋めに調子に仕上がってくれました。
まるで晩秋の小樽の運河のようです。

小樽に行ったことはないのですが。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

親近感

JE C4 19 003 福岡市博多区 RX1#
福岡市博多区中洲 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

写真に撮るということは、何かしら通い合うものがあるということです。
目の前のものと、私のこころの中にあるものとが響き合うのです。

この人形。
おつむの具合が・・ということでしょうかね。
ただそれだけではありません。
おでこの絆創膏で思い出したことがあるのです。

暗室で引伸し作業をしているときに、引伸機の突起部分に頭をぶつけたことがあります。
髪の毛でもあればいくぶんかは衝撃も和らいだのでしょうが、なにぶんにもこの頭ですから。

「暗室作業用にヘルメットが要るな」などと考えてしまいました。
実現はしませんでしたが。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

隠れていた壁

JE C6 29 069 福岡市博多区 EKX7 EF40 2.8#
福岡市博多区中洲 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

道路に面したいた建物が取り壊されたら、あっとびっくり。
ごらんのような有り様。
見えないところだと、こんなものなのですかね。

この建物自体も老朽化が進んでいるようです。
いささか不謹慎な話になりますが、延命処置で身体が何本もの管でがんじがらめになっている病人を連想してしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

通学途中にすいか

JE C7 02 016 福岡市東区 EKX7 EF 40 2.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

通学途中・・・私の場合、学校が職場ですから正しくは〝通勤途中〟ということになるのですが、仕事をするために職場日向かっているというのに、こんなにのんびりとした写真を撮っていてよいものかとついつい考えてしまいます。

大学を卒業して社会に出ることもなく、そのまま大学に残った人間ですから、いつまでたっても学生気分は抜けません。

そんなこんなで、通勤という感覚は未だになく〝通学途中〟となる次第です。

通学途中にある果物屋さんの店先です。
開店前でシャッターが降りていますが、その前になんとも可愛い〝すいか〟の看板。
看板屋さんが書いたとは思えない、楽しい看板。
家族的な温もりを感じさせる看板です。

「スイカ」と書かずに、「すいか」と書かれているのが良い。
下の方に添えられたすいかの絵が良い。
いつも貼られている張り紙が看板の周りに無かったのも幸いでした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

眺め

JE C7 01 016 福岡市東区 EKX7 EF40 2.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8

いつもの都市高速道路からの眺めです。
黄昏時の色合いはなんとも魅力的で、こころ和むものがあります。

色のもつ表現力を疎かにすることはできません。
色彩を抜いた黒白写真の魅力もまた捨て難いものがあります。
故に、こころのなかはいつもこの二つの魅力的な世界の間を行きつ戻りつします。

その傾向はデジタル写真を手がけるようになって、より顕著にあらわれてきました。
「黒白でもカラーでもご自由に」と言われると優柔不断な私等はどうも落ち着きません。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ