2014年6月アーカイブ

木立朝鮮朝顔

毎年毎年、季節になるとちゃんと花を咲かせて楽しませてくれます。
植物って凄い。
そんな花を見て、また一年経った・・と、己の時間を確かめる。

まだ、それほど切実な思いではないけれど、そのうち「今年で見納めかな・・」と思うようになるのでしょう。
それまで、植物に限らず、いろんなものをいっぱい見て写真を撮ろう。


JA C6 18 016 福岡市東区 Df AFMNi55 2.8#
福岡市東区和白東 / Nikon Df + AF Micro Nikkor 55mm F2.8

〝木立朝鮮朝顔〟
この花を見ると小野小町さんの『花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』や、林芙美子さんの『花の命は短くて苦しきことのみ多かりき』が頭の中に浮かんできます。
決して『少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず・・』などとしんどいことは思い出さないところが私のいい加減なところです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

負けたけれど

サッカー。
母校の応援に行ってきました。
結果は1対4で負けました。

双眼鏡を持参していたので、試合の大勢が決まったかなと思ってからは一人の選手を双眼鏡で追っていました。

一番素敵なプレイを見せてくれていた背番号11。
試合は負けたけれど双眼鏡の中で彼の表情やプレイを見続けたことで、私としては後味の良い試合になりました。

JA C6 29 032 福岡市博多区博多の森球技場 α7R SN35 2A#
福岡市博多区区|博多の森球技場 / Sony α7R + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

35mmレンズ一本。
スポーツ写真を撮るつもり端からありません。
ただ、どこに行くにもカメラは持って出ますので、何かあれば・・ということで35mmレンズ。
この焦点距離は私の〝標準レンズ〟ですから。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

いつもの場所で・・
いつもの写真・・
というのはなかなか難しいものです。
日々刻々、何かが違っているものです。

バスの窓から眺めるこの景色を撮り続けています。
こんなシーンになれば良いなと思い描いてみても、現実はなかなかそう上手く事は運んでくれません。

この河を起きに向かってボートが走り抜けてくれれば・・とか、
いつも岸壁に停泊している船が沖を横切ってくれれば・・とか、
河口の中央に奇麗な夕日が沈む瞬間・・とか、いろいろと頭の中で注文をつけてみるのですがなかなか。

JA C6 28 009 福岡市東区 α7R SN35 2A#
福岡市東区 / Sony α7R + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

この場所で写真を撮ったということは、今日もまたふらふらと街に出かけたということです。
その甲斐あってか、いつも河口に停泊している船が動いているではありませんか。
なんという偶然。

相変わらず、手前の道路を車が行き交っていて、なかなかタイミングはとり難かったのですが、なんとか折り合いを付けて撮ったのが今日の写真です。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夏本番前

人は自分の生まれた季節を好むと聞いたことがあります。
信憑性については定かではありませんが、こと私についてだけをみてみるとこのことは言い得ています。

七月生まれで、夏が大好き。
「くそ暑い・・」とかしょっちゅう言っているのですが・・
食欲も湧いてきます。
すでにその効果が現れてお腹周りが少しふくらんできています。

JA C6 27 002 福岡市東区 α7S SN35 2A#
福岡市東区唐ノ原 / Sony α7S + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

夏本番前ですが、すでに色あせてしまっているかき氷の貼り紙。
それにしてもなんでもかんでも「はちみつ入り」ですね。
これじゃあ蜜蜂君も大変だ。
夏休み返上で働いてもらわないと。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

思うようには・・

自分が花を抱えて歩くのはなんとも気恥ずかしいものですが、人が花を持って歩いているのを見かけると思わずカメラを構えてしまいます。

これは「絵になる」と判断するからなのですが、実際のところはなかなかそうは問屋が降ろしてくれません。

JA C6 26 008 福岡市中央区 α7S SSS25 4#
福岡市中央区天神 / Sony α7S + Snapshot Skopar 25mm F4 MC

立派な花を抱えて歩いている女性に出会いました。
その身なりからして花屋さんで働く人のようです。

咄嗟に後を追いながら撮影。
写真は彼女が横断歩道で信号待ちをしているときのものです。
この後も、後を追って撮影を続けましたが、人の行き交う中で撮るのはなかなか難しいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこは寝子

〝ねこは漬けもの石である〟は藤原新也さんの〝メメント・モリ〟のなかに登場するねこの写真に添えられたことばです。

我が家には〝漬けもの石〟が三つ。
〝ねこは寝子である〟と言いたくなるくらいよく寝ています。

動かないこと漬けもの石の如し・・です。

JA C6 25 008 福岡市東区 α7s SSS25 4#
福岡市東区 / Sony α7S + Snapshot Skopar 25mm F4 MC

ライカに代表されるような距離計連動式カメラでは距離計の構造上クローズアップが写せませんでした。
それがミラーレスというデジタルカメラと、最短撮影距離を短くできるマウントアダプターの登場とで近距離撮影が可能になりました。

Snapshot Skopar 25mm F4 MCは可愛いレンズです。
最短撮影距離が75cm。
Voigtländer VM-E Close Focus Adapterを使うとここまで近寄って撮れるようになりました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

印象・日の入り

散歩撮影の終わりに大型書店に立ち寄りました。
20日を過ぎたので新しい写真雑誌が出そろった頃です。
しかし、ここ何ヶ月か写真雑誌を買っていません。
気になる記事が少なく、立ち読みで事が足りるのです。

今日も、写真雑誌を買わずに〝coyote〟という雑誌を買って帰りました。
〝coyote〟で扱われている写真の方が、写真雑誌の写真よりも私の感覚には合いますし、記事も興味深く面白い。

JA C6 24 030 福岡市東区 Df MNI55 3.5#
福岡市東区 / Nikon Df + Micro Nikkor 55mm F3.5

昨日の写真と同じ場所で撮りました。
クロード・モネの〝印象・日の出〟ならぬ〝印象・日の入り〟です。
レンズの焦点距離は昨日が15mm、今日は55mm。
撮影時間は昨日が18:53、今日が17:13。
〝印象〟がまったく違います。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

バスの窓からのいつもの眺め。
そしていつものようにカメラを構えます。
なんてことはないのだけど、習慣になっているものですから。
なんてことない写真が今日も撮れました。

JA C6 23 020 福岡市東区 α7s SWH15 4.5A
福岡市東区 / Sony α7S + Super Wide Heliar 15mm F4.5

15mmレンズ。
こんなに広角レンズでこの景色を撮ったのはおそらくはじめてでしょう。
一番高いところに位置する都市高速。
そこをを走るバスの窓から撮るのですが、レンズの画角によっては眼下の一般道路も写ります。
そうなると都市高速の外灯の支柱を避けながら、一般道路の上を走る車の位置にも気をつかいながらとシャッターを押すのもなかなか大変なのです。

なんてことない写真なんだけどいろいろとあるんですよ。
でも、何てことない写真ですから、難しいことは考えないでさらっと見て頂ければそれでいいのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

親父三人で撮影と決めたものの、さて何処に行くか。
生憎の空模様。
困った・・そのようなとき〝困ったときの神頼み〟ではありませんが、ひとつの定番撮影箇所として〝動物園〟があります。

福岡市の場合、動物園と植物園がなかで繋がっています。
雨脚が強なれば植物園の温室の中に逃げ込むこともできます。

と云うことで、宮崎からの遠来の客人を案内して〝福岡市動植物園〟へ。

JA C6 22 083 福岡市中央区|福岡市動植物園 α7 FE35 2.8ZA#
福岡市中央区|福岡市動植物園 / sony α7 + FE 35mm F2.8 ZA

植物園から動物園に繋がる道。
父親と小さな女の子が前を歩いていました。
何枚か撮影しながら後ろから追いていくと、その後ろから走り寄ってくる足音が。

それに反応するかのように父親と手をつないで歩いていた女の子は、つないだ手を振りほどいていきなり駆け出しました。

そして、それに反応するかのように・・
いえいえ私は走りません。
シャッターを押しただけです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

いろんな笑顔

卒業生たちが「退職後寂しい生活を送っているだろうから」と、私のために集まりを企画してくれました。
大袈裟なことが嫌でもあるし、卒業生たちの迷惑にもなるだろうからと逃げてまわっていたのですが、身近に居る少人数の集まりならばということで出席を承諾したのですが東京、岡山、広島、熊本など遠方から参加してくれた人たちも居ました。
やはり迷惑をかけてしまいました。

JA C6 21 041 福岡市博多区 α7 FE35 2.8ZA#
福岡市博多区 / sony α7 + FE 35mm F2.8 ZA

宴も終わり散会となったとき、片隅のソファーに目が止まりました。
厳密にはソファーの上に置かれた背もたれ用の三つのクッションにです。
その皺の形が人の笑顔のようでした。

両サイドは笑顔満面ですが、中央のクッションは無表情。
それは、差し詰め私でしょうか。
でも、腹の中では東野英治郎さん演じる〝水戸黄門さん〟のように高笑いしているのです。

いろいろな笑顔に再会できて、楽しい宴でした。
みなさんありがとう。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

散歩 12:51 PM

梅雨の最中だと云うのに梅雨らしい空模様の日が少ないように思います。
雨嫌いの私ですからそれはそれで都合の良いことなのですが、たまには〝雨読〟という日があっても良いなと思ってしまうほど今年の梅雨は降りませんね。

梅雨明け頃にどかっと降って災害にならなければ良いのですが。

JA C6 20 043 福岡県糟屋郡新宮町 α7 NiHC50 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / sony α7 + Nikkor-H・C Auto 50mm F2

本日は〝黄昏散歩〟ではなく昼日中の散歩です。
昼飯の買い出しを兼ねての外出ですから〝散歩〟と言えるかどうかは分かりませんが、目的地のパン屋さんへ一直線というのではなく、近くの山裾をまわってきました。

よく歩いてすっかり腹が減ったときに食べ物を目にすると、ついつい沢山買い過ぎてしまいます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

散歩 06:45 PM

木が切り払われ、土が穿り返され・・
宅地に造成されています。
嘗てここは・・
そのようなことも住人の記憶から薄れ
新しい記憶と置き換わっていくことでしょう。

JA C6 19 006 福岡市東区 α7 NiHC50 2#
福岡市東区 / sony α7 + Nikkor-H Auto 50mm F2

〝Nikkor-H Auto 50mm F2〟
古い古いレンズです。
いまのデジタルカメラに、このような古いレンズを取り付けて持ち歩くのが最近の楽しみです。
嘗てこのレンズで・・
と、懐かしい記憶を思い出しながら写真で遊んでいます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

あじさい

この季節の花の代表格は何と言っても〝紫陽花〟です。
庭に二種類の紫陽花があります。
しかしこの紫陽花、残念ながら好みの色ではないのです。
といったこともあってか可哀想に紫陽花はあまり感心を示してもらえないまま季節は夏へと移っていみます。

紫陽花の色は土壌との関係で変わると言われているので、昨年、思い切って他の場所に移してみました。

季節もなにも考えずに、強引な植え替えをしたためか、一株は枯れてしまったと思っていたのですが、なんと新しい芽が顔を出し、日に日に育ってくれています。
もちろん今年は花が咲かないでしょうが、緑の葉が育つ姿を見るのが日々の楽しみになっています。

JA C6 18 013 福岡市東区 Df AFMNi55 2.8#
福岡市東区 / Nikon Df + AF Micro Nikkor 55mm F2.8

勤めをもっていたころ、毎日通る道沿いに紫陽花が奇麗な花を咲かせます。
このあたりの紫陽花は深い青色で、この色に惹かれて毎年写真を撮ってきたと思います。
(〝亀カメラ〟2010.6.23 & 2011.6.21 に登場)

空を背景に逆光気味で見る紫陽花の青に今年も足が停まりました。
ただ、今年は勤めに向かう気忙しさから解放されているので、これまでよりのんびりと眺められたような気がしています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこの念力

JA C6 17 福岡市東区 Df AFMNi55 2.8
福岡市東区 / Nikon Df + AF Micro Nikkor 55mm F2.8

三匹の猫と暮らしています。
おそらくねこたちは〝匹〟などと獣や魚のように数えられるのを心外と思っていることでしょう。
それほど、我が家のねこたちは人の上に立とうとするのです。
つまり、自分たちが主人で、私などはねこに付き従う召使い程度に考えているのではないかと思います。

この写真のねこ(もも)とは付き合いが長く、考えていることは私にも分かります。
ねこたちは毎日同じようなリズムで動いていますので、だいたいこの時間にはこういうことを要求してくるなとか、この次はこんなことをして欲しがるだろうなと、ご主人様の行動の先を読む習慣が召使いの私の身に付いてしまったようです。

朝の七時半。
ももは二度目の朝食を要求しています。
五時くらいに最初の朝食を食べて、ちょうど小腹が空いた頃。
寝転がって新聞を読む私に向かって、念力を送っています。
それを無視していると、寝転がっている私のお腹の上に乗ってきて、自分の方が偉いということを誇示してくるのです。

はいはい分かりましたよ。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夕方の散歩。
空にはもくもくと雨雲。
雨がぽつりぽつりと落ちてきました。

本日のお供は18mm広角レンズ。
その本領を発揮させてこんな写真が撮れればとイメージを描いて待っていました。

JA C6 04 021 福岡県糟屋郡新宮町 α7 AiS Ni18 3.5#

まあまあイメージしたものに近い絵は撮れたのですが、自転車がどうもイメージしたののに比べ弱いのです。
しかし、これが現実なのですから、ならば、等間隔に何台か続けては走ってくれないものかと雨雲を睨みながら待ち続けてみました。

思いどおりに何台もの自転車が等間隔に奇麗に並んで走るなんてことは演出すれば可能でしょうが偶然の結果・・となるとそうそうあるものではありません。

その代わりと言えるかどうか・・
こんな状況が目の前に発生しました。

イメージしていたものは思ったように写真にはなってくれませんでしたが、突然、思いも寄らない状況は発生し、それを写真に頂く・・これもまた写真の醍醐味です。

そんな大したことが語れる写真ではないのですが、まっ良いでしょう。

JA C6 04 012 福岡県糟屋郡新宮町 α7 AiS Ni18 3.5#
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony α7 + Ai-S Nikkor 18mm F3.5

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C6 15 027 福岡市東区 Df NiQA135 3.5#
福岡市東区 / Nikon Df + Nikkor-Q Auto 135mm F3.5

随分と長い間放置(?)されたままの自動車。
それをバスの窓から眺め、写真に撮ってみようかと思い続けてきました。
こう撮りたいというイメージは出来あがっています。

そのイメージした絵を得るためには、ちょっとした望遠レンズが必要です。
ところが、望遠レンズを持たなかったのです。
私が持つレンズでは50mmくらいがいちばん焦点距離の長いレンズ。

NikonのDfというデジタルカメラでは古いレンズも使えます。
旧い28mmレンズを2000円でお釣りがくる値段で手に入れて使っています。
旧い135mmレンズがこれまた5000円でお釣りがくる値段で売られているのを見て購入。

学生時代に使ったことのあるレンズです。つまり、相当旧式のレンズですが、一応望遠レンズの準備が整ったところで、いざ件の放置自動車の撮影に出かけました。

懸念は二つ。
予想では200mmくらいのレンズが必要。
バスの窓の高さと、直立した私の目線の高さとの違い・・つまりアングルが低くなる。

悪い予想は的中。
イメージしていた絵とは違うものになってしまいましたが、いまの時点ではまずまずかなということで・・・。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

うへっ、高っ。

JA C5 09 007 福岡市中央区 α7 NiSCA55 1.2#
福岡市中央区 / Sony α7 + Nikkor-S・C Auto 55mm F1.2

郵便物を開封しないまま放ったらかしにする・・
悪い癖です。

しかし、退職を機にいろいろと必要な手続きのことや、年金や何やかやのお知らせが郵便で届くようになりましたので、今までのように無精で居られなくなっています。
大事そうな郵便物には目を通すようには心がけているのですが、その後がいけません。

「はい、分かった」と、今読んだ郵便物をポイと放置。
いざというときに行方が分からず、探す羽目に。

年金暮らしが始まった私にお役所から郵便が届きました。
市民税、県民税の通知。
退職一年目は目ん玉が飛び出す額を請求されるとは聞いていたのですが・・・確かに。

年金額は現役時代の所得の1/2とか言っていますが、私の場合は〝はるかにはるかに(強調)〟それには及びません。
少ない年金を受け取った(決して貰ったとは言いません)次の日にこれかよ。
まるで飴と鞭や。

何やかやとむしり取ってくれるもんです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

唐津で猫

JA C6 12 066 佐賀県唐津市 α7 FE55 1.8ZA#
佐賀県唐津市 / Sony α7 + FE 55mm F1.8 ZA

どこの町を歩いていても猫の姿を見かけます。
猫を見つけると写真を撮ろうとします。
特に、余りシャッターを押す機会の無かった日などは「猫でも撮っておくか」といったところでしょうか。

そんなとき、一目散に逃げる奴もいれば、妙に人懐っこい奴もいます。
人間の姿を見ると逃げる猫が多い町、猫がすり寄ってくる町。
だからといってどうといったこともないのですが、逃げられると面白くないですからその町に対してもあまり好印象は持てないのが人情というものです。
猫を毛嫌いするにはそれなりの理由があるのは分かっているのですが、まあ身勝手な判断です。

私が一番好きな猫は
人間なんて・・と、無関心を装う猫です。

そんな猫に〝唐津〟で出会いました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ささやかな用事

降ったり晴れたり・・
そんな空模様のなか唐津に出かけてきました。

日々、これといって重要な仕事があるわけでもありませんので、一日、家の中でぼ〜っとしていることも少なくありません。
こんなことをしていては、頭のねじが緩んでしまうと、何か目的のようなものをこじつけて外出するように心がけています。

唐津に出かけたのもそんなささやかな用事のためです。


JA C6 12 035 佐賀県唐津市 α7 FE55 1.8ZA#
佐賀県唐津市 / Sony α7 + FE 55mm F1.8 ZA


薄汚れたガラス窓の向こうにこれまた様子の良い〝やかん〟。
昼飯を食べる場所を探索しているときにこの〝やかん〟と目が合いました。

この〝やかん〟が大阪のおばちゃんやったら・・
「奇麗に撮ってや」とか
「あんじょう撮ってや」とか言ってきそうな貫禄。

〝やかん〟の蓋のツマミがありません。
水を入れるときには不便だろうな。
注ぎ口のところから水を入れるのかな。
蓋だけは奇麗に光ってるな・・
顔がくすんで、頭が光ってる??
俺の顔みたいやな。。。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

不見転の結果

がむしゃらというか、人間としての幅が無いというか・・
写真を撮りながら歩いていても、途中で喫茶店に入って一休みなどということが苦手な性分です。
腹が減って食堂に入るなどというのは当然のことなので、それまで無しにしてしまうようなことは出来ませんが、ゆとりとか余裕とかいったことが絡んだ行為はとんと出来ない質です。

それでも、疲れは避けることができません。
疲れると、ちょっと気になるものを見かけても面倒だということで、「まっ ええか・・」とずぼらなことになりかねません。

だからしばし写真を撮るということを忘れるための休憩場所というものが私にもあります。
それは〝本屋〟と〝レコード店〟です。

JA C5 29 052 福岡市中央区 α7 FE55 1.8ZA#
福岡市中央区渡辺通 / Sony α7 + FE 55mm F1.8 ZA

不見転(みずてん)でジャズのCDを三枚買いました。
いわゆる〝ジャケ買い〟というやつです。
レコードの時代のジャケットは見応えがありましたので〝ジャケ買い〟をよくしたものですが、CDになってからはジャケットも小さくなりどうもいけません。

買った三枚のなかで、一番、期待していたものが一番駄目でした。
反対に、「これもついでに買うとこか・・」程度の動機で買ったものがいちばん楽しく聞けました。
ま、こういうもんです。
写真もね。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

枇杷

〝来年〟ということが約束されない歳になりましたので旬のものはその折々にきちんと頂いておかないといけません。

それに、旬のものを頂くと七十五日寿命が延びるとも言われていますので、健康のためにも良いことでしょうから。

この時期、散歩の道沿いで見かけるのは〝枇杷〟。
種がつるんと簡単に外れて、面倒くさがりの私でも食べられます。
枇杷には薬効成分もあるようなので寿命が延びるのは七十五日なんてものじゃないでしょう。

JA C5 17 049 福岡県糟屋郡新宮町 Df AFS58 1.4G#
福岡県糟屋郡新宮町 / Nikon Df + AF-S NIKKOR 58mm F1.2 G

散歩に連れて出るには少し手を焼く大きさですが、Nikon Dfに〝AF-S NIKKOR 58mm F1.2 G〟を着けて出ました。

せっかくですから、出来るだけ絞りを開けてF2で撮影。
軟らかな緑のボケは心地良いものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

自転車

歩く。
これが私の体を運ぶ一番の方法です。
写真も撮りたいので、それには歩く速さとリズムが私の撮る世界に一番適していると思っています。

それほど大袈裟なものを写真に撮っているわけではありません。
移動の速度を少し上げると気付かなくなってしまうようなものが大半なのです。

歳をとると歩く速度も落ちてきます。
そのことが少し衰えはじめた感受性を補ってくれると思っているのですが、如何でしょうか。

JA C5 02 006 福岡市東区 EP5 DGSX25 1.4A#
福岡市東区 / OLYMPUS E-P5 + LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

私の横を自転車にのった子供が走り抜けていきました。
緩やかな下り坂を楽しむように、二人とも右足を少し拡げながら。

子供たちが走り去った後、自転車に乗って、少し行動範囲を広げてみるのも悪くないかも・・と思ったのですが・・・
これから汗をかく季節。
やはり私には無理だと観念しました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

指名打者

JZ C3 02 192 広島県竹原 XP1 FX18 2#
広島県竹原市 / Fuji X-P1 + FX 18mm F2

長年、重いカメラを持ち歩き続けた、いわゆる職業病みたいなもので〝ランドセル症候群〟という診断を頂いた。
退職・・つまり職をなくしたとほぼ同時に〝職業病〟を発病するなんて、いかにも間抜けで私らしいと一人苦笑いです。

肩も上がらず、服を着替える、寝起きする・・そんな折々の痛みに耐えているうちに痛みもやわらいできました。
今現在、野球のピッチャーではありませんが、「肩に違和感がある」程度にまで回復。

テレビの大リーグ野球中継のなかで、「まだ、ボールは投げられないけどバットは振れる」という選手が指名打者で出場しているのを見ました。
野球選手は試合に出てなんぼの世界ですから、頑張って出場している指名打者に声援。

なるほどなるほど、今の私はこの〝指名打者〟と同じだろうな。
よっしゃ、元気出して、そろそろカメラ振り回そうかな。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

梅雨時の満員電車

〝梅雨〟ですね。
いくら空調が効くようなご時勢になったとはいえ、この時期の電車の中は不快指数100を越えるでしょうね。
特に押しくら饅頭のごとき都会の通勤通学客でいっぱいになった車両の中はまさに通勤地獄の様相でしょう。

高校時代までは一応、都会暮らしでしたので通学時に満員電車を利用した経験はあります。
しかし、大学で九州に来て依頼、幸いに満員電車の経験はありません。
大学を出て九州で職に就いてからも同様です。
住居と職場は歩いてでも行ける距離にありましたので、通勤地獄に落ちることもなく暢気に半世紀近く暮らしてきました。
幸せなことです。


JA C3 21 019 福岡県 北九州市 小倉北区 Df AFNi24#
福岡県北九州市小倉北区 / Nikon Df + AF NIKKOR 24mm F2.8D


温室の中で〝アロエ〟が押しくら饅頭をしてました。
これを見て、都会の通勤地獄を連想した次第です。
車両のドアのガラスに押し付けられて顔を歪めているサラリーマンの姿とアロエを重ねたのです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

どことなく寂し気

JA C5 06 019 福岡市博多区千代 Df NiNC28 2#
福岡市博多区千代 / Nikon Df + Nikkor-N・C Auto 28mm F2

ここはショッピングモールの中に設けれたゲームコーナー。
そこで見かけた女性。
UFOキャッチャーの前に立っていました。

熱中しているとか、興奮しているとかそういった様子ではなく、気の抜けたような雰囲気を漂わせているところが気になりました。
その横顔はどことなく寂し気にも見えました。

昼日中にこんなところで遊んでいる大人。
なにか曰くありげ。

最後に、吊り上げに失敗したときに彼女が見せたかすかな変化が印象的でした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

天罰覿面

JA C5 29 022 福岡市東区 Df NiQAu135 3.5#
福岡市東区 / Nikon Df + Nikkor-Q Auto 135mm F3.5

肩が痛くて病院で診察をしてもらい、リュックサック症候群という病名を頂きました。
痛み止めの注射をしてもらい、温熱治療のようなものを受けるとだいぶ肩の痛みが治まりました。

それで調子に乗ったつもりはないのだけど、懲りずにカメラをもってふらふら出歩いてしまった結果、天罰覿面なのでしょうか、病院に行く前の手が挙がらないような痛みは無いけれど痛み今日も残っています。

まあ、こうしてやり過ごしているうちに少しずつ痛みもとれていくものと楽観的に考えてはいるのですが、何かした拍子に「あいたたた」と口から出ると、爺になった自分を意識させられてしまい、あまりぱっとしません。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ちょっと気弱に。

JZ C8 24 026 福岡市東区 NEX7 SOE24 1.1.8 ZA 8ZA#
福岡市東区 / Sony NEX7+ Sonnar T☆ E 24mm F1.8 ZA

数日前から右肩に違和感を感じていました。
その痛みが日々強くなり、手が挙がらなくなったのでとうとう病院へ。

レントゲンを見て骨には異常なし。
骨が変形しているらしいのですが、これと痛みは関係ないでしょうとのこと。

「加齢によるものですよ」と言われるのを覚悟していたのですが・・
診断が下ってついた病名は〝リュックサック症候群〟
カメラバックが原因だそうです。
痛み止めの注射とくすり、湿布薬を貰って帰宅。

早速、インターネットで〝リュックサック症候群〟を調べてみました。
正式名称は〝胸郭出口症候群〟。
なで肩の女性や、重いものを持ち運ぶ労働者に多い病気だそうです。

「重いカメラバックを持ってあまり長時間の運動は避けること」と医師に言われたのだけど・・・
このところその重いカメラバックを襷掛けにして〝目標一万歩〟なんてやってたもんだから。
ニコンもライカも結構重いんだよな。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JA C5 06 057 福岡市博多区 Df NiNC28 2#
福岡市博多区 / Nikon Df + NIKKOR-N.C Auto 28mm F2

私のようなジジイには、なんだか訳の分からない格好です。
こんな格好で人前に出る・・じゃなくて、人前を歩くなんて、私にはちょっと出来ません。

写真オヤジの格好の餌食。
横断歩道です。
またもや〝アビイ・ロード〟です。

数もビートルズと同じで四人。
〝Abbey Road〟のレコードジャケットの写真のように、縦一列でも、横からの撮影でもないけれど。
足の動きを気にしながらシャッターを押しましたが、なかなか注文通りにはいかず、不揃いなアビイ・ロードになりました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

まだ、音源の主流がレコードだった時代。
LPレコードのジャケット写真に興味がありました。
一辺が31cm少々のほぼ正方形の空間。
これがちょうど良いサイズだったのです。

おおかたの場合、そこに使われている写真は正方形に近いフォーマットになります。
6×6のフレームサイズのカメラで撮ると、正方形の写真が撮れます。
そこで、6×6画面のハッセルブラッドなどにも手を出してみたけど・・・

しかし、私はこの正方形の画面がどうも苦手なようで、左右を気にしてフレーミングすると上下の間が抜ける。
上下を気にして撮ると左右が窮屈。

結局は四角い画面の写真は長続きしませんでした。
好きと上手は別ものなんでしょうね。
いやいや、長方形の画面も〝上手〟というほどでもないのですが、正方形よりはまし・・というつもりです。

JA C5 08 015 福岡市博多区 Df NiSCA55 1.2#
福岡市中央区 / Nikon Df + NIKKOR-S.C Auto 55mm F1.2

私が大学生時代に発売されてビートルズの〝Abbey Road〟
そのジャケットはあまりにも有名なので、皆さんもご存知のはず。

バスの一番前の席に座っている時。
横断歩道を渡る女性を見付け、「お一人様のアビイ・ロード」とつぶやきながら撮った一枚。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

猫の昼食

フィルムで撮っていた若い頃の話しです。
まだ、写真を作るのに力こぶが入っていた時代の。

その頃、私が使っていたレンズはニコンのカメラの場合、24mm F2.8、35mm F2、85mm F2の三本のレンズでした。
この三本のレンズさえあれば、だいたい私の世界は撮れると考えていました。

何故、この三本のレンズなのかと云うと、メーカーには失礼な話しなのですが、この三本のレンズの性能が特別に良かったとかいうことではなくて、サイズや重さの点から私の手に馴染んだということだけです。

JA C6 01 006 福岡市中央区平尾 Df AiS85 2#
福岡市中央区平尾 / Nikon Df + Ai-S NIKKOR 85mm F2

その、〝Ai-S NIKKOR 85mm F2〟一本をデジタルカメラ〝Nikon Df〟に着けて町歩きをしました。

そこで出会ったねこ。
午後二時四十八分。ちょっと遅い昼食でしょうか。それともおやつの時間でしょうか。

なかなか趣味の良い器で食べています。

落語のなかで、ねこのご飯が入った器が欲しくて、猫を貰えば器も付いてくると考えた男の話しを思い出しました。
落語の結末は男の思いどおりには行かなかったということなので、ここは写真だけで我慢。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ