ねこと暮らす|銀次郎病院へ


JB C4 09 011$.JPG
銀次郎 / Panasonic DC-G9 ×DG SUMMILUX 25 F1.4 ASPH.

雄猫の〝銀次郎〟の様子がおかしいので、動物病院に連れて行きました。

診察の結果は〝アレルギー〟。
人間の〝花粉症〟が突然発症するように、猫も同様らしいです。

目から涙。
湿疹がでて痒いらしく、掻き毟り毛が抜けます。
とりあえず、アレルギー症状を緩和する注射を二本。

二週間後に、経過を診てもらいに再び出かけます。

病院に行く時は、外出用のバックに入るのを嫌がったけれど、
診察が終わって帰る段になると、
自ら、そそくさとバックの中に逃げ込みました。

帰宅後も、バックが気に入ったのか、中で静養。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…