音のない映画のように

熊本から雲仙への短い船旅。
追いかけるようにカモメがフェリーの横を付いてきます。

無数のカモメがこちらの思いとは関係なく勝手気ままに舞うものですからなかなかイメージ通りの結果にはなりません。
だから、今度は・・今度は・・と撮り続けてしまうのです。

最初の頃はその数の多さを喜んで撮っていました。
しかし、数が多いとフレームから妙な切れ方をしていたり、カモメどうしが重なり合ってフォルムが崩れてしまったりすることも多くなかなか難しいものです。
沢山とりましたが、これは良いかな・・と思える写真はほんの数枚しかありません。


熊本県玉名郡|有明フェリー
熊本県玉名郡|有明フェリー / LEICA M Monochrom + ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.


「撮れた」と思える、数少ない写真のなかの一枚。
三羽のカモメがまるで音のない映画のように、す〜っと滑るようにして視界に入ってきました。
カモメどうしの間隔もほぼ等間隔。
羽根を広げたフォルムもほぼ同一。

イメージした瞬間が目の前に現れました。
こういうときに注意しないといけないことは、見とれてしまっていてシャッターを押すのを忘れることです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

続、後ろ姿
【 こんな時代もあったなと 見栄の一つも…
後ろ姿
【「今夜暇?」突然聞かれて立ち往生 】 …
あじさいNo.1
【 雨に踊る あじさいの葉のみどり濃く …