2017年4月アーカイブ

CB C9 06 277 Maili Oahu Hawaii LEICA M8.2 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL#
Maili Oahu Hawaii LEICA M8.2 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

植木等というコメディアン(本人はミュージシャンと言うかも)が居ました。
その植木等が『無責任男』と云うキャラクターで売り出していましたが、あんな調子で暮らせればそれはそれで生き甲斐のある人生なのかもしれません。

『釣りバカ日誌』の〝浜崎伝助〟も、なかなか羨ましい人生をおくっています。
会社での出世より、釣りと家庭をこよなく愛する鈴木建設の万年ヒラ社員。『ハマちゃん』の愛称で皆から親しまれている愛すべき人物。

仕事よりも趣味と家庭。
万年ヒラ社員でも気にしない。
最近では〝ハマちゃん〟的生き方を望む若者も増えたようです。

無責任男で植木等さんが演じた〝平均〟(たいらひとし)や、〝源等〟(みなもとひとし)は、実にいい加減なんだけど、結果オーライでスイスイと出世していく。
それとは対照的な浜崎伝助くん。

二人ともなかなか魅力的な生き方でうらやましい限りですが、どこか腹の中では「世の中そんなに・・・」なんて思いながらも、ついつい引き込まれてしまいます。

私にとって、ハマちゃんの魚釣りにあたるものは、やはり写真を撮ることですかね。
ハマちゃんが日本中で釣りを楽しむように、あちらこちらと動き回って写真を撮ることを楽しむ。
老後の楽しみですから、人様のことは気にしないで。
見て、眺めて、感じて、撮って。
「撮りたいから、撮る」で良いじゃないですか。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


白い椅子の光

JF C4 19 020 福岡県直方市 Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 27mm F2.8#
福岡県直方市 Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 27mm F2.8

赤提灯は居酒屋の象徴。
朱に塗られて建物は、居酒屋には不似合い。

洞穴のようにぽっかりと口を開けた入り口。
その横に置かれた白い椅子。

ここが一体どういうところなのか、
その手がかりとなる〝文字〟は、どこにも見当たらない。

なんとも怪しげな雰囲気。

ただ、白い椅子に当たった日の光だけが妙に長閑でした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす 3

JF C4 27 001 ねこ Fuji X-T2 × Fujinon XF 50mm F2 R WR#
銀次郎 / Fuji X-T2 × Fujinon XF 50mm F2 R WR

ねこたちはそれぞれお気に入りの場所を持っていて、
その日の光の動きに応じて移動して一日を送っています。
これからの季節は暑くなるので、光の動きよりも、風の通り道を探しての移動します。

それでも、だいたいそれぞれのねこの居そうな場所は分かっているつもりなのですが、
銀次郎の姿が見当たりません。

銀次郎は食欲旺盛なおすもうさんねこですから、
「ごはん」と叫べば、どこにいても「は〜い」と言いながらルンルンで姿をみせるのは分かっているのですが、
姿が見えない度に〝ごはん〟を与えていたのでは、ますます重量級になるのでそれはできません。
「ごはん」の掛け声を省いて、「銀次郎〜」と呼んでも反応なし。

そんなとき、なんか気配を感じで食器棚の上を見上げたら、
とてもおすもうさんねこの体が入るとは思えない小さな籠に体を埋めるようにして(隠れているつもりなのか)、片目でこちらの動きを見ていました。

どうして、ねこって小さな箱や籠に体を押し込むのが好きなのかね。
おかげで、籠の中に入っていたものはぺしゃんこです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

犬と猫

CP C4 27 009 福岡市中央区 須崎公園 M8.2×SN 35 2A#
福岡市中央区 須崎公園 LEICA M8.2 × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

須崎公園
犬を抱えたおじさんに「写真を撮らせてください」と声をかけると
「良いよ」と撮影に協力してくれました。

人付き合いが下手で、上手く世渡りができなくて、
貧乏くじを引いてしまったような人たち(私の勝手な思い込みですが)にとって、
犬や猫は心を託せる存在なのでしょう。

横に居た別の男性が、私に向かって
「センパイも動物好きだね。うちの猫も撮っていきな。」と指差す方を振り向いてみると、
確かに私の背後に猫が居ました。

しかし、猫は犬のように愛想を振りまきません。
「フン、犬の写真なんか撮って何が面白いの・・・」と言うような白い目を向けて立ち去って行きました。

我が家にも猫が三匹居ますが、猫は本当にわがままです。
なんて言うと、猫の方から「なに言うてんのん そんなこと あんたにだけは言われたないワ」と言い返されそうなワタクシではありますが・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

想像

CB C3 05 050 大阪市生野区桃谷3丁目 LM8×SXM35F14AL#
大阪市生野区桃谷3丁目 / LEICA M8 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

何の変哲も無いものたちでも、よく眺めてみるといろいろな世界が読み解けます。
表層だけをさらっと見るのではなく、目の前の世界に入り込んでいくのです。

大阪で出会った室外機の上に置かれた出前のどんぶり。
奇麗に洗ってあります。
食べた人の人柄が偲ばれ、そこには「ごちそうさん」とい言葉が添えられているようです。

注文主はおそらく女性? 
いや、男性にも綺麗に洗って返す人は居る。
だとしたら、どんな人だろうか?

ドンブロの中身は?
女性だったら、親子丼だろうか?
男性ならカツ丼だな。。
などと、想像はどんどん拡がって行く。
それにしても、親子丼、カツ丼とはなんとも平凡な想像力。

想像の拡がる方向は、見る人それぞれで構まわない。
むしろ、そうあるはずだと思います。

そういった、変哲もないものを撮った写真もまた。
100人の人が見て、100通りの見え方をしたなら、なんと面白いことか。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす 2

JF C4 25 006 ねこ FPro2×XF35F2RWR#
銀次郎 / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 35mm F2 R WR

生き物と一緒に暮らすということはなかなか厄介なことです。
なかなか世話の焼けるのです。
朝起きぬけからおねこさまのお世話に追われます。

それに、彼女、彼らも自己主張をします。
ねこと私との間に意思の疎通をはかる共通言語は一言しかありませんので、多くは私は彼らのニャーニャー、ミャーミャー、ギャーギャーという声を聞き分けて、その意を酌んでやらなければなりません。

私とねことの間の、唯一の共通言語・・いや、一言しかないので共通単語でしょうか。
それは〝ごはん〟。
私が〝ごはん〟というと、ねこたちは喜びますし、
ねこたちも、お腹が空けば私に向かって〝ごはん〟と行っています。

何かと面倒な存在なのですが、
こうして無心で寝ている姿を見せられると、やはり可愛いものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

七年前

JC C9 18 002 福岡県直方市 Sony NEX-5 × E 16mm F2.8#
福岡県直方市 / Sony NEX-5 × E 16mm F2.8

トイレの話しが続きますので、「くどい」とお叱りの声が聞こえてきそうです。
そうなんですよ、私は〈くどい〉性格なのです。
写真を撮影するにしても、同じ場所に何度も通ったりして。
自分でもしつこい奴と思っているのですが・・・。

そんな性分ですから、今日も・・・
二度も三度も、五十歩百歩ですから・・・
いやいや・・・
『仏の顔も三度まで』と言いますから、三度までは許されると高をくくりました。
今日は便器ではなく人物が主役です。

でも、場所はこれまでと同じトイレです。
2010年9月、7年前に撮った写真です。
写真仲間から、『元の姿は意外といい雰囲気だったのでは?』とのおことばを頂いたので、
〝元の姿〟を探してみました。

このときは、まだ4箇所ともきちんと使えているようです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

一年前

JG C4 08 034 福岡県直方市 α7RII×MCW28F35#
福岡県直方市 / Sony α7RII × MC W.ROKKOR-SG 28mm F3.5

ほぼ一年前の2016年4月8日にも昨日と同じトイレを写真に撮っていました。
そして、驚きです。
この時は四つの便器のうち三つが〝使用禁止〟に。
と言うことは、改善されているということです。

以下は、その時のものを加筆訂正したものです。

筑豊の直方市へ出かけました。
目的があってのことではありません。
ただ、ぶらぶら歩いて、何枚か写真が撮れればそれで良いのですが、
その写真がなかなか思うようには撮れません。

暫くほっつき歩いた後、
家ではねこが待っているので、そろそろ帰るかとバスセンターへ。
一時間くらいのバス旅の前に、用を足しておくかおくかと、
トイレに入ってびっくり。

四つ並んだ小便器のうち、三つまでが使用禁止。

修理する気があるとは思えない状況に、
喜んで写真を撮っていたら、用を足すのを忘れてバスに乗り込んでしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JF C4 19 014 福岡県直方市 LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6 / JF C4 19 014#
福岡県直方市|西鉄バスセンター / LEICA M-P × SUMMARON-M 28mm F5.6

取り壊しが決まっている直方バスセンターのトイレ。
どうせ壊す建物だからということでしょう、
ずいぶんとひどい状態です。

それにしても、もう少しなんとかならないものか。
そんなことを思いながらも、トイレ好き(?)ですから、記念にパチリ。

撮影したの2カット。
画面左端の入り口をカットして、便器に集中したものも撮っているのですが、
そちらは、なんとなく気分が滅入るので、
明るい外光を取り入れた、こちらの写真を見てもらうことにしました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

JF C4 19 008 福岡県直方市 FPro2×XF27F28#
福岡県直方市|西鉄バスセンター / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 27mm F2.8

取り壊しが決まっている直方の西鉄バスセンター。
そこの待合室です。
現在はロープが張られて、立ち入り禁止になっています。

使われなくなった待合室の椅子。
壊されて廃棄されてしまうのか・・
悲しい状況を思い浮かべてしまうところですが、椅子たちは妙に明るく元気そうに見えましたので、
次の活躍場所が約束されているのかも知れません。

黄色い椅子の中にオレンジ色の椅子が混じっているところに着目。
ロープに体を押し付けて、できるだけ前から撮りました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ギャンブル

JF C4 19 006 福岡県直方市Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 27mm F2.8#
福岡県直方市|西鉄バスセンター / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 27mm F2.8

ギャンブルはやりません。
その訳は、勝負事に弱いと自覚していることと、
短気な性分なので、負けがこむと、のめり込んでしまいそうな危険性が大いにありそうなので、
君子(それほど大したものではないけれど)危うきに近寄らずといったところです。

取り壊しが決まっている、直方の西鉄バスセンター。
そこで偶然見つけたバス乗り場。

〝芦屋ボート〟と〝飯塚オート〟に向かうバス乗り場がありました。
ご丁寧に芦屋ボートの出走表を入れる箱もぶら下がっています。
今日はレーズの開催日ではないようで、バス停は閑散としています。

何枚か写真をとったけれど、どれもパッとしません。
唯一、このカットだけがガラス窓の向こうに居るご婦人が顔を上げていたので、これを選びました。

頭上の案内板。
〝芦屋ボート行き乗り場〟書かれた紙が貼られている、
その下は、何と書かれていたのでしょうか?

ギャンブルはやらないのでそのあたりのことは詳しくないのですが、
思い当たるのは〝小倉競馬〟でしょうか・・〝小倉競輪〟〝若松競艇〟でしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

奇遇

JZ C1 06 006 福岡市東区 LEICA M9 × C Sonnar 50mm F1.5 ZM#
福岡市東区 LEICA M9 × C Sonnar 50mm F1.5 ZM

カツラ屋のショーウインドー。

私の髪の毛が薄いので、カツラ屋のショーウインドーが気になる・・という訳ではないのですよ。
その証拠に、普段は全く見向きもしないで、この前を通り過ぎています。

いつもはブラインドが降りていたり、
ブラインドが上がっていても照明が消えていたりして、
とても写真を撮ろうなんて気持ちにはなりません。

このように、ブラインドが上がって、照明が点いているところに出くわすのは珍しいことです。
周囲が薄暗くなり、
ショーウインドーに灯がはいり、
閉店で、ブラインドが降ろされ、照明が消えるまでの、
束の間に、
丁度、私がこの前を通りかかる・・

そんな偶然の重なり。
まさに奇遇が写真を撮らせる


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

暗がり

JS C5 09 026 福岡市博多区 XT1×XF23F1.4R#
福岡市博多区 / Fuji X-T1 × Fujinon XF 23mm F1.4 R

〝 廃屋に 置き去りにされた人形寂し 〟

デジタルカメラを使うようになって、私の写真は黒白写真からカラー写真に変わりました。
もう一つ、日暮れ頃や仄暗い場所での写真が多くり、まれに夜の写真も撮るようになりました。

黒白フィルムで写真を撮っていたときには、暗くなると思い通りの調子の写真が得られず、
日暮れとともに〝日没閉門〟でした。

それがデジタル技術の進化で、夜でも写真が撮れる時代に。
ISO感度も、かなりの高感度まで自在に変えられます。

しかし、夜の写真が簡単に撮れるようになった云うのに、
こちらは、年老いて、日暮れとともに睡魔に襲われる有様です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

朝練終えて・・

CF C5 16 004 福岡市東区 / Canon EOS Kiss Digital X × EF 24mm F1.4 L#
福岡市東区 / Canon EOS Kiss Digital X × EF 24mm F1.4 L

〝 野球部員 日焼けた顔で向かう教室 〟

〝朝練〟
懐かしい言葉です。

高校で野球部に所属している学生さんなのでしょう。
早朝からの練習を終えて、教室に向かっているようです。

三人に足取りがどことなく重いように見えます。
激しい練習で疲れているのか、
ヘマをしてコーチに叱られたのか、
はたまた、これから勉強ということで気が重いのか・・

三人の足並みが揃ったところを撮りたかったのですが、
一番手前の彼の歩幅が狭かったのが残念。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

格安食堂

CP C3 16 029 北九州市門司区 / LEICA M8 + Biogon 35mm F2 ZM#
福岡県北九州市門司区 / LEICA M8 × Biogon 35mm F2 ZM

〝 ラーメンと餃子を食べて20円 〟

北九州は門司に餃子が20円、ラーメンが00円というお店がありました。
すごいでしょ。
昼ご飯を食べるところを探していて見つけたのです。

まあ、こんな美味しい話はあるはずもなく、
100円の位の数字が紫外線で退色してしまい、こんな状態になっているのでしょう。

それにしても、そんな状態で放置しているところが凄い。
ちょっと強面のお兄さんが店に入ってきて、ラーメンと餃子を注文したとしたら、
ひと揉めあるのではと想像してしまいました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

人間観察

JF C4 02 003 福岡市博多区中洲 / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R#
福岡市博多区中洲 / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R

〝 千鳥足、猫に人間観察されている。 〟

画面左奥は野良猫のための水飲み場。
世話をしてくれる人がいるようで、綺麗な水が入っていました。
可愛がられているのでしょう、人をそれほど恐れていません。

酔客を呼び込む招き猫?
上客かどうか、私を値踏みするような猫の視線。

「社長、いい娘いますよ・・」と言われても、
これから向かう居酒屋は、カウンターの向こうは薹が立つたご婦人ばかりの安酒場。

財布の底を叩かなくても良いような、安価で気楽に酔える店が一番。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


目が合った

JF C4 02 020 福岡市博多区上川端 冷泉公園 / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R
福岡市博多区上川端 冷泉公園 FPro2×XF18F2R

〝 ひと休み、鞄の中から取り出したパンをレッサーパンダが見てた。 〟

本当はパンではなくて、蒸気屋の〝かすたどん〟なのですが。
散歩の途中で買った菓子を、
公園のベンチでひと休みして食べました。

散歩の途中で食べるつもりで買ったのではなかったのですが、
気持ちの良い気候にの所為でしょうか、
たくさん歩いて小腹が空いたので、つまみ食いです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす

JF C4 02 001 福岡市東区 Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R#
もも / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R

〝 彼女は自分が美しく見える場所を知っている 〟

ねこが寝ているのは私の座椅子の上。
平らにして寝転がることもでき、日頃はここでごろごろとしている。

しかし、ちょっと油断をすると、ご覧のような状態。
我が家のねこ三匹が代わり番こに寝ている。

彼女、彼らを押しのけて私が寝転がると、
三匹が体の上の乗ってきたり、脇の下、股座に頭を突っ込んで寝たり・・
ねこも三匹となると重い。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

輝く一年生

JF C4 07 004 福岡市東区 / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R#
福岡市東区 / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 18mm F2 R

〝 子供の頃、妙に気恥ずかしかった白い靴 〟

靴も、
靴下も、
制服のワイシャツも・・
白く輝いている。

新一年生は、
全てが輝いている。

ズボンが妙に短いのが気になる。
いま流行りのくるぶしまでの長さにしているのか?
それほど色気付いていないように見えるのだが。

なんといっても、まだ何色にも染まらぬ純白の一年坊主だから。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

野良?

JA C4 19 080 熊本市 NDf×AiNi35F2.8#
熊本市坪井 / Ricoh GXR × GR LENS 33mm F2.5 Macro

〝 塀の上、この町に似合いの猫がいる 〟

只者ならに風貌。
百戦錬磨の強者か。
眼光鋭く、塀の上から睨みを効かせる。

このあたりの野良猫のボスだろうか?
しかし、よく見ると鈴のついた首輪をしているので、どこかの飼い猫だろうか?

首輪が窮屈そうなのがちょっと気になる。
子猫のときに首輪を着けたまま捨てられたのか・・

野良猫の似合いう町を歩くのが好き。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

悲しきサボテン

JC C3 22 018 熊本市坪井 / Ricoh GXR × GR LENS 33mm F2.5 Macro#
熊本市坪井 / Ricoh GXR × GR LENS 33mm F2.5 Macro

〝 我が家にサボテン一鉢。最近、見てやっていない。 〟

サボテンは水をやらなくても、
放っておいても、
なんとなく生きている。

丈夫で手間いらず。
そう思われているサボテンはちょっと可哀想でもあります。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


JE C5 04 019 熊本県阿蘇市波野 / LEICA M-9P × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.#
熊本県阿蘇市波野 / LEICA M-9P × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

〝 いま、このとき、最も居心地の良い所に猫はいる 〟

猫は
光と
風の動きを見計らって
自分の居場所を決めています。

春のこのひととき、
この窓に差し込む光は
ねこに程よい温かさを届けてくれているようです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

少年は興味津々

JA C4 19 066 熊本市  / Nikon Df × Ai Nikkor 35mm F2.8#
熊本市動植物園 / Nikon Df × Ai Nikkor 35mm F2.8

〝 象の鼻、少年を喜ばそうと精一杯伸ばす。 〟

震災前の熊本市動植物園。
園の中外を隔てるフェンスが、動物の檻のように見え、
子供がその檻の中に居るような錯覚を覚える。

少年の目は象の鼻の動きに釘付け。
その好奇心が、人をその方向に向けて成長させる。

歳をとると、分かりきったこととして、
何事に対しても興味や好奇心が薄れている。
それが老いに拍車をかけるのだろう。

少年の背中を見て、反省しきり。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


新緑

JZ C5 05 015 熊本県阿蘇郡  SONY NEX-7 × SONNAR E24mm F1.8#
熊本県阿蘇郡 SONY NEX-7 × SONNAR E24mm F1.8

〝 春の風は明るい緑色の衣を靡かせて踊る 〟

若葉の季節。
草や木は新芽を吹いて明るい緑色。
その明るい緑色が好きなので、この新緑の時期は気持ちが晴れ晴れします。

しかし、寒さ、温かさを繰り返す春は、寒さに弱い身としてはいささか過ごしにくく、
季節そのものは、
明るい緑色がどんどん色濃くなり、
汗が滲むようなになる頃からが一番、私の体に合っているように思います。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

遠くに牛

JE C5 03 023 熊本県阿蘇郡小国 Sony RX1 × Sonnar 35mm F2#
熊本県阿蘇郡小国 Sony RX1 × Sonnar 35mm F2

〝 青し空、白い雲、そして黒い牛・・牛は何処だ 〟

稜線に牛・・
この状況に気づいて車を止めた時には、
青空に白い雲が並んで浮かび、
稜線には数頭の牛の姿が見えました。

稜線に牛一頭。
これが私のイメージした絵。
そう、スペーンの牛の看板のように。

牛はゆっくりと移動し、
最後に黒い牛だけが残りました。
注文通り。

しかし、この日のレンズの焦点距離が24mmと35mm。
悲しいかな、あまりにも牛が小さくしか写らない。

思い悩んでいるうちに、
牛はゆっくりと歩き始めました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CG C3 11 014 熊本県菊池郡  / RICOH GR Digital × 5.9mm F2.4#
熊本県阿蘇郡一宮町 / RICOH GR Digital × 5.9mm F2.4

〝 乳牛の絵に ふと足止めてこころ和ませ 〟

〝牛〟
牛が好き・・なような気がしています。
厳密には牛の絵や写真と言った方が良いかも知れませんが。
牛の写真や絵を見るとついつい見入ってしまいます。

無骨だけれど、愛嬌があり、
どこか寂しげなところが良いのかも使れません。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

CG C3 11 018 熊本県菊池郡 RICOH GR Digital × 5.9mm F2.4#
熊本県阿蘇郡一宮町 / RICOH GR Digital × 5.9mm F2.4

〝 ここからバスに乗り込むのは吹く風くらいのものか 〟

前回同様、2006年の春に熊本で撮った写真です。
現在もこのバス停が存在しているのかどうか分かりません。

〝牧場〟
「ぼくじょう」と読むよりかは「まきば」と読んだ方が似合うような長閑な景色。
このバス停を利用する乗降客は居るのか居ないのか?

ちょうど、そこにバスがやってきて、(空想です)
雪駄履きにトランク下げた〝フーテンの寅さん〟が一人、降りてきて周りをキョロキョロ見渡し、
「何にもないじゃね〜か」と呟く。
大きな欠伸と、背伸びをして・・「さてと・・」と思案する。
そんな絵が撮れそうなバス停。

いい写真が撮れました。(私なりにですが)

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

春の空

CG C3 11 010 熊本県菊池郡大津町 / RICOH GR Digital × 5.9mm F2.4#
熊本県菊池郡大津町 / RICOH GR Digital × 5.9mm F2.4

〝 春の空は、寝転んで見上げるのが一番良いようです 〟

倒れた自由の女神。
どこかで用済みになったものが、ここに運ばれてきたものだと推測しています。
なので、正確には〝倒れた〟ではなくて〝寝かされた〟とか〝置かれた〟と言うべきなのでしょう。

熊本の震災から一年。
そんな時期のこの写真ですから、地震で倒れた・・と見られなくもないのですが、
この写真は2006年の春に撮ったものでしから、震災とは無関係です。

世界はいま、きな臭い状況になっています。
人間社会の崩壊の象徴として撮ったものでも勿論ありません。

私にとって2006年は、まだフィルムを主流に写真を撮っていた時期です。
この写真も試しに初めて買ったデジタルカメラでメモ代わりに撮ったもで、
デジタルで撮った最初の熊本かも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

来年は・・熊本へ

JE C3 30 071 熊本市 Sony RX1 × Sonnar 35mm F2#
熊本市|熊本城 / Sony RX1 × Sonnar 35mm F2

〝 出番前の少女は少し緊張気味 〟

震災前の熊本城で・・
桜の頃です。

熊本城内で開催された〝桜祭り〟(正確な名称ではないかも知れません)で、
踊りを披露する少女。

出番前の緊張のときに、ややこしい爺さんにカメラを向けれれ、
一層、気が動転したかも知れません。

震災の後、
今年も桜は咲いているでしょうね。
でも、お城の被害が甚大で、桜の季節のお祭りは実施できなかったと思います。

来年は、また熊本へ桜を見に行けるといいのですが。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

大人気なし

JJ C3 10 031 大阪市福島区吉野 LEICA M9 × SUMMICRON-M 28MM F2 ASPH.#
大阪市福島区吉野 LEICA M9 × SUMMICRON-M 28MM F2 ASPH.

〝 追い越され、また追い抜いて、大人気なし 〟

うららかな日差しの中、
せっせと歩いたけれど、撮った写真はお約束の猫の写真くらいのものでした。
歩くことに夢中になると、周りに目配りができなくなり、
多くの被写体を見過ごしてしまい、撮れる写真も少なくなります。

歩くことに熱中してしまった理由は、
女の子に追い越されてしまったからです。

若い子に追い越され、
老いぼれた自分に気付かされると同時に、
まだまだ若いものには負けるものかと、
年甲斐もなく、妙な闘争心が湧きあがり、
追いついて、追い越して、
追い越したら再び追いつかれないように後ろも振り返らずにせっせと歩き続けたことで、
写真を撮るために散歩している・・と云うことを忘れてしまったようです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ