2014年8月アーカイブ

夏の後ろ姿

カレンダーを一枚めくったからといっていきなり季節が変わるというものではないのですが、それぞれの〝月〟にはその月の印象というものはあります。

八月はいくら頑張っても夏以外のなにものでもありませんが、カレンダーが九月に変わると気持ちは〝秋〟を受け入れます。

まだまだ残暑があることは承知しているのですが、この頃目にするものは夏の後ろ姿のような気がします。

夏が終わり秋が始まり、生き物の命の循環が始まります。

JJ C8 09 049 福岡県糟屋郡新宮町 GH2 MZD12 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / Panasonic GH2 + M Zuiko Digital 12mm F2

大きな黒い蝶が草むらの中で羽根を休めていました。
広角レンズですからすぐ近くまで寄っているのですが飛び立つ気配を見せません。
どことなしか羽根も痛んでいるようです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

男の好きなもの

時折、細かな雨粒が落ちてくる空の下。
屋上のテラスでちょっとお洒落にコーヒータイム。
残念ながら男三人で。
話題はもっぱら写真器材の話し。

一般的に男はカメラや時計など精密機械が好きな生き物です。
まあ、今のカメラが精密機械かといいうと、ちょっと首を傾げたくなりますが。


JA C8 28 011 福岡市中央区 α7 STM35 2.5#
福岡市中央区天神 / SONY α7 +SUMMARIT-M 35mm F2.5

テラスの上は航空機の航路になっているようで、時折旅客機が飛んでいきます。
そんななか、ちょっと変わった音が。
戦闘機です。

咄嗟にレンズの距離を無限遠に合わせカメラを構えてパチリ。
マニュアルフォーカスレンズで良かった。

銃や軍用機等々。
これまた好きな男性が多いようです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

感覚が揺れる

このごろ、目覚める時間が不規則になっています。
眠りも浅くなっているように感じます。
春先と秋口、季節の変わり目の兆しとして感覚が揺れるのでしょう。

虫の声が随分と大きくなりました。
この揺れが落ち着くまでにはもう暫く時間がかかります。
その頃には虫の声も聞こえなくなっているのかも知れません。

JA C8 29 002 福岡市東区 α7 STM35 2.5#
福岡市東区箱崎ふ頭 / SONY α7 +SUMMARIT-M 35mm F2.5

日の出が遅くなり、日の入りが早くなっています。
町に出た帰りにバスの中から眺めるいつもの景色も、随分と様変わりしてきました。
午後六時、ほんの少し前まではもっと明るかったはずなのに、もう日が沈んでいます。
どことなく寂しい気分になります。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

人物でも、風景でも・・そのものの魅力を素直に引き出すような写真の撮り方は私には出来ませんので、なんとなくいつも中途半端な撮り方をしております。

食事に立ち寄った店のテラス。
その片隅にサボテンの鉢植えが数個並んで置かれているのが私の席から見えました。

強い誘惑を受けた訳ではありません。
ただ、目野先にあるものですから、何気なく眺めているうちになんとなく気になって、カメラを持って近づいてみました。

なんとなく、なんとなくでこんな写真に仕上がりました。


JA C8 28 007 福岡市中央区 α7 STM35 2.5#
福岡市中央区天神西通り / SONY α7 +SUMMARIT-M 35mm F2.5

先が二つに分かれていて、ウサギの耳のように。
その二つの耳(?)の間に
ちょろちょろっと
私の頭のように見えた・・とは言いません。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

魔女が使う魔法

夜にはネオンが輝き華やぐ町も、お天道さまの光に晒されると化けの皮が剥がされます。
街のいたるところに見たくない状況が転がっています。
そういったものを覆い隠してくれる夜の帳は魔法のようなもの。
きっと魔女が使う魔法でしょうね。

可愛い女子と一緒にお酒が呑める・・そんな店とは無縁に過ごしてきました。
女子相手に酒を呑むのは何故か疲れます。
酒は一人で・・とは思いませんが、やはり気心の知れた奴と呑むのが一番旨いです。

JA C6 29 061 福岡市博多区中洲 α7R SN35 2A#
福岡市博多区中洲 / SONY α7R +SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

私のお目当ての店は午後四時半開店です。
この時間から開くということは、そうです居酒屋です。
カウンターの向こうには年増やおばあちゃん。
交わす言葉は注文のときの一言二言だけ。
これが良いのです。
魔女の使う魔法に惑わされることもありません。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

こっつんこ。

近視で老眼ですから眼鏡なしでは細かなものは見えません。
それが言い訳になるかどうかは分かりませんが、年寄りの暮らしぶりを目の良い人が見ると、隅々にほこりがたまり、なんとなく薄汚なく見えるものです。
ですから、たまには眼鏡をかけて隅々を眺めてみることも必要なのでしょう。

庭仕事をするときも眼鏡をかけてすると、小さな虫の動きがよく見えます。
そのなかでもこの時期〝蟻〟たちの動きが目立っています。
〝アリとキリギリス〟のように、蟻たちは、そろそろ季節が変わるぞ・・と、頑張ってこれからの暮らしに備えているようです。

今年の夏は雨が多かったので、秋冬の準備が遅れているのでしょうか。
あちらこちらで ♪ あんまりいそいでこっつんこ  ありさんとありさんがこっつんこ  あっちいってちょんちょん  こっちきてちょんちょん ♪ とやっています。

「ありさんとありさんが ごっつんこ」だと思っていたら「こっつんこ」でした。
子供の頃覚えた歌の歌詞、大人になって間違っていたことに気付くことがあります。
「ごっつんこ」より「こっつんこ」の方が可愛いですね。

CP C4 14 003 M8.2 GR28 3.5#
福岡市東区 / LEICA M8.2 + G-Rokkor 28mm F3.5

蟻にまつわる写真はないものかと探してみましたが、見つかりませんでした。
苦肉の策です。
道ばたに散らばっていたジグソーパズルのピースを蟻に見立てました。
老眼鏡をかけると蟻がこんなに大きく見えるという訳ではないのですが。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

散歩 5:24PM|とんぼ

雨が続くからと言って、家の中で燻っていたのではカビが生えてしまいそうなので雨の止み間を利用して散歩。
体と、心と、カメラを風にあてて虫干しです。

散歩に出て最初のカット。
見上げた空にとんぼが飛んでいましたので。
風もこころなしか秋風。
このまま季節は進んでしまうのでしょうか。

JA C8 25 013 福岡市東区 α7R So55 1.8ZA#
福岡市東区 / SONY α7R + FE Sonnar 55mm F1.8 ZA

とんぼ君。
スイスイ飛び回るものだから、なかなか上手くファインダーの中に収まってくれません。
ファインダーを覗いていたのではシャッターを切るのが遅れがちになるので、カメラを空に向けてノーファインダーでシャッターを切っていました。

その様子を、犬を連れて散歩中の男性が立ち止まって犬と一緒に眺めていました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

丁度良い雨

仲間との撮影が計画されていた日は生憎の雨模様。
しかし、密かに雨を願ってもいました。

正直、雨の日の外出は苦手です。
このところ雨の日が続いて、ふらりと気ままに散歩がてら撮影に出かける気にもなれずにいました。
ならば、撮影の日は晴れた方が良かったと思われるでしょうが、そこがちょっと違うのです。

雨の日の撮影は衣服が濡れて気分が滅入る・・
傘を差してのの撮影が厄介・・
などなど、嫌な理由はいくらでも挙げられて、一人での撮影では億劫になって取りやめになってしまいます。

しかし、仲間との撮影は車に乗せて貰えるので、雨の日でも靴の中に水が入ってきたり、ズボンの裾が濡れたりと云った気の滅入るようなことが少なくてすみます。

自分一人だと出かけない雨の日の写真が撮れるという寸法です。


JA C8 24 043 福岡県糸島市二丈 深江漁港 D810 AFSNi85 1.4G#
福岡県糸島市二丈 深江漁港 / Nikon D810 + AF-S Nikkot 85mm F1.4G

幸い、それほど強い雨ではありません。
漁を終えた船が港に戻ってきたようです。
雨の中での漁ですから、漁師さんたちはカラフルな雨具を着ています。
写真的には雨の日で良かったのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

曇りの日、晴れた日

な〜んかぱっとしない空模様。
どんよりとしていますが、これはこれでまた良いものです。

生涯、山陰で写真を撮り続けて来られた〝植田正治〟先生から聞いたお話ですが、山陰の雲がかかった空が良いんだ・・と言っておられました。
また、反対に武田花さんはカラッと晴れた透明な空気の日が好きだと言っておられます。

それぞれに、薄曇りの日、晴れた日と違った空の下、光の中で素敵な写真を撮られています。

JA C8 03 003 福岡市中央区|大濠公園 RX1R So35 2#
福岡市中央区|大濠公園 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

さて、私は・・
私ごときが偉そうなことは言えません。
曇りの日には曇りの日、晴れた日には晴れた日の力を借りながら、気ままに撮っているだけですから。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

蜩の声

〝ツクツクボウシ〟の鳴き声が聞こえるようになりました。
晩夏に鳴くツクツクボウシ。
「そろそろ夏も終わりだと〜」
「夏休みの宿題やったか〜」
と忙しなく鳴いています。

蝉の鳴き声で一番印象深いのは何と言っても〝蜩〟でしょう。
子供の頃、近所の悪ガキが集まって出かけたキャンプ場。
その夕暮れ時に聞いた〝カナカナカナ・・〟と哀愁を帯びた鳴き声。

蜩の声は心の奥に響きます。
特に夏の思い出を多く持っている年寄りの胸の奥には。

JA C8 15 008 福岡県糟屋郡新宮町 RX1R so35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

ひまわりの絵柄の座布団が道ばたで雨に打たれていました。
今年の夏は雨ばかり。
ひまわりたちもどちらを向けば太陽と顔を合わせられるのか、さぞかし迷った夏の日々だったことでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

新興住宅地として開発された一画に我が家はあります。
バス道路には〝ナンキンハゼ〟が街路樹として植えられ、そろそろ街路樹の紅葉が始まる季節になりました。

その街路樹を行政は伐採してしまいたいという意向だそうです。
新興住宅地といっても開発されて数十年の時間が経過していますので、街路樹も成長しています。
剪定や落ち葉の掃除などそれなりに経費がかかるのでしょう。

当然、住民のなかから伐採反対の声があがっています。
はてさて、この問題、どのように一件落着するのでしょうか。


JA C8 15 005 福岡市東区 RX1R so35 2#
福岡市東区 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

木は一朝一夕には育ちません。
人の成長と同じように木にも経てきた〝時〟というものがあります。

切ってしまって構わないかどうか?
木に聞いてみたら・・
嫌がると思うのですが。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

よく見ると・・

九州の酒飲みは、「先ずはビール」なんてことは言いません。
「芋・お湯割り 」とか「芋・水割り」・・
どっちにしても〝芋〟ですよ。

ここは、中洲のど真ん中。
でも、いわゆる安酒場。
私のような年金生活者向きの呑み屋です。

この男性、一人呑みかと思っていたのですが、写真をよく見るとテーブルの上に取り皿が二枚。
使われていないおしぼりも・・
相方がまだ現れていない様子。

でも、もう勝手に始めてます。
「さて、おつまみは・・・」と

JA C7 25 020 福岡市博多区 RX1R So35 2#
福岡市博多区中洲 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

一夜の夢

福岡の〝中洲〟は全国の名を轟かせる歓楽街。
浮き世の憂さ・・
儚い愛・・
いろいろなものが渾然一体となって夜な夜な渦巻いています。

そして、一夜明けると
昨日の夜の甘いささやきは
打算だったといわんばかりに
変わり果てた姿で転がっています。


JA C6 29 057 福岡市博多区中洲 α7R SN35 2A#
福岡市博多区中洲 / SONY α7R + SUMMICRON-M 35mm F2 Asph.


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夏は草いきれ

空に近づけば、太陽に会えるかと、太陽を求めて上へ上へと朝顔は上っているかのようです。
夏だと言うのに、カンカンと照る夏らしい日差しの日は数えるほど。
バケツをひっくり返したような突然の豪雨。
これが夏らしいと言えば言えるのですが、どうもカビ臭くていけません。
やはり夏は〝草いきれ〟が似合います。

JA C6 24 010 福岡市博多区 α7s UWH12 5.6A#
福岡市博多区千代 / SONY α7s + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Asph.II


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

不審者

写真撮っていると、何処からか見られているようなそんな気配を感じることがよくあります。
気配のする方向を見ると、やはりしっかりと見られています。
私のように、何でそれを写真に撮るの?・・と不思議がられるようなものを撮っていると、どうしても不審者に見えるのでしょうね。

JA C8 16 078 北九州市小倉北区 M240 STM35 2.5#
北九州市小倉北区 / LEICA MTyp240 + SUMMARIT-M 35mm F2.5

北九州の小倉に出かけたとき、そろそろ帰りましょうかとJR小倉駅に向かう歩道橋を歩いているときにちょっと気になったので立ち止まりました。
気になったのは青い服を着た女性です。
いや、私の目を引いたのは青い服だったのでしょう。

今日のレンズは35mm。
距離的にはこれではちょっと短いと思いながらも、カメラを構えてしまいました。
小倉の町をご存知の方は、場所柄、ちょっと意味深長なメッセージを読み取るかも知れません。
青い服の女性が男性に何やら怪し気な・・

しかし、この二人は全くの無関係。
女性は『立呑みコーナー』と書かれた下にある自動販売機で買い物をして戻るところ。
そこに、男性がたまたま歩いていた。

二人が最接近したところでパチリ。
もちろん、奥を歩く親子連れも、しっかり意識ています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

北九州市小倉

大学に入学するために大阪から福岡市に移ってきました。
福岡市から北九州市まで電車で一時間ほどの距離にあります。
学生時代に始めて北九州の小倉に来たとき、どことなく懐かしい雰囲気のある町だという印象を持ちました。
私の生まれ育った大阪の町と、どこか似た空気を感じたのです。
その後、小倉で暮らす女性と交際し結婚したものですから、福岡市と小倉の間を頻繁に往き来しています。

最初に感じた大阪と福岡の類似。
それはおそらく猥雑な環境ではなかったかと思っています。
大阪の猥雑な環境が気に入らず大阪を出たのですが、やはりこころの奥底では懐かしむ気持ちがあったのでしょう。

身の回りの変化に伴い、いまでは私と北九州との個人的な繋がりは切れ、最近ではあまり出かけることはなくなりました。
それでも、この町に来ると、懐かしい空気の漂う場所を探してうろうろしてしまいます。

小倉の町も変わりました。
昔、旦過市場の端にあった呑み屋に出かけていたのですがその店もなくなっていました。
食べ物屋も、パン屋も・・

JA C8 16 074 北九州市小倉北区 M240 STM35 2.5#
北九州市小倉北区旦過 / LEICA MTyp240 + SUMMARIT-M 35mm F2.5

旦過市場のなかで見つけたおばさん。
〝背番号〟に弱い私ですから、撮らない訳はありません。
背番号9
数字の他に〝肉の日〟の文字。
つまり9日は肉の特売日・・9の付く日かも知れませんが・・ということなのでしょう。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

蛙も雨宿り

それにしてもよく降ります。
これじゃあ野菜の値段が高騰するだろうな・・などと、年金生活者は己の財布を気にしはじめています。

雨の止み間を見計らってお盆らしいことをしに出かけました。
その帰り・・桜の木の下で蛙が雨宿りしているのを見ました。
雨続きで桜の木の幹も雨水が染み込んで黒くなっていますが、その下で蛙がぐったり。
いくら普段から水に馴染んでいる蛙でも、こう、雨が続いたのでは雨宿りしたくなるようです。

それにしても、なぜ、こんなところに・・
まるで撮影者が置いたかのように思われるでしょうが、正真正銘偶然の出会いです。


JA C8 15 031 福岡県糟屋郡新宮町 RX1R so35 2#
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

写真では鬱蒼とした感じに見えますが、雨空の影響で暗くなっているのです。
すぐ横は車が走る道路です。
車の窓からでも飛び出して道路に転がっているところを誰かが助けて、ここに置いたのではないかと想像するのですが、いかがでしょうか。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

雨が続く北部九州です。
時折、雨が止んだかと思うとまた降り出すといった有様です。
「バケツをひっくり返したような」と言いますが、そんな降り方のこともあります。

庭先に置いておいたバケツが雨水に一杯になっています。
それを空の上の鬼さんが雲の上に持ってあがって、また、ざ〜っとひっくり返してるんかいなと思うような降りです。

雨が小止みになったときに庭に出て庭木の上の方になった実を135mmレンズで撮影しました。
その後、町に出ましたが、カメラのレンズは135mmの望遠レンズを付けたまま。
いつも、町歩きには35mmとかに付け替えて出かけるのですが、今日は何となく〝面倒〟という生来の無精者根性が頭を持ち上げた結果です。

善意に考えれば、いつもと違った・・それもあまり使わないようなレンズを使うと、これまたいつもと違った写真が撮れるかも知れないという考えもありました。
長雨続きで、多少うんざりした気分をスカーッと変えてみたかったのかも知れません。

JA C8 14 011 福岡市東区 α7R NiQA135 3.5#
福岡市東区 / SONY α7R + Nikkor-Q Auto 135mm F3.5

町からの帰りにいつも撮る港風景。
135mmレンズで撮ったのはおそらく今日がはじめてです。
想像していたとおり、コーティングなしの古い望遠レンズと湿気を含んだ大気が普段とは違った写真を見せてくれました。
良い悪いは別にして。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

お盆ですよ。

お盆です。
休んでいるとは思いつつも床屋に出かけてみました。
案の定、床屋はお休み。

それも覚悟の上です。
家の中で燻っていても、写真を撮る相手はねこくらいのもの。
外に出て何かしら気の晴れるような写真が撮れれば儲けものです。

床屋が休みで、ぽっかりと時間が空いたものですからあちらこちらと暇に任せて歩き回りました。
結果、今日、撮った写真は全部で56枚。

ちょっと汗もかいて、良い悪いハ別にして写真も撮れて、いつもの口癖「まっ、ええか」です。

JA C8 13 019 福岡市中央区 M9P Sn35 2#
福岡市中央区 / LEICA M9P + Summicron-M 35mm F2

家庭裁判所から〝簀子公園〟の方に向かって歩いているとセミ採りをしていた兄妹に出会いました。
話しを交わしながら数枚撮ったところで男の子はどこかに行ってしまいましたが、女の子の方は堂々としたもので、見ず知らずのおっさんの注文に応えてモデルを務めてくれました。
女性は子供の頃から腹が据わっているようです。

私が子供の頃、「お盆の間は殺生したらあかんで・・」と祖母に言われていましたが、いまどきそんなことを言う大人は居ないのでしょうね。
私も女の子に「ありがとう」とだけ言って立ち去りました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

記憶

子供の頃から頭脳明晰な子供ではなく、そこら辺に転がっているような平凡な餓鬼でした。
可もなく不可もなく・・ごく普通。
そんな脳みそにもいろんなものが記憶として刷り込まれてきました。
そして、大人になって。

大人になる過程で記憶のなかには変形し、薄れていくものもあります。
そして、老いを迎えると記憶は薄れはじめます。

JA C8 12 027 福岡市中央区 D810 AFMi28 2.8D#
福岡市中央区警固 / Nikon D810 + AF Nikkor 28mm F2.8D

道路に描かれた標識。
おそらく学童・児童に注意とか通学路を示すものだとおもうのですが。
だとすると、この絵はパターンとして女の子と男の子が描かれていると思います。

しかし、時間の経過とともに絵は変形し、お母さんと女の子が楽しそうにお買い物に出かける図に見えました。
お母さんは肩にバックを掛け、ブーツなんか履いていたりして。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

忘れ難い記憶

世の中景気が良くなってきているのでしょうか、このところ街を歩いていて海外からの観光客の姿をよく見かけます。

アジア系の人たちは買い物を楽しむ姿を多く見かけますが、白人系の人たちは観光旅行そのものを楽しんでいるように見えます。
どちらが良い悪いではなくてそれぞれ楽しい旅の時間を過ごして国に帰ってくれれば良いのです。

旅先での写真には良い思い出が一杯詰まっていると良いですね。
それを見ながら日本での楽しい時間を思い出して欲しいものです。
この旅が良いものとなることを願いながら彼等の横を通り過ぎました。

JA C5 28 014 福岡市博多区 α7 FE55 1.8 ZA#
福岡市博多区 / SONY α7 + Sonnar FE 55mm F1.8 ZA

旅先に限らず、私はこれまででたくさんの写真を撮ってきました。
主義などと大層なことは言えませんが、嫌なものにはレンズを向けてきませんでしたので、私の写真の一枚一枚からは、概ね、心地よい記憶が浮き上がってきます。

なかにはほろ苦い記憶もありますが、それらも時間とともに忘れ難い記憶となっていくようです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

超広角レンズ

動物を連れた人を写真に撮るのは案外と簡単です。
簡単に言ってしまえば、連れている動物を褒めれば良いのです。
そうすればだいたいの場合撮影許可がでます。

ひとつ困ったことは、「私は撮らないで・・」と言われるときです。
そのようなときに効果を発揮するのが広角レンズです。
広角レンズは相手の人が思ている以上に拾い範囲が写ります。

あなたは写っていませんよ・・と知らん顔して写してしまうのです。

写真のおじさんの場合、12mmという超広角のレンズを使って撮ったものですから、画面の端の方が引っ張られ過ぎて違和感がでてしまったのですが、まあこんな感じです。


JA C6 24 011 福岡市博多区 α7s UWH12 5.6A#
福岡市博多区千代 / SONY α7s + ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II


このおじさん、昼間からちょっとご機嫌の様子でした。
奥さんが買い物に出て戻って来ない・・と私に言われても困るんだけど、犬の話しから世間話までいろいろと話してくれました。
そんなときには、辺りの様子など撮影情報を聞き出すことを忘れてはいけません。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

健康法

雨の日の美術館は比較的空いているし、館内は空調も効いていてなかなか良いものです。
別に展示物を見なくても、来客の皆さんお行儀が良くて静かですから、ロビーのソファーに座りで読書したり、もの思いに耽るのも良いものです。

自宅でものんびりは出来るのでしょうが、こうして美術館まで足を運ぶことは、健康にも良いはずですし、その道すがらに写真の一枚でも撮れるとこれまた気分が良く、旨い晩酌が呑めるというものです。

旨い酒を適度に呑めば快い眠りに就け、気持ちの良い明日につながるというものです。
もっともこの歳になると明日の目覚めが約束されているものではないということがちょっと問題なのですが。


福岡市中央区|大濠公園
福岡市中央区|大濠公園 / SONY α7R + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

福岡市美術館は二階出口を出て、階段を下りると目の前は湖です。
何やら声が聞こえてきたのでその方向を見ると、傘をさした男性の後ろ姿が見えました。
無粋な私にはよく分かりませんが、男性はなにやら一節唸って居られる様子。

雨の日は公園も人出が少なくて、気兼ねなく一節唸れるのでしょう。
湖に向かって声を発する・・これが、この男性の健康法なのかも知れません。

お邪魔にならないように、後ろからそっと近づき、男性の体がちょっと傾いた瞬間を撮りました。
さて、旨い酒がのめるような写真が撮れましたでしょうか??


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

暑苦しいな・・

三年半くらい前に、家内が立花山で懐かれ、連れて帰ってきた兄弟ねこ。
〝茶太郎〟と〝銀次郎〟を命名しました。
もう、立派な大人のはずなのですが、相変わらず兄弟仲良し。

去勢はしていますが、一応、男同士。
なのにこの有様。
見ているだけで股間に汗が滲んでくるようで、なんとも暑苦しい寝方です。


JA C8 08 010 福岡市東区 α7R E16 2.8#
福岡市東区 / SONY α7R + E16mm(換算:24mm) F2.8

広角レンズで最短撮影距離くらいから撮影しているのですが、不評の〝SONY α7R〟のシャッター音も意に介さず二匹とも熟睡です。

熱帯夜で夜は寝られなくて、昼間、エアコンの効いた部屋でゆっくり睡眠不足解消でしょうか。
飼い主もエアコンのご相伴に預かりロッキングチェアで居眠りさせて貰ってます。
こちらは熱帯夜とは関係なく、単純に老人性の居眠りですが。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夏は浴衣。

夏になるとあちらこちらで花火大会が催されます。
そんなときに浴衣姿の若い人を見かけることがあります。

西鉄電車の天神駅の券売機の前で見かけたお二人。
券売機という現代的な場所を背景に浴衣姿というところに興味を覚えて、ちょっと失礼。

さっと撮らなければいけないし、かといって撮ればいいというものでもないし。
それなりのタイミングというものがあります。

JA C8 07 023 福岡市中央区 α7R E16 2.8#
福岡市中央区天神 / SONY α7R + E16mm(換算:24mm) F2.8

この日はフルサイズデジタルカメラのSONY α7RにAPS-C用のE16mmレンズですから、換算して24mmの広角レンズ。
近づいてスナップしないといけません。

鉄面皮な私でも、こういう瞬間を撮るときにはちょっと緊張します。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

雨の日にやもり死す

下を向いたひまわりの写真の後、翌日、その翌日と俯き写真が続きました。
ついでと言っては何ですが、今日も私の視線は地面に落ちます。
雨の日のひまわりのように。

やはり雨。
道路の白線の上で〝やもり〟がぺちゃんこになっていました。
その骸の上に冷たい雨が・・

季節は夏ですが、ここはやはり「冷たい雨」じゃないといけません。
車に踏みつけられたのでしょうか?

車に乗っていると地面を這うやもりは見えないでしょうね。
そして踏みつけても気付かない。
そんなものなのです。

JA C7 02 013 福岡市東区 α7R SN35 2A#
福岡市東区 / SONY α7R + SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

この有様を目にしたとき、
リチャード・ブルックス監督の『雨の朝パリに死す』という映画のタイトルが頭に浮かびました。
撮影したのは夕方で、朝ではありません。
場所はパリでもなければ、いまの季節は夏ですから映画の中のように雪まじりの冷たい雨でもありません。

〝死〟と〝雨〟というキーワードが『雨の朝パリに死す』という記憶の表層に浮かび上がらせました。
記憶の中にあるものが、ちょっとしたきっかけで浮かび上がってくる・・そして、写真を撮ろうと思うことに繋がっているように思えます。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

タイムラグが・・

いつも言うことですが、雨に濡れたアスファルトは絶好の背景になってくれます。
植田正治先生は砂丘を絶好のホリゾント・・自分だけのスタジオと言っておられました。
スケールはぐんと小さくなりますが、雨に濡れたアスファルトは私に撮って絶好の背景です。

雨の日、傘を差しての散歩は願い下げですが、雨が止んだ直後の散歩は良いですね。
絶好の背景の効果で、なんでもないものが魅力的な姿に変身しているのに出会える好機ですから。
それをみすみす逃がす手はありません。

JA C8 05 002 福岡市東区 RX1R So35 2#
福岡市東区 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

所用でちょっと外出。
雨が止むのを待っていたら予定より少し遅めの出発になってしまいました。
生憎、バスの時間まで間があったので適当なところまで歩くことに。

緩やかな上り坂を上り切って、少し下りはじめたところにこの状況はありました。
一度、横を通り過ぎてから再び引き返しました。
上から眺めながら通り過ぎたとき花の色が印象深く目に映りました。

五六歩通り過ぎたときに、私のなかでこの写真のイメージが出来上がって引き返したのです。

若いときには、瞬時にイメージが出来上がったものですが、これもやはり歳の所為でしょうか・・
タイムラグが大きくなりました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

石ころの想い出

退職の5〜6年くらい前から何かと気忙しいこともあり、我が家の小さな庭の手入れを怠ってきました。
生け垣くらいはあまり見苦しくなったときにはさみを入れてきましたが、それ以外の植物は放ったらかしの伸び放題。
そして退職後のいま、そのツケの支払いに追われています。

暇を持て余せば庭に出てちょこちょこと庭仕事に努めています。
実生なのでしょうか植た覚えのない木が、それもそこそこの大きさに育っていたりして、小さな庭でも5〜6年の間にいろいろとあるものです。

ただ、残念なことにレンズを向けたくなるようなものにはいまだに出会えていません。
植物の写真が趣味だったらこんな庭でも撮りたくなるものがあるのでしょうが。


JJ C1 23 002 福岡市東区 EKX2 EF28 1.8#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X2 + EF 28mm F1.8

庭を放ったらかしにしておいた結果、以前、庭に入れた砂利があちらこちらに散らばってしまっていました。
その砂利を拾い集めていてある懐かしい記憶が蘇ってきました。

小学校の時代。
毎朝、全校生徒が校庭に集まって〝朝礼〟がありました。
当時の校庭は戦争の影響も残っていたようで、小さな石ころが結構あったのでしょう。
その石ころを拾い集めさせられていた記憶が蘇ってきたのです。
もちろん純真な子供時代のことですから〝させられていた〟なんてことは思ってもいませんでしたが。

※写真は建築現場を通りかかったときに撮ったものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

写真の神様に最敬礼

夏の花の代表格といえば〝ひまわり〟ですね。
ひまわりさんには申し訳ないのですが、個人的にはあまり好きな花ではありません。
これが好きでない理由です・・とはっきりと言えるものはなにもないのですが、散り際の悪さとでも言いましょうか。
老醜を晒すとでも言いましょうか・・
我が身と重なるということでしょうかね。

ひまわりといえば太陽に凛と顔を向けて立つ姿を誰もが思い浮かべると思うのですが、この日のひまわりは全員頭を垂れていました。
太陽には強いけれど雨には弱いようです。

案外と打たれ弱いのかも知れませんね。
おっと、またまた我が身と重ね合わせてしまいました。

似た者同士は案外と駄目なんですよね。
そう云えば私も夏生まれでした。

JA C8 03 008 福岡市中央区大濠公園 RX1R So35 2#
福岡市中央区|大濠公園 / SONY RX1R + Sonnar 35mm F2

福岡市立美術館での展覧会最終日。
搬出にむかっているときに目にした光景です。
まるで葬送の列を見送るかのように、全員が頭を垂れていました。

見送られる主は私・・
おっと、それなら葬送の列ではなくて「大名行列」を見送るかのようにと言い直します。

この日のレンズは35mmだけ。
ああでもない、こうでもないと撮った中のいちばん広い画面のものを選びました。
しかし、このフレーミングで撮ったのはこれ一枚きり。
という事は、撮っているときにはあまり良いフレーミングだとは思っていなかったのでしょう。

まだまだ修行が足りません。
写真の神様に最敬礼。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

無駄な動き

無精で怠け者な私ですが、それでも在職中は稼ぎに応じた働きをしなければなりませんので、なにやかやと身体と頭を働かせてきした。
しかし、定年退職後の日々の暮らしにおいては身体も頭も腑抜けの状態が続きます。

筋肉は落ち、足下が怪しくなり、目は薄くなり、耳は遠くなり、物忘れが多くなり・・
老いを実感することは山ほど出てきます。

そこで、軽く筋肉トレーニングをし、日々、何らかの仕事を作ってはボケ防止に励んでいます。
ただし、一度にたくさんの用事はこなさない。
できれば一日一件。
そうしないと、明日、することが無くなってしまいますから。

JC C3 23 096 熊本市新町 GXR 33M#
熊本市 / Ricoh GXR + 33mm F2.5 Macro

それともう一つ心がけていることがあります。
それは積極的に無駄な動きをすることとです。
そうすることで動く身体が維持でき、退屈な時間を減らすことが出来ればと思っています。
何と言っても無駄遣いする時間には事欠きませんから。

遠回り、寄り道、行きつ戻りつ・・外出時にはカメラというちょっとした負荷をかけながら。
そして、願わくば写真の一枚も撮れればなんて甘いことを考えています。
写真が撮れれば、次の仕事が生まれますから。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

風よ吹け・・

「風よ吹け・・」
女性の短いスカートを見てそう念じたのではありません。

これはよく見かけるシーンです。
ビルの塗装のときなど、飛び散った塗料などで車が汚れないようにカバーをしているところです。
吹く風によって車に掛けられビニールカバーが変幻自在に形を変えるものですから、「風よ吹け・・」とファインダーを覗きながら念じていました。

結局は風頼みなのですが、
大きく膨らんだ瞬間。
ぴったりと車に張り付いた瞬間。
縦位置、横位置・・と

私なりにも頑張ってみました。

JA C8 01 015 / 福岡市中央区 / Sony α7+ Sonnar FE 35mm F2.8 ZA
福岡市中央区 / Sony α7 + Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『夏がきて 短いスカート 風よ吹け』
これは私の好きな映画『大阪物語』で沢田研二さん演じる〝おとうちゃん〟が友人に宛てた暑中見舞いに書かれていた一句です。

そこで、これを読んで頂いている皆様に、私からの暑中見舞いです。
鹿児島県内之浦

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ