2013年8月アーカイブ

CB C9 06 015 Waikiki Beach M8et24a#
Waikiki Beach Oahu Hawai'i / LEICA M8 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

早朝のワイキキビーチ。
ハウィア観光のメッカ、ワイキキビーチもさすがにまだ静かなものです。
沖に浮かぶ雲に朝日が当たりはじめ、これから遠くの海面が明るくなります。

まだ、ビーチは夜の名残を漂わせています。
観光客達が遊び疲れて眠っている時間ですが、現地の人たちが波を楽しむためにビーチに姿を見せ始めます。

こんな小さな子どもたちでも、波を見定めているその背中からは凛としたものが漂ってきます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ハワイの鯉のぼり

CF0806.082 Waianae Oahu Hawaii M8et21#
Waianae Oahu Hawai'i / LEICA M8 + ELMARIT-M 21mm F2.8

ハワイ、オアフ島の西、ワイアナエの海岸で鯉のぼりを見かけました。
バーベキューの陣取りの旗印に使われているようです。
ハワイの風に吹かれながら鯉も苦笑いしているよう。

鯉のぼりは風に吹かれて瞬間瞬間に形を変えるものです。
少しでもイメージに近い形になったと思われるときにシャッターを押しますが、ファインダーの中で「今だ!」と思って撮影したのでは遅いことが多く、ある程度の予測でシャッターを押します。

それに、空を大きな雲が流れていて、日照ったり陰ったり。

全部で7カット撮りました。
ちょうど、日が陰ったところで、いささか寒々とした景色になってしまいましたが、鯉のかたちとしてはまずます。
効果的なのかどうかは分かりませんが、白い雲が背後に来ることも意識しました。

この鯉のぼりの場合、21mmレンズで5カット撮って、その後、ご丁寧に28mmレンズで2カット撮っています。

イメージどおりの写真がとれたならそこで撮影を終えても良いのですが、もっと良いものが撮れるのではないかと未練がましく撮影を続けてしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Morning of Waikiki Beach / LEICA M8 × ELMARIT-M 21mm F2.8
Waikiki Oahu Hawai'i / LEICA M8 + ELMARIT-M 21mm F2.8

朝のワイキキは沖の方から朝日が当たり出します。
とは言っても、沖の方から日が昇るのではありません。

海に向かって立つと、大まかに言って朝日は背中の方から射してきます。
しかし、ビーチ沿いには高層のホテルが立ち並んでいるので、それらが朝日を遮るかたちになるのです。

ようやくビルを越えて朝日が差し込むようになったとしても、その光は砂浜には届かず、沖を照らすのです。

手前が日陰で暗く、沖が明るい。
この、朝のワイキキの光が好きなのです。

この写真は、光と影の境目にちょうど女性のサーファーが来たところを狙って撮りました。
彼女の目を行く人も、後ろの男性陣も影の中。
彼女だけに光があたるという幸運な朝でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Waianae Oahu Hawai'i M8 SX35AS#
Waianae Oahu Hawai'i / LEICA M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL


海と雲を眺めながら、気が向いたところで降車の合図の紐を引く。
きっかけは何でも構わない。
例えば良い雲が青空に浮かんでたとか、星条旗が気になったとか。

ハワイ、オアフ島の西海岸。
ビーチに設けられたテント小屋に旗が立っているのをよく見かけます。
星条旗やハワイ州の旗・・鯉のぼりなども、たまに見かけます。

色褪せ、破れた星条旗を見つけて降車の合図の紐を引いたのですが、次のバス停まではちょっと距離がありました。
こんなときに腐ってはいけない。えっちらおっちら歩いて戻ります。

歩いて戻る間に、幸運な出会いがあるかも知れないのです。
歩くことで見えてくる何かが。
むしろ、それを期待しているのかも知れません。
星条旗は歩く切っ掛けでも良いのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ハワイで〝日本語〟

ハワイ オアフ島 PE C9 02.504-12 GW690III
Oahu Hawai'i / Fuji GW 690III + Fujinon 90mm F5.6

「ハワイは日本語が通じるのでしょ・・」と聞かれることがありますが、確かに通じます。
しかし、それは日本人観光客が血眼になって買い物をする辺りのことで、普通はそれほど通じません。
やはり英語です。

英語が出来ないからと悲観しなくても大丈夫。
下手くそな英語でも、しっかりと聞こうとしてくれるので、私程度の英語能力でも、意思の疎通は図れます。

何かに誘われた訳ではないのですが、ふらりとバスお降りて辺りを散策しているときに〝日本語〟に出会いました。

彼女達と出会ったのがオアフ島の北、それも幹線道路からはずれたところ。
このあたりまで来ると日本語は通じません。

車のトランクの上に座って読んでいたのは〝これからの日本語〟。
写真を撮らせてもらったお礼に、ネイティブの日本語でお話ししてきました。
彼女達が大きくなったら、この辺りでも日本語が通じるかも知れませんね。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Nanakuliで一緒に下車

CZ C9 333 L3514 Nanakuli16
〝The BUS〟 Oahu Hawai'i / LEICA M6 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイ、オアフ島を走る路線バスの中で知り合った青年。
ウクレレを持っていたので、「唄ってよ」と言うと、「リクエストはあるの?」と聞かれたので、〝IZ〟(Israel Kamakawiwi'ole)の曲を言うと「うん、彼は最高」と言って、唄ってくれました。

バスの中ということもあるのでしょうが、抑制の効いた良い声でした。
これが、また上手い。
周りの人たちは誰も迷惑そうな顔をしません。

他の人のリクエストもあり、バスの後方シートはさながら演奏会場。
車窓の海を見ながら聞くハワイの曲。
最高でした。

Nanakuriで彼が降りるというので、一緒に降りました。
そうか、ここは〝IZ〟の生まれた町だった。

http://www.youtube.com/watch?v=V1bFr2SWP1I
https://www.facebook.com/israelkamakawiwoole


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CZ C9 228 The BUS Oahu Hawai'I M6 ET24A#
〝The BUS〟 Oahu Hawai'i / LEICA M6 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

乗用車よりもバスが良い。
バスは目の位置が高くなるから景色が変わるのです。

ハワイのオアフ島を西に向かう時はバスの左側の座席がお薦め。
ホノルルから西に向かい、西側の海岸線に辿り着いた後は、終点のマカハビーチまでは延々と海岸線を走ります。
つまり、海を眺めながら旅ができるのです。

帽子にサングラスのご婦人が座っているところが、いつも私が座るところ。
私が座るところといっても指定席ではないので、いつも空いているとは限りませんが。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ワイキキビーチの少女

Mornig of Waikiki Beach / LEICA M8 + ELMARIT-M 21mm F2.8
Waikiki Beach Oahu Hawai'i / LEICA M8 × ELMARIT-M 21mm F2.8

ハワイのワイキキは朝が一番。
昼間は観光客で、芋の子を洗うような状況ですが、朝はごらんのようにのんびりです。

少し早起きをしてビーチを歩いてみると、なにかしら写真が撮れます。
朝日がビル越しの差し込む時間帯のビーチは明と暗のコントラストが出来、なかなかいい雰囲気です。

影と朝日の境目の、ちょうど良いところに少女が・・
とくにお願いして、そこに立ってもらったのではなくて、この状況は偶然の出会いです。

ひとつひとつの出会いをカメラでメモする。
それは誰もが目を見張るような写真にはなりませんが、日々の生活の中の楽しみです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB0906.323 ハワイ オアフ島 マカハビーチ M8.2sx35a#
Makaha Beach Oahu Hawai'i / LEICA M8.2 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイで一番好きなビーチは?   と、聞かれたら、答えはマカハビーチです。
マカハビーチはオアフ島の西の端。
路線バスで延々と二時間くらい走ってようやく到着。

しかし、その二時間を退屈と思ったことはありません。
バスは海岸線を走るので、左側の窓際の席を確保するとハワイの海が堪能できるのです。

この日は、途中、何カ所かで途中下車をしましたので、マカハビーチに着いたのは16時頃。
帰りの時間を気にしながら、人の居ない海で遊ぶ父子に声をかけて撮らせてもらいました。

実は、この親子と、私はほぼ同じ頃にビーチに着きました。
子どもが浮き輪を抱えて、犬のように海に向かって走り出すところから撮影は始めていて、これが最後のカットです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB C9 02 141 Kailua Beach Oahu Hawai'i M8.2 ET24A#
Chinatoun Honolulu Oahu Hawai'i / LEICA M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイ、オアフ島のカイルアビーチ。
この奇麗なビーチで、プロレスラーのような男性とキュートな女性のカップルに出会いました。
これは写真を撮るしかないと、いきなりアプローチ。

撮ると即断してなんの迷いもなかったので、勇気を振り絞ってとか、躊躇したとかそのようなことはまったくありませんでした。

「写真撮らせて・・」とお願いすると、向こうも即断。
男性から低い声で「ノー」の一言。

おそらく彼はカイルアビーチの近くの〝カネオヘ〟の海兵隊員。
日本男児、アメリカに二度負ける訳にはいきません。

交渉相手を彼女の方に切り替えてみたら、素直に了承してくれ、彼を説得してくれたのです。

二枚撮影したうちの最初に撮った方の写真です。
こうしてみると、男性も案外と優しい笑顔で写ってくれています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB C9 06 357 Chinatown Honolulu Hawaii M8 SX35 1.4ASPHERICAL#
Chinatoun Honolulu Oahu Hawai'i / LEICA M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイ、ホノルルのチャイナタウンでみかけた中年カップル。
女性はお酒を呑んでいるのか、妙に明るい。
カップルの場合、女性が乗り気に鳴ってくれたときの撮影は上手く行きます。
ファインダー越しに見る彼等はなかなか良い雰囲気。

この日撮った写真は375枚。
しかし、この二人に対して切ったシャッターは一度。

特に相手が人間の場合は、私と被写体との間の空気みたいなものに、敏感でなければなりません。
これ以上撮り続けても、被写体になってくれた人の気持ちが、逸れていくだろうと感じたら潔く切り上げるべきです。

欲張らないことです。
欲張ると、幸せの味が薄い水割りのようになってしまいます。
お互いに後味の良い関係のまま別れたいものです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C8 20 002 福岡県糟屋郡新宮町 RX1R So35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

暑い季節は怪談シーズン。
怖いものを見て、背中に涼しいものを感じようということでしょう。

怖いもの見たさ。
散歩の途中で、こんな背筋も凍るような怖いものを見てしまいました。
見ては行けない。
でも見てしまった。

それだけではなく、写真まで撮ってしまいました。

このおじさんの横を通ったとき、おじさんはパンツの中に手を入れて、お尻の割れ目のあたりをぽりぽりやっていました。
強面のおじさんの横を、一旦、通り過ぎたのですが、やはり、この怖さを皆さんに伝えなければと、引き返して声をかけました。
撮影は二枚。
これは二枚目の写真です。

一枚目はちょっと腰が引けていたので、もう一歩近づいて二枚目を撮りました。
いえいえ、このおじさんが二枚目ということではありませんよ。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

鰻温泉の西郷さん

JZ C8 09 097 鹿児島県指宿市山川町 M9 So50 1.5#
鹿児島県指宿市山川町 / LEICA M9 + C.Sonnar 50mm F1.5ZM

鹿児島の温泉地を回っていると、西郷さんが湯治に来たといった内容の案内をよく見かけます。
郷土の英雄が愛した湯として、地域の誇りなのでしょう。
西郷さんはすごい人なのです。

西郷さんは坂本龍馬、高杉晋作、それに勝海舟や近藤勇さんたちと違って、確かな写真が残っていません。
ないので、上野の高台におられる凛々しいお姿が私たちの西郷さんのイメージとして定着しています。

こちらは〝鰻温泉〟でお会いした西郷さん。
上野の西郷さんとはちょっと違った風貌です。
なんというか、庶民派とでも云いましょうか。

微笑ましい西郷さんで、私はひと目で好きになりました。
それに、一緒に居る犬がまた良い味をだしてくれています。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

何気ない海

JZ C8 09 108 鹿児島市喜入生見町 M9P SN28A#
鹿児島市喜入生見町 / LEICA M9P+ SUMMICRON-M 28mm F2

何においてもそうですが、今を盛りという状態よりも、盛りを過ぎた状態が好きです。
盛りを過ぎたものの醸し出す〝何か〟に惹かれるのです。
海もそうです。

真昼の輝く光の下の美しいであったり、荒れ狂う天候のなかで荒々しい姿を見せる海よりも、黄昏どきの長閑な海が好きです。
それも、奇麗な夕日を伴った特別の日の海ではなく、ごく日常的の何気ない海。

写真は鹿児島の生見海水浴場の海。
海水浴客の姿もなく、静まり返った海を前にして、微かな波の音を楽しみました。
撮った写真は二枚。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

浮き輪の記憶

鹿児島市喜入生見町 JZ C8 09 115 M9P+SN28A
鹿児島市喜入生見町 / LEICA M9P+ SUMMICRON-M 28mm F2

浮き輪にまつわる記憶が一つだけある。

父親と一緒に琵琶湖に出かけときに浮き輪に掴まってチャパチャパやっていたいた記憶。
60年くらい前のことになるだろうか。

記憶のなかの浮き輪は黒いタイヤのチューブ。
こんなにカラフルな浮き輪はなかったと思う。
まだ、そんな時代だった。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JE C8 16 008 福岡県朝倉郡筑前町 M9P ET21A#
福岡県朝倉郡筑前町 / LEICA M9P + ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.

赤いスイミングキャップが印象的でした。

私が小学生の頃は白いスイミングキャップでした。
そのスイミングキャップに、泳げる距離に応じて赤い線、黒い線が縫い込まれていき、黒い線が何本も入るように、夏休みにプールに通って練習をしたものです。

お父さんと川遊びに向かう姉弟。
肌に突き刺さるような日差しも、子どもたちにとっては心地良いかのように元気な足取り。
父親は、せっかくの休日に引っ張り出されたのか、うつむき加減で、いささか重い足取り。

そんな三人を待ち受けて、一旦やり過ごしたところで、振り返って撮影。
広角レンズですから、距離は目測で十分。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

嘉例川駅のベンチ

JZ C8 09 069 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川 M9 So50 1.5#
鹿児島県霧島市隼人町 / LEICA M9 + C.Sonnar 50mm F1.5 ZM

JR肥薩線〝嘉例川駅〟の待合室に置かれた木製のベンチ。
駅舎は1903年1月の開業当時のままで、大隅横川駅の駅舎とともに、鹿児島県内最古の駅舎だそうです。

駅舎同様、この木製のベンチが開業当時のものかどうかは定かではありませんが、年代物であることは間違いありません。

現在は無人駅で、一日の利用者は50人そこそこですが、この駅の長い歴史のなかで、この椅子に何人の人たちが座って来たのかと考えると、木の椅子に刻まれた傷の一つ一つにも、こころ動かされます。

椅子をよく見ると、座る面が緩やかな曲面に仕上げられています。
昔の職人の細やかなこころ配りと技がこんなところにも潜んでいました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

嘉例川

JZ C8 09 055 鹿児島県霧島市隼人町嘉例川 M9 So50 1.5#
鹿児島県霧島市隼人町 / LEICA M9 + C.Sonnar 50mm F1.5

JR肥薩線〝嘉例川駅〟
開業が明治36年1月15日と駅舎に表示されていました。
駅舎は当時のままだそうですが、現在は無人駅。

駅舎の中に古い〝駅名標〟が残されていました。
所在地は〝鹿児島県姶良郡〟となっていますが、町村合併で今は霧島市隼人町。
一枚の看板にも時の流れを感じます。

右、中福良。左、霧島西口。
これらの駅は今でもあるのだろうか?
鉄道にはあまり詳しくないので、調べてみました。

中福良駅はいまもありました。
霧島西口は・・見当たりません。

嘉例川の左の駅は〝霧島温泉駅〟となっています。
利用者が少ない〝霧島西口駅〟は無くなってしまったのか・・
気になったので、もう少し調べてみると、〝霧島西口駅〟が〝霧島温泉駅〟に駅名を改称したことが分かりました。
旧知の友がいまも元気で居てくれたような気持ちになって、ほっとしました。

古いものがどんどん消えて行く鉄道の世界。
いつまでも元気で居て欲しいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

安楽

JZ C8 09 038 鹿児島県霧島市牧園町 M9P SN28A#
鹿児島県霧島市牧園町 / LEICA M9P+ SUMMICRON-M 28mm F2

〝安楽〟・・「あんらく」と読むようです。
妙に気に入って、右から、左から、近づいたり、離れたり、はたまた、反対側の車線のバス停を撮ったりと、結構な枚数、撮影しました。

何が気に入ったのか・・
バス停の佇まい、それに、やはり名前です。

悩みや苦労なく暮らせる、まさに楽園。
〝安楽〟は、そんな場所なのだろうか。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

命の洗濯

JZ C8 09 022 鹿児島県霧島市隼人町妙見温泉 M9P SN28A#
鹿児島県霧島市隼人町 / LEICA M9P+ SUMMICRON-M 28mm F2

〝命の洗濯〟ということばがある。
温泉の湯船に身を沈め、目の前の景色をながめているときに〝命の洗濯〟ということばが頭に浮かんだ。

長年使い続けて、すり減り、ぼろ雑巾のようになった我が命。
いまさら洗濯をしたところで、どうということもないだろうが、汚れの一つ二つが消えたような気分。

鹿児島の陶芸家、村岡良寛くんは大学時代の同級生。
彼の案内で鹿児島を撮影して回っているときに、ふらっと妙見温泉〝石原荘〟に立ち寄った。

ここはなかなか予約の取れない有名な宿のようだが、彼が話をすると、ごらんのとおり、温泉に入れました。(画面下の黒い部分が湯船)

家族風呂を良いことに、素っ裸で湯船の縁に立ち、ああだこうだと写真を撮ってみる。

人生のなかで染み付いた〝写真〟という染みは、ちょっとやそっとの洗濯では落ちそうにはないな。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

温泉の看板

JZ C8 09 012 鹿児島県霧島市隼人町妙見温泉 M9P SN28A#
鹿児島県霧島市隼人町 / LEICA M9P+ SUMMICRON-M 28mm F2

妙に艶かしい看板。
場所は鹿児島の妙見温泉。

描き手の個性がでている、このような看板は見ていて実に楽しい。
前向きに描かれている女性は腰にタオルを巻いているところは奥ゆかしいというか、何というか・・・
タオルの緑色が、妙に目にしみる。

どうやら混浴ではなさそうなので、念のために男湯バージョンを探してみたけれど見当たらなかった。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

お役御免の標識

JZ C8 09 010 鹿児島県霧島市隼人町 M9 So50 1.5#
鹿児島県霧島市隼人町 / LEICA M9 + C.Sonnar 50mm F1.5 ZM

遠い思い出の世界に誘ってくれる、そんな標識と出会いました。
雨に濡れたこの道を歩いて行けば、幼い頃の懐かしい景色に出会えそうです。

標識の黄色いペイントは剥げ落ち、〝スクールゾーン〟と書かれた補助標識は白いペンキで塗りつぶされています。

この道の先にあった小学校は廃校になってしまい、この標識も用無し。
お役御免なのだろうか・・と、この標識を見ながら思いを巡らせていました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

幸せな景色

JZ C8 09 107 鹿児島県指宿市  M9P SN28A#
鹿児島県指宿市 / LEICA M9P + SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

バス停の隣にお墓
バス停の名前は〝十町郵便局前〟
〝お墓横〟だと良かったのに

死者の世界と生者の暮らしの場とが隣り合わせ
なんとも幸せな景色
あの世の人も、この世の人も利用するバス停

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

猫に羽根

JE C7 16 006 福岡市東区 EKX7 EF40 2.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 40mm F2.8


自由に空を飛べる鳥の羽根を目て 猫も羽根が欲しいと思いました
でも 鳥になりたいと思った訳ではありません

猫には猫の暮らし方があり それはそれで楽しいからです

猫は考えました
自分の背中に 鳥のような羽根が生えていたとしても
誰も お似合いですね とは言ってくれないだろうし
羽根が生えていると 猫でなくなってしまうと

だから このままで良いのかなと

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

落としもの

JE C7 20 002 福岡県糟屋郡新宮町 RX1R So35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY RX1R + SONNAR 35mm F2

困っているでしょうね
チョウチョ
大事な羽根を落としてしまったのですから

それとも、飛ぶのに疲れて
羽根を捨ててしまったのでしょうか


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

秋風

CB C6 30 037 福岡市博多区 M8 ET28A#
福岡市東区 / LEICA M8 + LEMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

秋雨前線の影響で少し過ごし易くなりました。
今朝は肌寒さを感じて目覚めました。
秋風は吹き始めたようです。
大好きな夏もそろそろ終わるのでしょう。

歳の影響か、一つ一つの季節が愛おしく感じるようになっています。
2013年の夏はどんな夏だったのだろうか・・
撮った写真が、この夏の記憶をいつでも呼び覚ましてくるはずです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

晴耕雨読

CB C6 28 016 福岡市東区 M8 UCHX35 2#
福岡市東区 / LEICA M8 + UC-HEXANON 35mm F2

雨に濡れるのは嫌です。
だから雨の日は外に出たくはありません。
しかし、浮き世のしがらみで雨に濡れることを覚悟して出かけなければならないのが現実です。

雨の日は家に居てのんびりと好きなことが出来る暮らし。
〝晴耕雨読〟の生活に憧れてきました。

あと半年すると、そういう生活が手に入ります。
ちょっと楽しみにしています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

女性の手が

CG C9 23 20 福岡県田川市 GRD 5.9 2.4 020#
福岡県田川市 / RICOH GR Digital + 5.9mm F2.4

長くフィルムで写真を撮ってきました。
当然、たくさんの数のネガフィルムが手元に残っています。
それらを引っ張り出して、昔の写真を見てみようと思っても、これがなかなか大変。

その点、デジタル写真は昔の写真を見るのもそれほど手間は要りません。
フィルムや印画紙、それに暗室から離れてデジタル写真に変わってから、まだ10年にも達していませんので、ネガフィルムの量に比べると微々たる数ですが、時折、デジタルカメラで撮った過去の写真を眺めて楽しんでいます。

この写真は2006年の9月に撮ったものです。
「雨」に関する写真を探していて出てきたのです。
私が初めて買ったデジタルカメラ、リコーのGRデジタルで撮ったものです。

撮影してそれほど月日が経過してないときには、横位置で、もう少しアップの写真を選んでいましたが、今日、改めて見ていると、全身を入れた、この写真の方が良いように思えました。

それと、もう一つ重要なことは、撮影当時はこの看板そのものに惹かれて撮ったのですが、いま、改めて一枚の写真として見ていると、男性の腰の当たりに添えられた女性の手が妙に気にかかりました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

違って見えた街

JE C8 03 006 福岡市中央区 M9P SE18 3.8A#
福岡市中央区天神 / LEICA M9P + SUPER ELMAR-M 18mm F3.4

いつもは、この街を歩くのは、だいたい午後です。
ところが、この日は午前10時半を少し回った時間でした。
その所為か、街の様子がなんだかいつもと違います。

横断歩を渡りながら、広角レンズで街を覗いてみると、まず道路が目に飛び込んできました。
いつもだと車が溢れ、こんなに路面が見えていません。
そして気付いたことは、路面がカラフルだということです。

直進車線の赤。
右折、左折写真の青。
その色のかすれ具合がなかなか刺激的でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CG C8 02 010 大阪市生野区 R5924#
大阪市生野区 / RICOH GR Digital + 5.9mm F2.4

ペットショップの店先に置かれたルリコンゴウインコ。
剥製ではありません。
生きています。

でも、なんか変。

よく見ると・・・
暑いのに鳥肌がたってます。

連日の猛暑。
鳥も暑いのでしょう。
自慢の黄色いシャツを脱ぎ捨てています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

盆おどり。

CP C7 31 015 福岡市東区 M8 ER24A#
福岡市東区 / LEICA M8 + ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

何かが違うのです。
盆踊りが。

現在、私が暮らすところは、いわゆる新興住宅地として開発された場所。
当然、住民同士の繋がりも薄い。
そこで、地域興しと、住民同士の絆の構築をうたい文句に盆踊り。
生きた人間のための盆踊り。
地獄の釜の蓋が開くのを待つこともなく行われる盆踊り。

私もいい歳になりました。
私の友人、仲間、親族のなかにも鬼籍に入る人が一人、また一人と増え始めました。
先だった人たちへ憶いを馳せる〝お盆〟。

私は、盆踊りの音頭を白けた気分で聞きながら、盆踊り会場の小学校の横の道を歩いていました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ