どこに行っても猫


〝 見知らぬ街の入り口では猫が待ってくれている 〟

CF C3 30 033 韓国釜山広域市海雲臺 LEICA M8.2 × ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.#
韓国釜山広域市海雲臺 LEICA M8.2 × ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.

馴染みなない街、
それが海外であれば尚更のこと、心細い気分が付きまといます。

そんなときに犬とか猫とか馴染みのある動物に出会うと、
強張ったこころが柔らかくなります。

気持ちも楽になり、
挨拶代わりに出迎えてくれた動物の写真を撮らせてもらう。

これが準備運動になって、
言葉も文字も分からない未知の街の中に身を滑り込ませることができます。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

お陀仏かと思ったら蘇り、好物のプリンを食べてます。
もも / LEICA CL × SUM…
明るくなり 夜空に帰りそびれた星くず
福岡市東区 / LEICA Q × S…
ハワイ版〝峠の茶屋〟
Dole Plantation Oah…