年の瀬 床屋

【 黄昏に染まる雲眺め今日も思う 】

JA J2 25 037 福岡市中央区 α7M2×ETR90F28#
福岡市中央区 Sony α7M2 × ELMARIT-R 90mm F2.8 ASPH.

年の瀬。
新しい年を迎えるのに、むさ苦しいのもなんですから、
床屋でこざっぱりと。

床屋に行っても、さして刈る髪もないのですが、
不思議なもので、鋏を入れて、剃刀をあたってもらうと、
なんとなく、男前が上がった気分になります。

行きつけの床屋は、海の近くにあります。
刈った頭に海風があたり風邪をひきそうだけど、
海を見て帰ります。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


最近のブログ記事

お陀仏かと思ったら蘇り、好物のプリンを食べてます。
もも / LEICA CL × SUM…
明るくなり 夜空に帰りそびれた星くず
福岡市東区 / LEICA Q × S…
ハワイ版〝峠の茶屋〟
Dole Plantation Oah…