ねこと暮らす


JB C3 06 001 ねこ LSL×EF50F1.8STM#
茶太郎 / LEICA SL + NOVOFLEX SL/EOS EF × Canon EF 50mm F1.8 STM

〝壺〟ではなくて〝箱〟だけど、思う壺です。
猫の共通した習性だと思うけれど、空き箱をポンと置くと、必ず中に猫が入る。

このときも段ボール箱の中に入っていたものを整理、片付けをして、空き箱をそのままに置いておいたら、ちゃんと〝茶太郎〟澄まし顔で中に入っていた。
予想通り、つまり〝思う壺〟に嵌ってくれました。

何年も何年もねこと一緒に暮らしていると、だいたい、ねこのやりそうなこと、考えていることなどが分かるようになります。

と、言うことは、ねこ達も、私のやりそうなこと、考えていることが分かっているのでしょう。
「人間は、この空き箱に猫が入ると思っているのだろうな・・」などと考えて、気を使って入ってくれているのかも知れません。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…