2016年12月アーカイブ

平凡がいちばん

【 一年が 終わる節目の 鰊蕎麦 】

JG C2 17 016 福岡市博多区 α7RM2×SNR50F2#
福岡市博多区 Sony α7RM2 × SUMMICRON-R 50mm F2

いよいよ申年も今日が最後です。
楽しいこと嬉しいこと、辛いこと苦しいことなどなど、
今年もいろいろなことが、この老いぼれのこころにも刻まれましたし、
写真にも残せました。

理想の暮らしは365日同じ調子で坦々と過ごすことだと思っています。
平凡な暮らしが難しいご時世ではあるのですが、
来年も、平凡でちょっと退屈な暮らしのなかで、何かしら写真が撮れればと願っています。

それが、平凡で退屈な写真であっても、それはそれで愉快じゃないかと、
年越し蕎麦を手繰りながら独り合点。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

目測スナップ

【 年の瀬の賑わう街行く寂しげな目 】

JG J2 30 003 福岡市中央区天神 LEICA T × SUPER ELMAR-M 18mm F3.8 ASPH.
福岡市中央区天神 LEICA T × SUPER ELMAR-M 18mm F3.8 ASPH.

デパートの地下で晩酌の肴を買って、
いそいそと地下街を急ぎ足。

そんな親父を見つめる目。
片手は塞がっていましたが、「撮る」と決めて、カメラをバックから取り出した。

カメラはマニュアルフオーカス。
距離最短は最短の70cmにセット。
絞りは開放のF3.8、被写体との間合いが被写界深度に入る距離まで目測で詰めて、ノーファインダーで撮影。

久しぶりに、マニュアルフォーカスで一か八かの楽しい撮影。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

歳の所為

【 病院で 歳の所為と言われて帰る道 】

CF C3 06 007 大阪市西区南堀江 / LEICA M8 × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.
大阪市西区南堀江 / LEICA M8 × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

随分とながく使い続けてきたものだから、
身体のあちらこちらから不都合信号が発せられます。

目から始まった老化も、耳、神経等々とその範囲を広げ、
余分なものも体の中に溜まりっているようです。

病院嫌いですけれど、病気はもっと嫌い。
心配で堪り兼ねたときには深刻な面持ちで病院へ。

医者の下す診断が「歳の所為」といったようなことだと、嬉しいような、寂しいような・・

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

コロッケ

【 コロッケを 揚げる匂いの町懐かし 】

JZ C8 28 044 大阪市住吉区 LEICA M9-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.
大阪市住吉区 LEICA M9-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

私の食欲をかきたてる匂いのひとつに、揚げ物の匂いがあります。
大阪は串カツに代表されるように揚げ物が粉な物同様、よく食べられるところ。

生まれ育った家の前に、お惣菜を作っている家があり、そこでは煮豆や昆布巻き、それにコロッケも揚げていました。
当然、温められた油の匂いがあたりに漂います。

そんな匂いを嗅ぎながら育ったものですから、揚げ物の匂に空腹中枢を刺激される人間になってしまったのか。

時代は昭和30年代。
コロッケは一個、五円でした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

暇つぶし

【 ふーふーと たこ焼き口に歩くふるさと 】

JJ C3 12 112 大阪市北区浪花町 M9×SNM28 2A#
大阪市北区浪花町 LEICA M9 × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.


歳をとるとともに人生を振り返ってみることが多くなっている。
そんなとき、これまで何度も向き合ってきた岐路のことをよく考えます。
その、ひとつひとつで別の道を選んでいたら自分の人生がどのようなものになっていたのか、考えてみても詮無いことですが、楽しくもあります。

大学を卒業して生まれ故郷の大阪に戻っていたら、当然、現在の生活はありません。

大阪の企業で働いて、今ごろはばりばりの大阪弁を使う女房や子供に手を焼きながら、居酒屋で串カツを食べながら愚痴をこぼしているのかもしれません。

それとも、阪堺電車などにのんびり揺られて、あちらこちらを徘徊して回り、
熱々のたこ焼きでも頬張って、呑気な老後を迎えていたかも・・

まあ、老人の暇つぶしです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

秋から初冬

【 干し柿の 甘さと お茶の暖かさ 】

Autumn taste. Dried persimmon
大分県日田市 / SONY α77 × DT 16-50mm F2.8 SSM

日本手ぬぐいを愛用している。
そこに描かれた絵柄を季節に合わせて使っています。
代表的な秋の絵柄である、月や銀杏、柿などを描いた手ぬぐいを片付けて、冬のものと取り替えました。
これぞまさに〝模様替え〟

柿は好物です。
今年もたくさんの柿を頂いきました。

柿の季節が終わり、今度は干し柿を頂いた。
友人のお母さんの手作り。
干し柿を食べ終えれば、今年の秋も終わりです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

年の瀬 床屋

【 黄昏に染まる雲眺め今日も思う 】

JA J2 25 037 福岡市中央区 α7M2×ETR90F28#
福岡市中央区 Sony α7M2 × ELMARIT-R 90mm F2.8 ASPH.

年の瀬。
新しい年を迎えるのに、むさ苦しいのもなんですから、
床屋でこざっぱりと。

床屋に行っても、さして刈る髪もないのですが、
不思議なもので、鋏を入れて、剃刀をあたってもらうと、
なんとなく、男前が上がった気分になります。

行きつけの床屋は、海の近くにあります。
刈った頭に海風があたり風邪をひきそうだけど、
海を見て帰ります。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


ねこの涙

【 老いたねこ 鳴いて 食べて あとは寝て 】

JG C7 01 005 福岡市東区 / OLYMPUS PEN-F × DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.
福岡市東区 / OLYMPUS PEN-F × DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

老ねこが涙を流していた。
じっと座っていたところに涙の雫が落ち・・
目の周りが赤くなっていた。

人間のように悲しくて涙を流しているわけではないだろうから、
動物病院に連れていってみた。

いつもは化け猫のような声で鳴くねこが、
病院では心細いのか、妙に可愛い声で鳴いていた。

目薬と軟膏をもらって帰宅。
まず最初の一声は「ごは〜ん」。

病院での緊張から解放されたことと、お腹がいっぱいになって、
あとは、すやすやお昼寝。

それを見て、「ねこは良いな・・」と、また、つぶやいてしまった。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

野良猫

【 懐かしい 面影もなく 野良と話す 】

CB J2 19 004 福岡市東区 / LEICA M8 × SUMMARIT-M 50mm F2.5
福岡市東区 / LEICA M8 × SUMMARIT-M 50mm F2.5


久しぶりに〝香椎〟の町を歩いてみました。

〝香椎〟は松本清張氏の『点と線』出てくる町です。
JRと西鉄電車の香椎駅を核にした下町風の地域で、学生時代の一時期、香椎の市場の二階に間借りをしていました。
風呂もトイレも無い、文字通りの間借りでした。
昼間、トイレは階下の市場のなかのものを使いましたが、夜になると市場はシャッターが閉まってしまいます。
そうなると、トイレは近くの西鉄電車の駅のトイレまで行かなければなりませんでした。
風呂は銭湯です。

再開発で、その市場は姿を消し、西鉄電車も高架になり、駅舎も新しくなりました。
こうして町も日々変っていきます。

市場の跡地の日だまりで猫が日向ぼっこをしていましたので失礼して一枚。
野良猫らしい面構え。
猫は水が嫌いだから、横に「水濡注意」の注意書き・・・
これはこじつけです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

冬休み

【 冬休み 楽しい計画 立ち話 】

JG C3 11 010 福岡市中央区 / OLYMPUS PEN-F × DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.
福岡市中央区 / OLYMPUS PEN-F × DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

制服を着た私立学校の小学生。
冬休みを前に、学校の荷物を持って帰るのか、
大きな荷物を抱えて立ち話。

話題は、休み中の楽しい計画のことなのか、
成績のことなのか。

別れの挨拶は「それでは、ごきげんよう」なのだろうか?

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


バスの中

【 のんびりと ただぼんやりと 海と雲 】

JG J2 16 004 福岡市東区 / LEICA T × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.
福岡市東区 / LEICA T × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

バスの中は温室。
心地よい揺れと暖かさとで、ついつい居眠り。

でも、この場所を過ぎるまでは頑張って起きていたい。
乗用車より、少し高い視点から眺めるこの景色が好き。

雲が綺麗だ。
遠くで盛大に水が撒かれてる。

いつもなら画面に入るのを避けている外灯を、敢えて入れてみた。
雲の並びとの関係でその方が良いと判断したのですが・・

とにかく心地よいバスの中。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ