2017年8月アーカイブ

ねこと暮らす


【 季節が移ると ねこも寝場所を移す 】


JG C7 06 006 福岡市東区 Pro2×XF35F2RWR#
もも / Fuji X-Pro2 × Fujinon XF 35mm F2 R WR

明け方、我が家の白猫が布団に潜り込んできました。
夏の間は猫も暑いようで布団のなかに潜り込んでくることは無いのですが、
今朝は猫も布団に潜り込みたくなるくらい寒かったのでしょう。
猫も秋モードに入ったようです。

猫が布団に潜り込んでくるのは良しとしても、
股の間で丸くなって寝るものですから、その間、こちらは股を開き気味にして、片膝たてて猫が寝る空間を確保してやらなければなりません。

片膝を立てるのは一苦労です。
また、そんな季節の到来です。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


【 ねこ ごろごろ 寝るを楽しむ 】


The cat which bunks down
銀次郎 / Olympus Pen-F × LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.

とにかくよく寝る。
三匹の猫がそれぞれの寝ぐらを確保し、
一日、ごろごろ、すやすや。

季節によって、時間によって、天候によって、
それぞれに最適な寝ぐらがあるようで、

そのお余りの場所で、老人もごろごろ。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

白い看板


【 このままに しておけば良いのに 白い看板 】


JF C8 25 024 福岡市中央区 OPenF×LXG14F2.8II72.500.JPG
福岡市中央区天神 / Olympus Pen-F × LUMIX G 14mm F2.8 II ASPH.

看板を新しくしている。
一旦白紙に戻し・・ということなのか、綺麗に白一色。

以前は、どのような看板だったのか全く思い出せない。
これからどのような看板になるのか興味もない。

白く綺麗になった看板の向こうに
傾きはじめた太陽。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


【 立てば直ぐ 待ってましたと ねこ椅子に跳び乗る 】


JF C6 24 005 ねこ SA7RM2×SoFE35F2.8ZA 72.500.JPG
銀次郎&茶太郎 / Sony α7R.2 × Sonnar 35mm F2.8

ちょっと椅子から立って、再び戻ってくると椅子はねこに占領されている。
他にも椅子はあるのに・・
どうやら人の座ったあとの温もりが良いようです。

こんな枯れた年寄りの座った後など、加齢臭こそすれ、温もりなんて大して 望めないはずなんだけど。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

日本海


【 海が見たくて 遥々日本海 】


CP C8 22 007 島根県浜田市 LEICA M8 × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.#
島根県浜田市 LEICA M8 × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

最初に目にした〝日本海〟は、
ちょっと寸詰まりなバスの腹に書かれた〝日本海信用金庫〟の文字。


CP C8 22 061 島根県浜田市 LM8×SNM28F2A 72.500.JPG

最後は日本海を背にして、自分の影を撮って記念写真。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

人もレンズも


【 猫が居る 網戸の内外 猫が居る 】

JS J1 15 033 佐賀市 LEICA M9P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.#
佐賀市 LEICA M9P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

写真レンズと写真を撮る側にも相性というものがあるようです。
他人は良いと言うのだけれど自分はそうは思わないと云う経験も度々です。

憧れて手に入れたけれど結果が出せないレンズもあれば、ぴたりと壷にはまったようにレンズの持ち味が写真のなかで発揮され、お気に入りの一枚と言われる写真を提供してくれたレンズもあります。

私たち写真を撮る側の人間が云う、良いレンズとは往々にして、記憶に残る写真が撮れたときに、そのレンズは良いレンズだと感じることが多いようです。
要するに良し悪しというより好き嫌いと言うべきでしょうか。

自己主張があまり強くなく、素直でそれでいて程よく個性的、そんなレンズが好きです。
人間も同様だけれど、人もレンズもなかなかそう簡単には見つからないものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


小さな海


【 通りすがりに小さな海が見えた 】

CP C8 20 001 福岡市東区 LEICA M8 × G.Rokkor 28mm F3.5#
福岡市東区和白 / LEICA M8 × G.Rokkor 28mm F3.5

家の前の道を左に進めば山、右に歩めば海。
散歩で海が見たければ右方向に舵をとり、
山の空気が吸いたければ左に歩み出す。

山あり海ありで、良いところに住んでいるとつくづく思います。
しかし、海だ山だと言っても、埋め立てで野鳥が居た干潟も駄目になり水も澱んだ入江と、小高い丘のような山ですが贅沢は言えません。

ブロック塀の間を抜けると、
満潮で足元まで海水が満ちていました。
水辺に立ち、ぼんやり海面を眺めていると遠くで魚が飛び跳ねるのが見えました。
魚が元気に飛び跳ねている様子を見て、元気を吸い込んだような気持ちになりました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

精進揚


CP C8 19 003 福岡市東区 LM8×GR28F3.5#
福岡市東区 / LEICA M8 × G.Rokkor 28mm F3.5

客が置いたのか、
店先で白い日傘が朝日に輝いていました。
奥の日陰のとことに大玉の水瓜が、
「そろそろ季節外れかなぁ」とひそひそ話をしている様子。

我が家では夏場、西瓜をよく食べますが、今年はもう水瓜のシーズンは終わりです。

今夜の夕食は精進揚げ。
蓮根、なす、薩摩芋、カボチャなどなど大好きな野菜ばかり。
薩摩芋の天ぷらは良いですね。
懐かしい昔の記憶を呼び覚ましてくれます。
芋の天ぷらにはソースですかね、それとも大根おろしに醤油ですかね。
両方用意して、美味しさ二倍。
お酒の量も二倍・・・二倍で四倍。

最後は大好物のキュウリの漬け物でサッパリ。
可哀想にキュウリは天ぷらになれないみたい。
でも、少し油っぽくなった口の中で、茄子や蓮根たちとは違った自己主張をしてくれていました。

この食欲ですから、明日も元気で過ごせる予感がします。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

あいも変わらず


Wall in a construction site
福岡市中央区 Sony α9 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.


普段は無精をして家でごろごろしているものだからか、足腰の衰えを自覚するようになりました。
怠惰に過ごすと、すぐに体が萎えてしまう、そんな歳になってしまったのでしょう。

若い頃には持ち前の馬力で押し通せたものが、歳とともにそうもいかなくなってきている。
やはり毎日こまめに体を動かしていないと節々がすぐに錆びついてしまうようです。

何かにつけ、最近、ふとしたことで歳を感じてしまうことが多くなった。
とは云っても、このことを嘆くつもりはない。

変化すると云うことは、昨日と違う今日の自分がそこに居ると云うことなので、それはそれで楽しいことだと思っている。
はい、決してやせ我慢ではなく。

しかし、「昨日と違う自分がそこにある」とは言ってみても、なかなか昨日の自分と決別することは難しい。

やっぱり昨日と同じように訳の分からないものにレンズを向けている自分が今日もここに居ました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


JF C6 11 015 福岡市東区 Sony α7S.2 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA#
福岡市東区 Sony α7S.2 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA


ファミリーレストランの窓。
白い帽子が二つ並んでいた。
老夫婦が順番を待っているのだと思いながら、窓の前を通り過ぎた。

少し歩いたところで、やはり白い帽子が気になって引き返した。

通り過ぎてから「やっぱり撮っておこう・・・」と引き返して、写真に撮ることが多くなった。
行き過ぎて、引き返して・・そんな老いの散歩を楽しんでいる日々です。

引き返して分かったことがあります。
このご夫婦は席が空くのを待っていたのではなく、料理は家に持ち帰ってから食べるらしく、
その料理の出来上がるのを待っていたのでした。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

とりあえず・・・


CP C6 19 015 大分県別府市 LEICA M8 × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.#
大分県別府市 LEICA M8 × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

「まずはビール」とよく聞く。
「とりあえずビール」とも言う。
しかし、「とりあえず」じゃ、ビールが可哀想な気がするので、「先ずはビール」と言った方が良い。
先ずはビールで喉を湿らせて、これからアルコールを注ぎ込みますよと胃の腑に挨拶する。
それが「まずはビール」。

焼酎やウイスキーなどの蒸留系のお酒を好む、そんな私でも、夏場はやはりビールを呑みたくなることがあります。
一汗流した後に、ビールを一気に呑むと格別旨く感じる。
ビールは一気に流し込むのに限る。
チビリチビリは似合わない。
一気にジョッキを空にして、「今日も元気だビールが旨い」と己の健康を喜ぶ。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


PB J1 14 206.22 鹿児島市 Leica M5 × Summaron 28mm F5.6
鹿児島市 Leica M5 × Summaron 28mm F5.6

〝ボンタンアメ〟と〝兵六餅〟に関して、古い写真を引っ張り出してきました。
撮影は1998年の鹿児島です。

町角の菓子屋。
さすが鹿児島。
いささか褪せていますが〝名物 兵六餅〟と〝南国特産 ボンタンアメ〟の看板が建物の壁にデ〜ンと掲げられています。

テントの庇も看板同様だいぶ年季が入っています。
撮影してから20年弱の歳月が経過した今。

〝国分屋菓子店〟は健在でしょうか?


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

「ボンタンアメ」と「兵六餅」。
鹿児島の「セイカ食品」が販売しており、全国的にはどの程度知名度があるかは分からないけれど、九州ではコンビニあたりでも目にする。
大好きというほどでもないけれど、ちょっと古めかしいパッケージを見かけては、時折、買ってしまいます。

CP C8 14 005 福岡県福津市 LEICA M8 × SUPER ELMAR-M 18mm F3.8 ASPH.#
福岡県福津市 LEICA M8 × SUPER ELMAR-M 18mm F3.8 ASPH.

JR鹿児島本線の博多から北九州に向かう中程(「東福間駅」と「東郷駅」との間)に、その「兵六餅」の小さな看板がある。
北九州に向かって右側の車窓から見ることが出来る。
古くからの農家と思われる建物の土壁に、ちょっと傾き加減でその看板は貼付けられている。

白地に黒文字で、『名物 兵六餅』とだけ書かれたホーロー仕立ての小さな看板は素っ気ないもの。
そんな看板が随分と昔から気になっていた。
いつか写真を撮りにと思いながらも、随分と時間が経過してしまっている。

方向から考えて、撮影は看板に西日のあたる夕方が良いと判断。
「東郷駅」で下車。残暑の中を汗を拭き拭き歩いて、物好きな写真を撮りました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

仏壇花

CF C8 21 037 福岡市中央区柳橋連合市場 CANON EOS Kiss + EF-S 17-55mm F2.8#
福岡市中央区柳橋連合市場 CANON EOS Kiss + EF-S 17-55mm F2.8

スーパーマーケットで一人の老人(私も老人の一人ですが・・・)が目に留まりました。
年齢は70歳半ばくらいでしょうか。
安売りのインスタントやきそばの前に立ち、商品を手に取りあれこれと悩んでいる様子でした。
腰が少し曲がっており、左手にスーパーの買い物かごを下げている姿に、どことなく侘いものがありました。
そのかごの中には小さな花束が入っているだけで他には何もありません。

花は仏壇に供えるのでしょうか。
今日が亡くなった連れ合いの命日なのか、
それとも、花の好きだった奥さんのために生花を欠かさないようにしているのでしょうか。

老人は、長年連れ添ったかみさんに先立たれ、男一人老後の人生を歩んでいるといった寂しさが、インスタント焼きそばを選ぶその手つきや、腰が曲がり少し前屈みになった姿勢から伝わってきます。

私もインスタント焼きそばが好物です。
ついつい、その老人に自分の姿を重ねてしまっていました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

脱力系案山子


【 】

The scarecrow which takes a break
福岡市東区 / Minolta XD × Rokkor 35mm F1.8


私の暮らしの周りにはまだまだ長閑な景色が残っています。
観光客目当てではなく、実用の案山子も見かけます。
今時の雀やカラスがこんなもので恐れるとは思えないのだけど、まあ、無いよりはましと云うものでしょうか。

案山子以外にもキラキラ光るテープやCD、それに、カラスに模したものをぶら下げて害鳥除けにしていますが案山子の方が愛嬌があって心和みます。
実用的効果がそれほど望めない、ちょっと間抜けなものに、我々は愛嬌を感じるのでしょう。

写真においても、これみよがしに力こぶの入ったものより、多少間抜けで愛嬌が感じられるものの方が私好みなのですが、
いざとなると、力も無いくせに力こぶをみせたくなってしまうあたりが、「まだまだだな・・・」と云ったところです。

すでに浮世離れしているのだから、上の写真の案山子のように脱力姿勢で、のんびりと行きたいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

検査嫌い


【 マネキンも 肩が凝ったと 腕投げ出し 】

JA C8 12 023 福岡市中央区 ND810×AFNI28F2.8D#
福岡市中央区 / Nikon D810 × AF NIKKOR 28mm F2.8 D

健康保健では、
高齢者に属する歳になりました。

看護師さんが「検査は全て無料になりますよ・・」と笑顔で〝問診票〟をくれた。
只だから、しっかり検査しましょうね・・ということだろうけれど、

病院嫌いの臆病者ですから、
金を払ってでも、検査を避けたいのが本音なんだけど。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

雨になりそう


【 曇り始めた空を気にする黒い猫 】

CP C8 11 014 北九州市八幡西区萩原 LM8×GR28F3.5#
福岡県北九州市八幡西区萩原 / LEICA M8 × GR-ROKKOR 28mm F3.5


暇を持て余している訳ではなく、家にいても何かしらすることはあって一日があっと言う間に過ぎていきます。
しかし、ねこの世話以外これといったノルマのある生活ではないので、毎日、暇といえば暇です。

退屈凌ぎに、外に出かける口実を見つけて外に出るようにしていますが・・
その口実もどうでもいいことばかりだから、ちょっとしたことで腰砕け。

何とかかんとか無事に家を出てたのですが、
歩いているうちに空模様が怪しくなってきた。

黒猫も雨が気になるのか空を見上げていたので、一枚撮った。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


ねこと暮らす


【 ねこたちの 爪痕残る 家の中 】

Obesity cat 〝Ginjiro〟
銀次郎 / Sony A7SM2 × E20mm F2.8


私くらいの年齢になると「残された時間」について考えることがあります。
過ごして来た膨大な時間に比べると、残された時間は神のみぞ知るではあるけれど、
そう多くはないことは凡夫にも想像はできます。

何事に置いても「無駄は悪」とは考えたくないが、振り返ってみると、
ずいぶん無為な時間を過ごしてきたものだと思う。

これまでのことを反省して、「残り少なくなった時間を無駄にせず・・」なんて優等生的なことはを言っても息苦しくなるので、
「猫のようにのんびり暮らしていければ上等。」

ということで、これまで通りだらだらと過ごし、「あ〜、ゴクラクゴクラク」と言いながら明日を迎える・・明日を迎えられなかってもそこは極楽。

こんなことを言っていても、まだまだ極楽には行かないと高を括っています。
〝憎まれっ子〟でしたし、ねこの世話もしてやらなければならないし。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

触発されて


【 ねこと一緒にいるとやたら眠い 】

熊本県 / 携帯電話 DoCoMo P505is / P4.3mm F2.8 ASPH. / CA C2 06 001 /
熊本県 / 携帯電話 DoCoMo P505is / P4.3mm F2.8 ASPH.


写真仲間の河野君が〝カクイわた〟の看板を撮った写真をfacebookに載せているのを見て、
私のこの写真を思い出しました。

撮影は2004年2月6日。
携帯電話のカメラ機能を使って撮った一枚です。

私のデジタル第一歩は携帯電話のカメラ機能から始まりましたが、
いまでは全く携帯電話で写真を撮ることはなくなりました。

何と言っても、未だにハゲハゲ(私の頭ではないですよ)で、傷だらけになった二つ折りの携帯電話を使っているものですから。
写真はカメラで撮りますから、携帯電話はそれで十分。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

石拾い


【 庭に散らばった小石を百個拾い集めた 】

Stop place mark
福岡市東区 / LEICA M8 × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

夜が明け始めた頃、
雨戸を開けに外に出たら、
薄暗い大気の中、庭土の上に散らばった小石が目にとまりました。

一つ、二つと数えながら摘み上げ、
半分、土にめり込んだものはスコップでほじくり出し、

百個数えたところで止めました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

皆さん元気かな?


FP C8 07 115.023 島根県邑智郡羽須美村立口羽小学校 M4×Sx 35F1.4#
島根県邑智郡羽須美村立口羽小学校 / LEICA M4 × Summilux 35mm F1.4

島根県邑智郡羽須美村立口羽小学校で撮ったものです。
8月でしたから夏休み中です。
昔の学校は開けっぴろげで、休み中でも子供の声で賑やかでした。
今は難しいようですが、当時は部外者の私たちでも校庭には自由に立ち入れました。

撮影から約40年の年月が経過しています。
40年くらい前と云うことは私は30歳を少し過ぎたところ。
若くて元気だったなぁ。

ここに写ってくれた子供たちも、今では50歳くらい。
古い写真を見ると、そこに写っている人たちの今に想いを馳せてしまう。

みんな元気にしているだろうか。
私は元気です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

夫唱婦随


JC C8 06 032 熊本県安蘇郡西原村 LEICA M8.2 × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.#
熊本県安蘇郡西原村 LEICA M8.2 × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.#

夫が前を歩き、妻はその後に従う。
〝夫唱婦随〟という夫婦の形なんていまどき流行らない。

私は亭主関白ではなかったけれど、このような夫婦のかたちも良いものだと思っています。

ただ、実際のところは、妻はおとなしい顔をしながらも夫の手綱をしっかりと握っている。
夫は妻に繰られる馬車馬ということ。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JF C6 28 004 もも LMP×SXM35F1.4A#
もも / LEICA M-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

日頃から何かとねこたちに気を使いながら暮らしています。
外出するのにも、ねこたちの様子を見計らって出かける。

老ねこ〝もも〟は、外が見えるこの場所でいつも私の帰りを待っています。
帰りが遅れるとご覧の表情。

「遅〜い」と、文句たらたら。
虫の居所が悪ければ、畳の上にゲロを吐いてくれている。

トイレには〝うんこ〟。
ねこのうんちは臭いがきついので、締め切った家の中に臭が充満。

今度はこちらが、文句たらたら言いながら後片付け。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

Airmail


CP C8 03 001 福岡市東区 LM8×SXM35F1.4AS#JPG
福岡市東区 LEICA M8 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL

道ばたに紙ヒコーキが落ちていた。
よく見ると、その紙ヒコーキは封筒で出来ているようで、翼のところに郵便番号を書き込む升目が印刷されていました。

その朱線の升目に興味を惹かれて、
「これが、ホントのAirmail」とかなんとか言いながら・・・写真に撮ってみた。

もう少し近づいて・・と思わないでもないのですが、
この日のカメラは距離系連動式とかレンジファインダー式とか云われる方式のカメラで、
その、構造上近づいて撮れないのです。

レンズは今風のオートフォーカスではなく、自分の目と手でピントを合わせるマニュアルフォーカスレンズ。
この紙ヒコーキの写真は、あらかじめレンズを最短距離のところまで繰り出しておき、あとは自分の体を微妙に前後させてピントが合ったところでシャッターを押したのです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

青春は〝緑〟が似合う


JF C7 04 008 福岡市東区 Sony A9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA#
福岡市東区 Sony A9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

運動部の学生らしい三人連れが、
大学の校舎を出て、グラウンドの方に向かう様子。

緑の中を歩く彼らの後ろを歩きながら、
〝青春〟の時期は、
〝青〟より〝緑〟の方が似合うと思った。

有り余る時間を持つ彼らが、
なんとも羨ましい。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

鳥の恩返し?


CB C8 09 087 東京都大田区 LEICA M8.2 × ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.#
東京都大田区 LEICA M8.2 × ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.

車の往来が結構激しい道。
「鳥の死骸があるな・・・」と思いながら、一旦、その横を通り過ぎた。
このままにしておくと、車の車輪の下敷きになり無惨な死に様を晒してしまうだろうから、車の通らない草むらにでも移してやろうかと一瞬歩みを緩めたのですが、人目を気にしてそのまま通り過ぎました。

何メートルか行き過ぎたところで、やはりこのままでは可哀想だと、再び戻り拾い上げた。
熱いアスファルト道路の上に転がっていたこともあって体はまだ暖かかった。
死後硬直もなく、ほんの少し前に落命したばかりで、車に敷かれる難を逃れたのだろう。
そこに、こころやさしいおじいさん(私ですよ)が通りかかって、ヨカッタ・ヨカッタ。
草むらの土の上に寝かせ、上から枯れ草をかぶせた。これで一安心。

それまで散歩中に一回もシャッターを切るようなものと出会えなかったのに、
鳥を埋葬したあと、何枚か写真が撮れた。
鳥が「ありがとう、こころやさしいおじいさん」と恩返しをしてくれたとは思わないが、
良いと思うことをした後はこちらの気持ちにも何かしら変化があり、目の前の世界の見え方が変わったのだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

四当五落


随分昔、受験生の間で囁かれていたジンクスのようなものがあります。
それは〝四当五落〟です。

睡眠時間が四時間だと合格、五時間だと不合格ということ。
つまり、寝る間も惜しんで勉強しなさいということでした。

生理学的には睡眠不足で問題ありそうだけど、まあ、心意気ということでしょう。

CB C8 07 083 群馬県 上信電鉄 LEICA M8 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL#
群馬県 上信電鉄 LEICA M8 × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPHERICAL


夏休みで通学電車はガラガラ。
夏期講習に出席していると思われる学生が思い思いに参考書を開いて車中勉強。

そんなかで、猛勉強で疲れているのか、大胆な寝相の学生が。
はてさて彼は志望校合格の栄冠を勝ち取れるのでしょうか。
〝果報は寝て待て〟ですかね。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ