銀杏

明け方に夢を見ました。
目覚めたときにおぼろげに夢の内容を思い出せそうだったのに、しばらくしたときには、夢に内容はすっかり頭の中から消え失せていました。

さほど悪い内容ではなかった気がするのですが、夢を見た、そしてその内容を思い出せないということ意外はなにもありません。

夢の世界は〝現〟の世界に持ち帰ったり、人に話してはいけませんと、夢世界の偉い人が夢のことを忘れるよう目覚めるときに呪文をかけたのでしょう。

その呪文を破ると〝浦島太郎〟さんのようになってしまうのでしょう。

JA J0 03 043 福岡県糟屋郡新宮町 α7 MRo40 2#
福岡県阿粕屋郡新宮町 / SONY α7 + M-Rokkor 40mm F2

山裾歩きをしているときによく立ち寄る神社。
そこで頭上に何か落ちてきました。
転がったものを見てみると色づいた銀杏の実でした。

銀杏の実が頭に当たった時の刺激と目の前に転がった黄色い実。
これは夢の話ではないのです。
でも、銀杏の実は持ち帰りませんでした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

お陀仏かと思ったら蘇り、好物のプリンを食べてます。
もも / LEICA CL × SUM…
明るくなり 夜空に帰りそびれた星くず
福岡市東区 / LEICA Q × S…
ハワイ版〝峠の茶屋〟
Dole Plantation Oah…