2016年11月アーカイブ

Thank You


CB C9 05 084 Haleiwa Oahu HI Pa,LX3×DC V-SN 5.1-12.8F2-2.8A.JPG
Haleiwa Oahu Hawaii / Panasonic LUMIX LX-3

ハワイ、オアフ島の北部。
ハレイワの町に行列のできるかき氷屋があります。
ガイドブックにも載っている有名なお店ですから、出かけられたかたも多いと思います。

店先でかき氷を食べながら撮った一枚。
お腹を丸出しにした女性にレンズを向けると、出てきた舌の先にピアス。

撮影を拒否されていると怯んではいけません。
出てきたものは有り難く頂く。

〝Thank You〟の言葉を添えて。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

行き止まりのその先

CF C8 04 143 Wahiawa Oahu HAWAII M8 et28a#
Wahiawa Oahu Hawaii / LEICA M8 + ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

〝DEAD END〟
決して人生を悲観して生きているわけではないのですが、〝行き止まり〟に引っかかってしまいました。
人生も終盤に至って先の見通しはたっていないけど、その先は闇ではないと確証もなく楽観しています。

純白の雲が流れる青い空。
白く清潔な壁。
鮮やかな黄色の標識。

これほどまでにあっけらかんと〝DEAD END〟を宣言されると、人生のどん詰まりのその先は明るいと思えてきます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

何故?

CB C9 06 342 Chinatown Honolulu Oahu Hawaii M8et24a#
Chinatown Oahu Hawaii / LEICA M8 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

ハワイ、オアフ島 ホノルル チャイナタウン。
正直言ってあまり奇麗なところではありません。
しかし、楽園にも生活の場は必要です。
ここは人々の暮らしに近づける町なのです。

そんなチャイナタウンでちょっと気になる男性と遭遇。
撮影の了解を得ないまま、いきなりレンズを向けて写真を撮りました。
撮られた人も〝おっと〟という表情で、口は半開きの状態で写っています。

その後に、謝りの言葉と、短い会話。
そして、今度は了解を得て撮影。
2カット撮りました。最初の一枚と合わせて、撮影は3カット。

何故だか出し抜けに撮った一枚目が一番近づいていて、上半身が写っています。
了解を得たからの写真は2枚とも全身で写っています。
普通、逆ですよね。

理由は分かるような、分からないような。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

10分の旅


JJ C9 05 012 Haleiwa Oahu HI OlEP3×DGSX25F1.4A pc.JPG
Haleiwa Oahu Hawaii / Olympus E-P3 × Simmilux 25mm F1.4 ASPH.

ハワイ、オアフ島の北の町、〝ハレイワ〟。
Anahulu Riverに架かる白い橋はハレイワの象徴でもあります。

その橋の上から、川に向かって子供達が飛び込む姿を川岸から眺めているとボードに犬を二匹乗せた男性の姿が目に止まりました。
急いで橋の上まで移動しましたが、後ろ姿も小さくなっていました。

行ったものは戻ってくる。
ちょっと待ってみるか。

どれくらい待てば犬と男性は戻ってくるのか。
戻ってくるという確信はあるような、ないような。

くよくよ思い悩まずに、撮りたいなら待つしかないと腹をくくりました。

10分後、戻ってきました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ただ、ふらりと。

CF C8 05 043 Haleiwa Oahu Hawaii M8 ET28A#
Hauula Oahu Hawaii / LEICA M8 + ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

ハワイ、オアフ島の北にある〝ハレイワ〟の町は観光客にも有名な町です。
冬場には大きな波がたち、サーフィンの大会も開かれます。

そんなハレイワの町外れ。
ふらっと立ち寄ったビーチ。
泳ぎにきた訳ではありません。
かといって、ここでこんな写真が撮れれば・・と期待をして来た訳でもありません。
ただ、ふらりと。

さて、どうしたものかとぼんやりと立っている私の目の前に少女が現れました。
砂浜に敷く敷物をからだにまとい、レジ袋に詰め込んだタオルや飲み物、食べ物を両手に持って。
友達が遅れているのでしょうか、遠くを眺める目が不安気で印象的でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

楽園の夕涼み

ハワイ オアフ島 ピピラニ
pipilani Oahu Hawaii / LEICA M8 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

ハワイ、オアフ島の中心、ホノルルを出たバスは一路、島の北の町、ハレイワを目指します。
そこから、ぐるっと右回りで島の東海岸を走り、ホノルルに戻ってくるバスに乗るのが好きです。

黄昏時にバスの窓から延々と続く海を眺めていると、時折、降りてみたくなることがあります。
夕方だと、次のバスが来るまで一時間ほど待たなければならないのですが、それもまた楽しです。

恋人同士でしょうか?
ピックアップトラックでやってきて、のんびりとした時間を二人で過ごす。
まさに楽園の黄昏にふさわしいシーンです。

海からの風が吹いて格別の夕涼みです。
それに、この格好ですからね。
涼しくないはずがありません。

普段の撮影なら、自分の影が画面に入らないような心がけて撮影位置を決めるのですが、このときは、西日に照らされて長く尾を引いた私の影を画面に入らないようにするのは諦めて積極的に画面に取り込みました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

散歩の足跡

CB C9 06 007 waikiki Beach Oahu Hawaii : LX3#
Waikiki Beach Oahu Hawaii / Panasinic LX-3

朝の散歩は気分のいいものです。
特に何の予定もない日などは、目にするものすべてに興味が湧いてきて、足取りもゆっくりとします。

ハワイ、オアフ島のワイキキビーチ。
早朝ですから、波が一晩かけて平らにしてくれた砂浜はそれほど踏み荒らされていません。
そんな砂の上に散歩の足跡を残して行くのは多少気が引けます。

私の前に、この砂の上を歩いた人がいるようです。
その人の足跡が、朝の斜光によってレリーフのように浮かび上がってきていました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JJ C9 04 157 Kahuku Oahu Hawaii EP3 SX25A#
Kahuku Oahu Hawaii / OLYMPUS E-P3 + SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

ハワイで写真を撮らせて欲しいとお願いをしたとき、殆どの場合なんの問題もなく撮らせてもらえます。
この確率の高さにはある秘訣があります。

撮らせて欲しいとお願いをしたなら断られるなと思う場合には、断らないで撮るからです。
つまり、出し抜けに撮ってしまう。
もちろん、プライバシーや肖像権にうるさい国ですから、そこのところの配慮はしているつもりです。

オアフ島の北の町、カフクで犬の散歩をしている男性に出会いました。
声をかけないで撮ると問題になりそうな雰囲気だったので、「写真を撮らせてくれませんか?」とお願いをしたところ、案の定「ごめんよ。駄目」との返事。

でも、撮りたい。

そこで、間隔をあけて後に追いて歩きました。
もちろん、彼は私の存在気付いています。

海岸線に出たときに、彼は海に向かって座ったので、私は道路の反対側からカメラを構えました。
大きな雲を中心にして、その下に犬と男性の後ろ姿がくる位置に立って。

彼は、私の方を一瞥しました。
ここで、私は気付いたのです。

彼は写真が写真を撮れるように配慮してくれたのだと。

お膳立てはしてくれました。後は私の腕次第。
私が決めたシャッターチャンスは犬が横顔を見せてくれた瞬間です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

これでいいのだ。

CB C9 05 038 Waikiki Oahu Hawaii M8 ET24A#
Waikiki Beach Oahu Hawaii / LEICA M9 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

ハワイ、ワイキキビーチの朝。
日の光が沖の方から、だいぶ砂浜の方に近づいてきていますが、まだ、砂浜は日陰になっています。
ほんの少しすると、海も砂浜も日の光に輝き、ワイキキビーチの舞台装置は出来上がります。
その後に、観光客が押し掛け、ワイキキビーチはみなさんご存知の姿を整えるという次第です。

ふっくらとした女性らしい柔らかさをもったキュートな女性を、これまたふくよかな体つきのおばさんが写真を撮っていました。
雰囲気からいって観光客らしいので、母子かなと思ったのですが、若い女性は東洋系、おばさんの方は白人。
二人の関係は・・なんてことを考えているうちに撮影は終わり、二人は分かれました。

見知らぬ観光客同士だったようです。

ならば、なんで女性を追いかけて・・もちろん追いかけるのは若い方の女性ですよ・・私も写真を撮らせて貰わなかったのか? 

そこは思わないでもなかったのですが、私がお願いしても、おばさんのときのようなコケティッシュなポーズを彼女は再びとれないだろうと判断したのです。

やはり、私が目撃したおばさんとの撮影のイメージには勝てず中途半端な写真になる。これはこれでいいのだと判断した次第です。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

To be, or not to be

JJ C9 01 056 Kahala Oahu Hawaii M9 SN28A#
Kahala Oahu Hawaii / LEICA M9 + SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

『To be, or not to be』
シェークスピア作の〝ハムレット〟のなかの有名な台詞です。
ごく一般的な翻訳では『生きるべきか、死すべきか、それが問題だ』となっていますが、このことばはいろんな意味を含んでいると思います。

この写真の場合、次のような翻訳で如何でしょうか。
〝To be, or not to be〟
「撮るべきか、撮るべきでないか」

女性の大きなお尻に驚いて、写真に撮りたいと思ったものの、はたして撮って良いものやら躊躇したのです。

でも、撮りたいと思ったのですから、撮るしかない。
一枚目の撮影は女性の後ろ姿、つまり大きなお尻が写っているだけなのですが、次の瞬間、奇跡は起きました。

女性が注文した品物を持って、店の男性が女性の前に立ったのです。
おそらく「これで良いですか?」とでも聞いているその瞬間を撮りました。

最後になハムレットのなかの、有名な台詞をもう一つ。
『Frailty, thy name is woman.』
坪内逍遥さんの翻訳、『弱き者よ、汝の名は女』が有名ですが、このお尻を見ていると、決して女性は弱く儚ないだけではないですよね。

===========================================

写真の撮影はハワイ、オアフ島のKahalaにあるショッピングモールのなか。
オーガニックな食材、食品を売っているお店です。
この日は、パーティの準備のために出かけました。
値段的にはちょっと高かったのですが、写真が撮れたのでお礼も兼ねて奮発しました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB C9 03 125 Waianae Oahu Hawaii M8 SX35A#
Waianae Oahu Hawaii / LEICA M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

日本の子どもたちがどうだとかは言いませんが、ハワイの子どもたちはまだまだ無邪気です。
こどもながらにいろいろとサービスをしてくれます。
何も海に落ちなくても良いのに。

ハワイ、オアフ島の西海岸の端の方に、私の好きな町、ワイアナエはあります。
上の写真はワイアナエのビーチで撮りました。

その町に、〝Masago〟と云う食堂がありました。
過去形です。

そこで弁当を注文しテイクアウト。
ビーチパークのベンチに座りランチを食べるのが、この町に来たときの習慣です。。
Masagoが店を閉めてからも、違う店でテイクアウトをして海を見ながら贅沢な気分でランチを楽しむ習慣は続いています。

CB C9 03 107 Waianae Oahu Hawaii PanaLX3#
Wahiawa Oahu Hawaii / Panasonic LX3

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB C9 06 015 Waikiki Beach M8et24a#
Waikiki Beach Oahu Hawai'i / LEICA M8 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

早朝のワイキキビーチ。
ハウィア観光のメッカ、ワイキキビーチもさすがにまだ静かなものです。
沖に浮かぶ雲に朝日が当たりはじめ、これから遠くの海面が明るくなります。

まだ、ビーチは夜の名残を漂わせています。
観光客達が遊び疲れて眠っている時間ですが、現地の人たちが波を楽しむためにビーチに姿を見せ始めます。

こんな小さな子どもたちでも、波を見定めているその背中からは凛としたものが漂ってきます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ハワイの鯉のぼり

CF0806.082 Waianae Oahu Hawaii M8et21#
Waianae Oahu Hawai'i / LEICA M8 + ELMARIT-M 21mm F2.8

ハワイ、オアフ島の西、ワイアナエの海岸で鯉のぼりを見かけました。
バーベキューの陣取りの旗印に使われているようです。
ハワイの風に吹かれながら鯉も苦笑いしているよう。

鯉のぼりは風に吹かれて瞬間瞬間に形を変えるものです。
少しでもイメージに近い形になったと思われるときにシャッターを押しますが、ファインダーの中で「今だ!」と思って撮影したのでは遅いことが多く、ある程度の予測でシャッターを押します。

それに、空を大きな雲が流れていて、日照ったり陰ったり。

全部で7カット撮りました。
ちょうど、日が陰ったところで、いささか寒々とした景色になってしまいましたが、鯉のかたちとしてはまずます。
効果的なのかどうかは分かりませんが、白い雲が背後に来ることも意識しました。

この鯉のぼりの場合、21mmレンズで5カット撮って、その後、ご丁寧に28mmレンズで2カット撮っています。

イメージどおりの写真がとれたならそこで撮影を終えても良いのですが、もっと良いものが撮れるのではないかと未練がましく撮影を続けてしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Morning of Waikiki Beach / LEICA M8 × ELMARIT-M 21mm F2.8
Waikiki Oahu Hawai'i / LEICA M8 + ELMARIT-M 21mm F2.8

朝のワイキキは沖の方から朝日が当たり出します。
とは言っても、沖の方から日が昇るのではありません。

海に向かって立つと、大まかに言って朝日は背中の方から射してきます。
しかし、ビーチ沿いには高層のホテルが立ち並んでいるので、それらが朝日を遮るかたちになるのです。

ようやくビルを越えて朝日が差し込むようになったとしても、その光は砂浜には届かず、沖を照らすのです。

手前が日陰で暗く、沖が明るい。
この、朝のワイキキの光が好きなのです。

この写真は、光と影の境目にちょうど女性のサーファーが来たところを狙って撮りました。
彼女の目を行く人も、後ろの男性陣も影の中。
彼女だけに光があたるという幸運な朝でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Waianae Oahu Hawai'i M8 SX35AS#
Waianae Oahu Hawai'i / LEICA M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL


海と雲を眺めながら、気が向いたところで降車の合図の紐を引く。
きっかけは何でも構わない。
例えば良い雲が青空に浮かんでたとか、星条旗が気になったとか。

ハワイ、オアフ島の西海岸。
ビーチに設けられたテント小屋に旗が立っているのをよく見かけます。
星条旗やハワイ州の旗・・鯉のぼりなども、たまに見かけます。

色褪せ、破れた星条旗を見つけて降車の合図の紐を引いたのですが、次のバス停まではちょっと距離がありました。
こんなときに腐ってはいけない。えっちらおっちら歩いて戻ります。

歩いて戻る間に、幸運な出会いがあるかも知れないのです。
歩くことで見えてくる何かが。
むしろ、それを期待しているのかも知れません。
星条旗は歩く切っ掛けでも良いのです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ハワイで〝日本語〟

ハワイ オアフ島 PE C9 02.504-12 GW690III
Oahu Hawai'i / Fuji GW 690III + Fujinon 90mm F5.6

「ハワイは日本語が通じるのでしょ・・」と聞かれることがありますが、確かに通じます。
しかし、それは日本人観光客が血眼になって買い物をする辺りのことで、普通はそれほど通じません。
やはり英語です。

英語が出来ないからと悲観しなくても大丈夫。
下手くそな英語でも、しっかりと聞こうとしてくれるので、私程度の英語能力でも、意思の疎通は図れます。

何かに誘われた訳ではないのですが、ふらりとバスお降りて辺りを散策しているときに〝日本語〟に出会いました。

彼女達と出会ったのがオアフ島の北、それも幹線道路からはずれたところ。
このあたりまで来ると日本語は通じません。

車のトランクの上に座って読んでいたのは〝これからの日本語〟。
写真を撮らせてもらったお礼に、ネイティブの日本語でお話ししてきました。
彼女達が大きくなったら、この辺りでも日本語が通じるかも知れませんね。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Nanakuliで一緒に下車

CZ C9 333 L3514 Nanakuli16
〝The BUS〟 Oahu Hawai'i / LEICA M6 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイ、オアフ島を走る路線バスの中で知り合った青年。
ウクレレを持っていたので、「唄ってよ」と言うと、「リクエストはあるの?」と聞かれたので、〝IZ〟(Israel Kamakawiwi'ole)の曲を言うと「うん、彼は最高」と言って、唄ってくれました。

バスの中ということもあるのでしょうが、抑制の効いた良い声でした。
これが、また上手い。
周りの人たちは誰も迷惑そうな顔をしません。

他の人のリクエストもあり、バスの後方シートはさながら演奏会場。
車窓の海を見ながら聞くハワイの曲。
最高でした。

Nanakuriで彼が降りるというので、一緒に降りました。
そうか、ここは〝IZ〟の生まれた町だった。

http://www.youtube.com/watch?v=V1bFr2SWP1I
https://www.facebook.com/israelkamakawiwoole


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CZ C9 228 The BUS Oahu Hawai'I M6 ET24A#
〝The BUS〟 Oahu Hawai'i / LEICA M6 + ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

乗用車よりもバスが良い。
バスは目の位置が高くなるから景色が変わるのです。

ハワイのオアフ島を西に向かう時はバスの左側の座席がお薦め。
ホノルルから西に向かい、西側の海岸線に辿り着いた後は、終点のマカハビーチまでは延々と海岸線を走ります。
つまり、海を眺めながら旅ができるのです。

帽子にサングラスのご婦人が座っているところが、いつも私が座るところ。
私が座るところといっても指定席ではないので、いつも空いているとは限りませんが。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ワイキキビーチの少女

Mornig of Waikiki Beach / LEICA M8 + ELMARIT-M 21mm F2.8
Waikiki Beach Oahu Hawai'i / LEICA M8 × ELMARIT-M 21mm F2.8

ハワイのワイキキは朝が一番。
昼間は観光客で、芋の子を洗うような状況ですが、朝はごらんのようにのんびりです。

少し早起きをしてビーチを歩いてみると、なにかしら写真が撮れます。
朝日がビル越しの差し込む時間帯のビーチは明と暗のコントラストが出来、なかなかいい雰囲気です。

影と朝日の境目の、ちょうど良いところに少女が・・
とくにお願いして、そこに立ってもらったのではなくて、この状況は偶然の出会いです。

ひとつひとつの出会いをカメラでメモする。
それは誰もが目を見張るような写真にはなりませんが、日々の生活の中の楽しみです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CB0906.323 ハワイ オアフ島 マカハビーチ M8.2sx35a#
Makaha Beach Oahu Hawai'i / LEICA M8.2 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイで一番好きなビーチは?   と、聞かれたら、答えはマカハビーチです。
マカハビーチはオアフ島の西の端。
路線バスで延々と二時間くらい走ってようやく到着。

しかし、その二時間を退屈と思ったことはありません。
バスは海岸線を走るので、左側の窓際の席を確保するとハワイの海が堪能できるのです。

この日は、途中、何カ所かで途中下車をしましたので、マカハビーチに着いたのは16時頃。
帰りの時間を気にしながら、人の居ない海で遊ぶ父子に声をかけて撮らせてもらいました。

実は、この親子と、私はほぼ同じ頃にビーチに着きました。
子どもが浮き輪を抱えて、犬のように海に向かって走り出すところから撮影は始めていて、これが最後のカットです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


CB C9 02 067 Kailua Beach Oahu HI LeM8.2×ETM24F2.8A pc.JPG
Chinatoun Honolulu Oahu Hawai'i / LEICA M8.2 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイ、オアフ島のカイルアビーチ。
この奇麗なビーチで、プロレスラーのような男性とキュートな女性のカップルに出会いました。
これは写真を撮るしかないと、いきなりアプローチ。

撮ると即断してなんの迷いもなかったので、勇気を振り絞ってとか、躊躇したとかそのようなことはまったくありませんでした。

「写真撮らせて・・」とお願いすると、向こうも即断。
男性から低い声で「ノー」の一言。

おそらく彼はカイルアビーチの近くの〝カネオヘ〟の海兵隊員。
日本男児、アメリカに二度負ける訳にはいきません。

交渉相手を彼女の方に切り替えてみたら、素直に了承してくれ、彼を説得してくれたのです。

二枚撮影したうちの最初に撮った方の写真です。
こうしてみると、男性も案外と優しい笑顔で写ってくれています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67
CBC 902

CB C9 06 357 Chinatown Honolulu Hawaii M8 SX35 1.4ASPHERICAL#
Chinatoun Honolulu Oahu Hawai'i / LEICA M8 + SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

ハワイ、ホノルルのチャイナタウンでみかけた中年カップル。
女性はお酒を呑んでいるのか、妙に明るい。
カップルの場合、女性が乗り気に鳴ってくれたときの撮影は上手く行きます。
ファインダー越しに見る彼等はなかなか良い雰囲気。

この日撮った写真は375枚。
しかし、この二人に対して切ったシャッターは一度。

特に相手が人間の場合は、私と被写体との間の空気みたいなものに、敏感でなければなりません。
これ以上撮り続けても、被写体になってくれた人の気持ちが、逸れていくだろうと感じたら潔く切り上げるべきです。

欲張らないことです。
欲張ると、幸せの味が薄い水割りのようになってしまいます。
お互いに後味の良い関係のまま別れたいものです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ