2014年1月アーカイブ

根幹に写真が

JA C1 31 024 福岡市中央区 α7R VaT24-70 4ZA#
福岡市中央区 大濠公園 / Sony α7R + Vario-Tessar T※ FE 24-70mm F4 ZA OSS

調べることがあり福岡市美術館へ出かけました。
電話で問い合わせることもできますが、気分転換も兼ねて出かけてみることにしました。
出歩けば何らかの写真も撮れますし。

夕方の公園はランニングをする人たちで結構賑わっていました。
歩くことはさほど苦にもならないので、今でもよく歩く方ですが、走るとなるといささか様子が違ってきます。
常にカメラや諸々のものが入ったバックを持ち歩いているものですから、走るのは文字通り荷が重いので、今ではとんと走っていません。

運動のためにランニング・・とも考えなくはないのですが、走るとなるとカメラを置いて出なければなりません。
それがどうもいけないのです。

私の暮らしの根幹に写真がどっかりと根を張っています。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

一人

JA C1 30 002 福岡市東区 α7R VaT24-70 4ZA#
福岡市東区 / Sony α7R + Vario-Tessar T※ FE 24-70mm F4 ZA OSS

どんな場所でも被写体を探してしまう癖があります。
食事の場所でも、何処に座るかは見つけて被写体次第です。

食べものを前にしてながながと携帯電話の液晶画面と睨めっこをしている女性。
誰かを誘っているのでしょうか?
折角の温かな食べ物が冷めてしまいそう。

一人は気楽。
一人だと寂しい。
まあどちらでも良いのですが、冷たくなった食べ物を一人で食べることほど寂しいものはないように思うのですがね。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C1 29 008 福岡市東区 α7R VaT24-70 4ZA#
福岡市東区 / Sony α7R + Vario-Tessar T※ FE 24-70mm F4 ZA OSS

朝日が昇りはじめました。
影が長く延びて清々しい朝を思わせるのですが、遠くの山はぼんやりとしか見えません。
福岡は大陸と近い地理関係からか、黄砂やPM2.5など分かるもの、分からないものが多く飛来するようです。

〝調髪 1000円〟の安い床屋さんです。
私の頭等は1000円でも、それに見合う量の刈り込みは必要ないと思うので、こういった床屋さんで十分なのですが、通い慣れて普通の値段をとる床屋に通っています。
しかも往復1000円以上の交通費を支払って。

こういった低価格の床屋さんの場合、時間勝負ですから仕事も速い。
椅子に座って居眠りする暇もありません。

そうなんです。
私の場合、調髪代金というよりかは〝居眠り代金〟と言った方が良いかもしれません。
髪の毛はそれほど時間が掛からないぶん、顔剃りとかをゆっくりと時間をかけてくれているようです。
その間が、極楽の眠り時間なのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB C3 04 075 大阪市生野区 M8.2 sx35a#
福岡市東区 / LEICA M8.2 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

私のゼミの四年生のYくんはテニス部に所属しています。
右手にラケット、左手にカメラの二刀流です。
本当なら右手にカメラ、左手にラケットと願いたいところですが、テニスが大好きなので、まあ、良いかと納得させています。

なんといっても若い運動選手ですから、よく食います。
そんな彼と昼飯を一緒にしました。

大学の近くは若者相手の食堂が多く、カロリーも高ければ量も多い店がたくさんあります。
そのなかでも〝ハロー〟は別格。
運動部の学生や、身体を資本に仕事をしているような人たちでいつも賑わっています。

そんなお店で、Yくんと同じものを頼んでみました。
二十歳過ぎの若者と、60半ばの爺さんが・・〝びっくりカレー〟を注文。
大きなチキンカツ、その下に隠れるようにハンバーグが乗った大盛りカレーです。

まあ、難なく食べ終えて、「俺の胃袋もまだまだ使える・・若いもんには負けへんで」と思ったとたん・・負けました。

彼は、一緒に行った女子学生の残したカレーも見事に平らげてくれました。

※写真は〝ハロー〟のウインドーではありません。
薄らと砂埃がつもったショーウインドーがいい味を出していました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

今日の方が良い

JA C1 27 003 福岡市東区 α7R VaT24-70 4ZA#
福岡市東区 / Sony α7R + Vario-Tessar T※ FE 24-70mm F4 ZA OSS

数日前にもこの影を写真に撮り、皆さんに見て頂きました。
そして今日もまた撮りました。
レンズの試写です。

前回撮った写真は嫌いではありませんが、どこか納得のいかないものがありました。
写真の調子と家の形が気に入らなかったのです。

写真の調子は撮影段階でのカメラの設定や、撮影後の処理で好みの調子に仕上げることは不可能ではありませんが、家の影の形を変える訳にはいかないので仕方ないものと諦めていました。

しかし、今日撮った写真を見て・・こっち方が良いぞと直感しました。
家の形が違っているのです。前回と同じ家なのに影の形が違うのです。
撮影時間は今日の方が10分くらい遅く、その分、影がほんの少し縮んでいます。
そのお陰で屋根の上の煙突のようなものが見えています。

それだけではなく、以前撮った影の形で気になっていた向かって右側の愛想の無い直線部分にも建て増ししたかのように影が増え立派な家に見えるのです。
日にちが三四日ずれて、時間が10分くらい遅くなっただけなのに、こんなに変るものとは思ってもみませんでした。
写真を撮るというのは微妙で面白いものです。

余談ですが、写真の調子も今日のカメラとレンズの方が断然、私好みの結果でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

今日も都市高速で・・

JA C1 26 006 福岡市東区 α7R VaT24-70 4ZA#
福岡市東区 / Sony α7R + Vario-Tessar T※ FE 24-70mm F4 ZA OSS

今日も福岡都市高速道路を走りました。
昨日はYくんの運転する乗用車の助手席、今日は慣れ親しんだバスからのちょっと高見の眺めです。
ということで、撮影場所も都市高速で一番慣れ親しんだ眺めのところ。

この向こうは玄界灘。
冬の日本海らしい空模様です。
走るバスの窓から、しかもこの暗さのなか、これだけの写真が撮れるのですから、デジタルカメラって凄いなとつくずく思います。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夢物語だった眺め

JA C1 25 011 福岡市中央区 GX7 SX25 1.4A#
福岡市中央区 / Panasonic GX7 + SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

空中を道路が縦横無尽に走る・・・私が子供の頃には夢物語でした。
鉄腕アトムのようなマンガの中だけのことでしたが、今ではごく当然のように、空中道路を車で走れるようになりました。

高所恐怖症ですが、そんな空中道路からの眺めが好きです。
運転してくれている人は面白くないだろうなと思いながらも、車の助手席から、パチリパチリと写真も撮ります。

走る車の中からですから、撮れる写真はすべて偶然の結果。

写真は車の窓ガラスを閉めたまま撮った一枚です。
窓ガラスのスモークの色の影響、写り込み・・そういったものの効果でちょっと素敵な写真が撮れました。
この後、窓を開けて何枚か撮りましたが、すべて何の変哲もない平凡な写真でした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

お約束の被写体

JA C1 24 016 福岡市東区 6D EF24 2.8IS#
福岡市東区 / Canon 6D + EF 24mm F2.8 IS

写真仲間の松っちゃんが「いつも同じものを撮ってしまう・・」と言っていました。
これは私も同様です。

できることなら毎日シャッターの音を聞きたいと思っていますので、ついつい同じ被写体であると分かっていてもシャッターを押してしまうのが私の場合です。

しかし、同じ被写体であっても、前回撮ったときと同じ写真には決してならないのです。
ですから、同じ被写体と分かっていても・・今日も撮ってしまうのです。
前回よりも好きな写真が撮れるかと思って。

この石垣に写る家の影は、私にとってお約束の被写体です。
でも、季節や時間の違いによって写真になるときもあれば、ならないときもあります。

今日はいつも撮る場所から少し移動して違う影を撮ってみました。
家の黒い影の中にある光の線が気になったのです。

季節が変わり、太陽の角度が違ってくると、この光の縦線は変化するのでしょう。
このときは、雲一つない青空も私にとっては良い感じでした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

優しくなれる

JE J0 30 019 福岡市東区 RX1R So35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

爽やかな朝日が元気をくれるとしたら、夕日は穏やかな安らぎを与えてくれます。
今日一日が納得出来るものであったかどうかは別にして、一日の終わりに奇麗な夕空に出会えたときに、人は明日への希望を感じることができるのではないでしょうか。

憂さ晴らしの酒も良いのですが、たまには夕空を眺めて心地良い空気に酔いしれるのも良いものです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

写真の季節

JA C1 22 002 福岡市東区 GX7 SX25 1.4A#
福岡市東区 / Panasonic GX7 + SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

嬉しいですね。
明るい時間帯が少しずつですが延びてきているのが実感出来る今日この頃です。

夜、帰宅したときに、暗いと玄関ドアの鍵穴の鍵を差し込むのに手間取ったりしますが、この頃は薄明かりが残っているので楽に鍵を開けることができます。
朝も同様で、家の周りの掃き掃除も日々楽になっていきます。

フィルムで写真を撮っていたときには、撮影出来る明るい時間が短いこともあり、冬の間は撮影よりも暗室作業に精を出していたものです。

それがデジタルの時代になり、撮影感度はISO6400に上げてもなんとか撮れるようになりました。
暗くても写真が撮れるのです。
寒いからは別として、暗いから写真が撮れないなんてことは言っておれなくなりました。

でも、やはり明るくて暖かな季節は〝写真の季節〟で、身体も軽くなるし、気分的にも写真が撮りたくなりますので、〝三寒四温〟〝一雨毎の温かさ〟と春に向かって季節が変わっていくのは嬉しいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

突き指

JJ C9 05 075 Pupukea M9 SN28A#
Pupukea Beach Oahu HAWAII / LEICA M9 + SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

左手の薬指と小指を突き指しました。
突き指なんて本当に久しぶりです。
若いときには運動をしていて突き指の経験は豊富にあるのですが、歳をとると、こんどは歳の所為というのでしょうか、情けないことです。

心と身体の動きがうまく噛み合ないようになってきたということでしょうね。

小指と薬指は親指や人差し指ほど重要な働きをしていないし、左手だからなんとかなるかと思っていたのですが、それが大きな勘違いで、なんとも不便なものです。

先ずは、キーボードが満足に打てません。
そして、小指と薬指が曲がらないのですから、左手で〝ピース〟が出来ません。

〝薬指〟ですから、薬が効いて一日も早い回復を願いたいものです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C1 19 026 福岡県太宰府市 M240 ET24 2.8A#
福岡県太宰府市 / LEICA M Typ240 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

若いときから望遠レンズが苦手です。
現在でも、フルサイズ用のレンズでは最近手に入れたSony FEマウントのSonnar 55mm F1.8 ZAが最も焦点距離の長いレンズで、いわば私にとっての望遠レンズのようなものです。

広角系レンズを使って写真を撮っていますので、どうしても被写体に近いところでカメラを構えることになります。
そうすると、画面の中の誰かが私の方を気にして見ています。

ファインダー越しに目が合う。
それがまた好きなのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

二本差し

JA C1 19 040 福岡県太宰府市 M9P Sn35 2#
福岡県太宰府市 / LEICA M9P + Summicron-M 35mm F2(七枚玉)

月に一度。
恒例の撮影散歩。
仲間と一緒に楽しい散歩と会食。
おっと、忘れていました。撮影が目的。

一人、ふらふらと出歩くときには一本刀の流れ者ですが、写真を撮るぞ・・と出かけるときには、二本差しが普段のスタイル。

今回の散歩は天満宮で有名は太宰府から二日市温泉方面。
レンズは24mmと35mmの二本差しで決めてきました。

お母さんのバックの上にカメラを置いて、家族で記念写真を撮っているところに遭遇。
35mmレンズでは、ちょっと間が空き過ぎているのですが、崖っぷちに立っての撮影で、これ以上は近づけません。

こんなときにはちょっとズームレンズが羨ましくなります。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C1 18 016 福岡市中央区 M240 Sn35 2#
福岡市中央区 / LEICA M Typ240 + Summicron-M 35mm F2

乗り物の中で
殆どの若い人は液晶画面に見入っています。

偏見なのは十分承知しているのですが、携帯端末などを見ている人と、本を広げている人と比較すると、どうしても活字を拾っている人の方が知的で素敵に見えます。
もちろん携帯端末で読書・・という方法もあるのでしょうが、やはり活字は本が似合います。

バスの中で
本を広げている女性を見かけました。
ほんの少し首をかしげた仕草が良かったのでカメラを構えました。
欲張って、もう少しと続けて二枚、合計三枚撮りました。

三枚の写真のうち、さて、どの写真にするか・・
結局は最初の一枚を選びました。
決め手はやはり頭の傾きと、もう一つ足下の表情です。('足に表情があるかどうかは置いといて)

下の写真は二枚目の写真です。
三枚目もほぼ同じようなものです。
きっちりとお行儀よくというのも案外と面白味に欠けるものです。

JA C1 18 017 福岡市中央区 M240 Sn35 2#


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

灯るのだろうか?

JA C1 13 041 福岡市博多区千代 α7R EAR24 3.8A#
福岡市博多区千代 / Sony α7R + ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

明るい日差しに照らされて、あっけらかんとした町も、それはそれで良いとして、少し古ぼけた町には斜陽が似合うように思います。
人間の肌と同じように町も老いると肌理が荒くなります。
斜めから差し込む光は、表面の凹凸を味わい深く浮かび上がらせてくれます。

古ぼけた町では、家が取り壊されたあとの空き地をよく目にします。
その空き地の隅に、かってここにあった家のものでしょうか、外灯が掘り起こされて隅の方に置かれていました。

電気のコードが隣家の方に延びていますので、夜になると灯が灯り、防犯灯の役目を担うのでしょうか。
日が傾き始めましたので、もう少し待っているとそこのところがはっきりとするのでしょうが、この町はこれからがいちばん写真になる光に照らされますので、先を急ぐことにしました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

露地にアロエ

JA C1 13 054 福岡市博多区千代 M240 EAR50 2.8#
福岡市博多区千代 / LEICA M Typ240 + ELMAR-M 50mm F2.8

狭い露地歩きが好きです。
これも、子供の頃の経験の記憶を引きずっている所為でしょう。
大阪の下町で生まれ育ちましたが、そこにはまさに迷路のような露地がありました。

勝手な思い込みですが露地にはアロエです。
家の前には植木鉢に植えられたアロエが置かれているのをよく目にしてきました。

しかし、このアロエ。
水栽培です。
子供の頃に小学校の教室に水栽培のヒヤシンスが置かれていましたが、アロエの水栽培は始めて見ました。

この驚きに対して、素直にシャッターを押しました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

冬に見るサボテン

JA C1 13 057 福岡市博多区千代 α7R EAR24 3.8A#
福岡市博多区千代 / Sony α7R + ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

イメージとしてサボテンは暑いところのものです。
そのようなサボテンを、この寒い冬・・しかも露地に置かれているのを目にすると、なんだか辛そうでもの悲しい気分になります。

厳しい環境に耐えながら頑張って成長しているサボテンの姿を見て「私も頑張らなければ・・」と感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、私の場合は、ただただ切ない気持ちが滲み出してくるだけです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

銭湯のある町

JA C1 13 051 福岡市博多区千代 α7R EAR24 3.8A#
福岡市博多区千代 / Sony α7R + ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

戦後生まれ・・もちろん太平洋戦争の後です・・昭和生まれですから、やはり昭和の匂いがする町を彷徨うのが好きです。
真新しいピカピカの町よりも、手垢の残る町の方に惹かれます。

〝銭湯〟はそんな町のなかにあって、鍵になる存在です。
銭湯のある町は何故か人の暮らしの匂いが満ちています。

古ぼけて立て付けの悪くなった民家の隙間から生活の匂いが通りに流れ出て、町のなかを漂うのでしょう。
きっと、匂いと一緒に温もりも流れ出てきているのでしょう。

アルミサッシで密閉された民家が建ち並ぶ小奇麗な新興住宅街では味わえない感覚です。

この日、銭湯はお休みでした。
向いの建物の窓ガラスからの反射光が銭湯に入り口あたりをほんのりと明るくしているところ。
外灯に取り付けられた電飾看板には〝○○湯〟ではなくて、〝♨️ ゆ〟とだけしかかかれていないところ。
そんなところに惹かれました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C1 13 010 福岡市博多区千代 α7R ER24 3.8A#
福岡市博多区千代 / Sony α7R + ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

職業は教師。
専門は写真を教えています。
写真と云っても理屈ではなくて、写真を撮ること教えています。
本当のところは教えるというよりかは、学生たちと一緒に写真をしているというところですが。

ですから、写真をたくさん撮る学生と一緒でないとなかなかやり甲斐というものがでないのですが、残念ながら私以上に写真を撮る学生は減っていると感じています。

中国からの留学生に陳くんという学生が居ます。
まだ、一年生ですが、彼は最近の学生には珍しく純粋に写真が大好きな学生で、驚くほど歩いてたくさん写真を撮っているようです。

ほぼ毎週、私が暇にしているような時間を見計らって研究室を訪ねてきます。
もちろん写真をたくさん持って。

先日、陳くんの見せてくれた写真のなかに、福岡の石堂大橋から千代町辺りで撮った写真がありました。
そういえば最近、この辺りを歩いていないな・・と、陳君の写真が呼び水になって石堂大橋〜千代町〜呉服町〜天神としっかり歩いてきました。

写真に写っている建物の裏側で写真を撮っていたのですが、なにやら良い匂いが気になっていました。
昼食を済ませていたのですが、どうもお腹に沁みる匂いです。
「これは焼き肉だな」と、表にまわってみるとありました焼き肉屋さんが。
その隣には私の好きな〝大衆食堂〟と言われるお店。

今日はなんだか写真が撮れそうという予感がしました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

おみかんころり

JA C1 12 019 福岡県糟屋郡新宮町 GX7 SGM30 2.8DN#
福岡県糟屋郡新宮町 / Panasonic GX7 + SIGMA 30mm F2.8 DN

正月太りでしょうか。
ベルトの穴が一つ外側になりました。
正月前には意識的に少し絞り込んでいたのですが、それも水の泡で、元に戻ってしまったというところです。
ということで、散歩です。

ちょっと負荷をかけるために山道を選んでみました。
山といっても高が知れていますので、緩やかな坂道といったところです。
その山道の両側には柑橘系の木々が多く植わっています。

この場所付近はいつも、何かが転がっています。
坂道を転がり落ちてきたものが、ちょうどこの辺りで小休止ということになるのでしょう。

〝おむすび〟ころりんではなくて〝おみかん〟ころりん。
黄色い実二つ。
茶色の枯れ葉が敷き詰められた山道。
その上の鮮やかな黄色が目に鮮やかでした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夷っさん、おおきに。

JA C1 11 042 福岡市博多区 十日恵美須神社 M9P ER24 3.8A#
福岡市博多区 十日恵美須神社 / LEICA M9P + ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.

十日恵美須神社のお祭りも本日最終日。
残りものに福がある・・ということでもないのですが、のこのことやってきました。
言わずもがな、「写真の一枚でも撮れれば」という下心を抱いて。

そんな不信心爺にちょっとした罰。
ライカの24mmファインダーを忘れてきてしまいました。
ご存知のことと思いますが、私のライカの場合28mmレンズまでならカメラのファインダーのなかでフレーミングの確認が出来るのですが、それ以上の広角レンズとなると、別途ファインダーを取り付けないと、撮影範囲の確認が難しくなります。

でも、ファインダー忘れは、夷っさんの与えた試練と(ちょっと大げさ)目見当で撮影。

これが案外と気楽。
いわば適当にパチャパチャ撮るしかないのですから、あれこれと考え込まなくても大丈夫。

近くの某有名進学高校の女子生徒も放課後の気晴らしでしょうか、いちご飴やみかん飴を手に楽しそうにしていました。。
女子高校生にレンズを向けるのは気が引けるのですが、今日は適当に撮るのですから、〝えいやー〟とばかりに辻斬り・・木村伊兵衛さんのように〝居合い抜き〟の極意は小生にはございませんので、〝辻斬り〟です。

でも・・手前から二番目の女子が私の気配を察して、こちらをチラ見していました。
まだまだですね。
でも、そのチラ見の視線が、今日のご利益のように思えました。

夷っさん、おおきに。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

冬の色

JA C1 03 006 福岡市東区 α7R SoFE35 2.8ZA#
福岡市東区 / Sony α7R + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

写真に置き換えるのは難しいかなと思いながら撮ってみました。
通り道。
よく見てきたはずなのに・・・
なぜかカメラを向ける気になりました。

ときどき
見慣れた景色が素敵であることに気付かされます。

もっと
こころをこめて周りを見なければ。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

脱いだ靴

JA C1 09 014 福岡市東区 EKX7 EF28 2.8IS#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X7 + EF 28mm F2.8 IS USM

職場の薄暗い廊下で見つけた靴。
実はこういうのって苦手なんです。
普段は人の足が入っていて見えないところが、脱ぐことで中の様子が見えるようになる。

この普段は見えないところって、何か見てはいけないものが凝縮されているようで、見たくないのです。
が・・見てしまう。
興味がわけば写真にとってしまう。

薄暗い廊下に置かれた靴の中の金色に興味をもってしまった次第です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

煙草屋の思い出

JA C1 05 026 久留米市草野町 α7R SoFE55 1.8ZA#
福岡県久留米市草野町 / Sony α7R + Sonnar FE 55mm F1.8 ZA

どこか懐かしいですね。
このような煙草屋の雰囲気。

私は煙草を嗜みませんが、明治生まれの祖母は煙草を吸っていました。
記憶の一番古いあたりでは煙管を使っていたと思いますが、いつのころからか紙巻きたばこを吸うようになっていました。
たまにはお使いで私が祖母の煙草を買いに行ったことを思い出します。

田舎町の煙草屋に差し込む朝の透明な光のおかげで、懐かしい祖母会えました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

どこか懐かしい景色

JA C1 05 039 久留米市草野町 α7R SoFE35 2.8ZA#
福岡県久留米市草野町 / Sony α7R + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

お正月。
行き当たりばったりですが、ちょっと郊外の町を訪ねてみました。

車のことはまったく詳しくありませんが、古さを感じさせる車。
そして日の丸。
どこか懐かしさを感じさせてくれる景色がそこにありました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

柿さまさま。

JA C1 05 049 久留米市草野町 α7R SoFE35 2.8ZA#
福岡県久留米市草野町 / Sony α7R + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

柿の産地を歩いてこのような光景を目にしました。
柿の実がそれぞれの木の下に丁寧に集めてありました。
落ち葉はかき集めずに一面に敷き詰めたようになっています。
さすが柿の産地だけあって、実に手入れの行き届いた柿園。

鳥たちのためにでしょうか、枝にも少し実を残してあります。
熟した柿の実が地面と空に配置され、その色がアクセントになり、魅力的な景色に仕上がっています。

柿好きの私です。今年も柿をたらふく頂きました。
柿のシーズンの終わりに、写真まで撮らせて頂き、まさに柿様様です。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

おみくじ

JA C1 05 036 久留米市草野町 α7R SoFE55 1.8ZA#
福岡県久留米市草野町 須佐能袁神社 / Sony α7R + Sonnar FE 55mm F1.8 ZA

いよいよ正月休みも今日で終わり。
「近場で撮影でも・・」という友の誘いでふらっと出かけてきました。
久留米市草野町。

初詣などで神社仏閣に出かけるとおみくじを引いている人を多く見かけます。
運試しというやつでしょうか。
私自身はおみくじを引くことはしません。
こんなことを言うと神さんが恐るかも知れませんが、神のお告げであるはずのおみくじですが、どうも頼りなくていけません。
それなら、些かのお賽銭をあげて一つ二つのお願いごとを胸の中で呟やいて一方的に神頼みをする方が性分に合っているというものです。

それにしても草野町の須佐能袁神社のおみくじは30円とは安いですね。
おみくじを三宝にのせて賽銭箱の横に無造作に置き、「どうぞご自由に・・・」というのもなかなかでした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

妙なところに目がいく

JA C1 04 043福岡市中央区  護国神社 α7R SoFE35 2#
福岡市中央区 護国神社 / Sony α7R + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

初詣客のために神社の境内で甘酒を売る、そんなアルバイトを学生がしていると聞いたので出かけてみました。
正月も三ヶ日を過ぎると初詣客も減るようで、閑散とは言いませんがまあこんな状態です。

ところでこの写真、観て頂くと分かると思いますが、一人佇む女性を狙って撮りました。
どうして、この女性を撮ると思ったのか・・・
私の好みの女性だったから。いえいえ違います。
だいたい、私は髪の長い女性は敬遠(ひがみじゃないですよ)ですから。

有名なTVドラマ『相棒』の主人公の台詞に「細かいところが気になるのが私の悪い癖」と云うのがありますが、まさにそれです。

女性の履くハイヒールの底の白さが気になったのです。
ハイ〜。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

通り道の洗濯物

JA C1 03 009 福岡市東区 α7R SoFE35 2.8ZA#
福岡市東区 / Sony α7R + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

徒歩で職場に向かう途中によく通る道沿いにある家。
通り道といっても抜け道のようなところですから、人の往来が激しいわけではありません。

この家の洗濯物の干し方が実に見事なのです。
いつも実に整然と干されています。
干す人の几帳面な性格をかいま見た気分になります。

しかし、未だかって洗濯物を干している人の姿を見たことはありません。
いつの日か・・と楽しみにしているのですが。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C1 02 044 北九州市小倉北区 RX1R So35 2#
北九州市小倉北区 / Sony RX1R + Sonnar 35mm F2

戦後まもなく生まれた人間にとって、整然と整えられた近代的な街よりも、どことなく手垢に汚れた雑然とした町に立ったときに懐かしい感情が蘇ってくるものです。

北九州のJR小倉駅周辺にはそんな懐かしさを誘うような町並みが残っています。
その他にも個人的な思い出のようなものもあり、久しぶりに出かけてきています。

消えてしまった町並みもあれば、どっこい頑張って残っているところもあり、一喜一憂しながらの町歩き、少し疲れましたが楽しい一日でした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

2014年 午年

JE C2 03 050 熊本市 RX1 S035 2#
熊本市 / Sony RX1 + Sonnar 35mm F2

何がめでたいのか分からないけど、「明けましておめでとうございます」。
昨日の続きとして今日があるのであって、一夜明けたからといって、きれいさっぱりとはいかないものです。
でもまあ心機一転のけじめの日とし元旦を迎えるのも悪くはありません。

今年をどんな年にしようか・・なんてことは特に考えず、
平凡ですが「家内安全 無病息災」であればなにも言うことはありません。
そのことがだんだんと難しい歳になっていますので。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ