2017年12月アーカイブ

目が合ったので


JE C7 24 025 山口県下関市 SONY RX1R × Sonnar 35mm F2#
山口県下関市 / SONY RX1R × Sonnar 35mm F2

師走もいよいよ押し迫った31日。
正月の支度で足りないものを買いに出た。

その帰り道。
辺りは暮れ始めていて、灯りの点いた店のなかがよく見えた。
下町の小さなケーキ屋の前を通りかかったときに、ケーキと目が合ってしまった。

ショーケースの中には数個のケーキが、売れ残りのような様子で並んでいて、
その中にイチゴのショートケーキが二個。

誘われるように店の中に入ると、
「買って帰って」とケーキが言うので、二つとも連れて帰った。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

けんけんぱ


JS C9 11 009 福岡市博多区 Sony α7RII × SUMMICRON-L 35mm F2 ASPH.#
福岡市博多区 Sony α7RII × SUMMICRON-L 35mm F2 ASPH.

見事にマンホールの蓋が並ぶ路地を発見。
〝けんけんぱ〟が出来そうだ。

〝けんけんぱ〟は地面に円や升目を描き、片足で跳ぶ所謂「けんけん」をして、「ぱ」のとことで両足で着地する子供の遊び。
〝けんぱ〟とも言うようだが、大阪の私が育ったあたりでは〝けんけんぱ〟と言っていた。

石蹴りと組み合わせて遊んだような記憶もあるのだが、どうだったか??。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

いんじゃん


JF J1 19 015 福岡市東区 Sony α9 × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.#
福岡市東区 Sony α9 × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

街路樹の枝が伐り払われた。
残された枝先に日が当たってる。

枝々が〝じゃんけん〟をしているように見える。
しかし、全員、〝ちょき〟のだから勝負がつかない。

今はどうだか分からないけれど、
私が子供の頃の大阪では〝じゃんけん〟ではなくて〝いんじゃん〟と言っていた。

「枝先がじゃんけん」という他愛もない発想から、
懐かしい言葉が記憶の底から浮かび上がってきた。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

忘年会帰り


JF J2 28 008 福岡市中央区天神 LEICA SL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.#
福岡市中央区天神 LEICA SL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.

本年最後の忘年会。
会場は繁華街からちょっと離れた大濠公園の側で、我が家からは一度バスを乗り換えなければならない。
バスの中継地点に着いた時には、まだ、約束の時間まで少し間があったので2~30分の距離を歩いて行くことにした。

まだ、酔っ払っている訳ではなかったけれど、ぷらぷらと歩いて、気がつくと時間ギリギリ。
それから頑張ってなんとか5分前に会場入り。
私が参加者で最後の到着。
なんとも締まらないけれど、まあ、お疲れ様ということで、無事に今年一年を締めくくった。

帰りは、少し酒が入っていたので、まさにぷらぷらしながら、市の中心部のバス停まで戻ったら、
乗るバスの到着まで30分ほどの待ち時間。

時間潰しに写真を撮るには、夜で周りは暗い。
でも、酔っ払いのおおらかさで問答無用で撮った。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

幸せ自慢


JF J2 27 002 福岡県糟屋郡新宮町 LSL×ASNM50F2A#
福岡県糟屋郡新宮町 LEICA SL × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

バスに乗って外出。
バスの時間までまだ少し時間があったけれども家を出る。

最寄りのバス停ではなく、一つ前のバス停を目指した。
バス停に着いたが、まだバスの時間までには間がある。
天気も良いし、それでは、もう一つ前のバス停まで・・と歩いた。

途中で目的のバスとすれ違って、乗れなかったということもなく、無事に二つ手前のバス停に到着。

バス停の前の家では、
良い天気を利用して、大々的に寝具を干し。

それを見ていて、「我が家は幸せいっぱいですよ」と自慢しているように思えた。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

穏やかな光景


JF J2 02 047 福岡県久留米市 LEICA M-P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.#
福岡県久留米市 LEICA M-P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

久留米にやってきました。
目的は二つ。
〝カツ丼〟を食べることと、展覧会を観ること。

時分どきでもあったので、まずはカツ丼から。
相席ではあったけれど、いつもの場所に着席できました。
外年前の、ちょっとした思い出の席です。

腹も一杯になったところで、美術館へバスで移動。
展覧会を観終わって、美術館を出たところで、
なんとも穏やかな空気に包まれた世界に出会いました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

銀杏の葉の黄色


JF J2 02 053 福岡県久留米市 LMP×ASNM50F2A#
福岡県久留米市 LEICA M-P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

好きな色は?
と、聞かれたら「黄色」と「緑」でしょうか。

色彩は色相、明度、彩度などの違いによって印象が随分と変わるので、
黄色や緑と一言で言ってしまうのは乱暴な話なのですが、まあ概ね「黄色」と「緑」です。

黄色の中でも、紅葉した銀杏の葉の黄色が良いです。
福岡県の久留米市で風に舞う銀杏の葉を見たことがありますが、そのときの美しさは忘れられません。

そのときの写真?
写真を撮ることさえも忘れて見惚れていてありません。

写真は2017年12月、久留米市美術館で出会った銀杏です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

クリスマス

JF J2 07 004 福岡市中央区 Fuji X100F × Fujinon 23mm F2 ASPH.#
福岡市中央区天神 LEICA SL × ELMARIT TL 18mm F2.8 ASPH.

クリスマスで巷わ賑わっています。
そんな世情に対して「クリスチャンでもないのに・・・」などと言うつもりはありません。
が、クリスマスは私にとって遠くで輝く星のようなもの。

戦後すぐに生まれた団塊の世代。
アメリカが輝いて見えていた時代に育ち、西欧の文化に憧れていたのですが、
クリスマスは未だに縁遠い存在です。

晩酌の酒の肴と夕食の惣菜を買って、デパートの地下から地上に出て見ると、
薄暗くなりははじめたビルの谷間にクリスマス星が輝いていました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

クリスマス・・なんだ


JF J2 23 014 福岡市中央区天神 LEICA SL × ELMARIT TL 18mm F2.8 ASPH.#
福岡市中央区天神 LEICA SL × ELMARIT TL 18mm F2.8 ASPH.

日が暮れ始めました。
山間には一足先に日暮れがやってくるように、
都会のビルの谷間においても同じです。

ビルの間から見える空にはまだ明るさが残っているのに、
下界は夕闇に包まれ始めています。

家でねこが待っているので帰りを急がなければなりません。
なのに、市庁舎の前の広場で足止め。
「そうか、クリスマスなんだ・・」と、ふらっと立ち寄ってみました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

一時間の時間潰し


JF J2 22 010 福岡市東区 LEICA M10 × APO SUMMICRON-M 50 F2 ASPH.#
福岡市東区 LEICA M10 × APO SUMMICRON-M 50 F2 ASPH.

歯科医院の予約時間を一時間間違えてしまいました。
15時半の予約なのに、14時半に病院着。

病院の前で診察券の裏の予約時間を見て間違いに気づいた次第。
そんな迂闊なところが私にはあります。
なんで家を出る前に予約時間の確認をしなかったのかと大いに反省。

待合室でぼんやり時間を潰すよりもと、
病院の周りを散歩することに。

さして面白いものとてなく、
変哲もないものを撮って歩いた一時間。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JF J2 21 003 ねこ LEICA M10 × APO SUMMICRON-M 50 F2 ASPH.#
茶太郎&銀次郎 / LEICA M10 × APO SUMMICRON-M 50 F2 ASPH.

ねこが陽だまりで、
なにやら耳打ちをしている様子。

ちょっと耳が遠くなった人間の年寄りが、
ひそひそ話しをしているようにも見えます。

ひそひそ話といえばお婆さんを想像してしまうのだけど、
この二匹は男性(去勢済みだけど)で、
尚且つ7歳くらいだから、老人ではなく働き盛りなんだけど、
寒い日は陽だまりから動きたくないらしい。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2018年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ