明けの空を眺めるために


CF J1 05 019 東京都台東区浅草橋 L,M8×ETM28A pc.JPG
東京都台東区浅草橋 / LEICA M8 × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

寝床の位置を変えました。
頭の位置が変わりました。

以前は寝ながら音楽を聴くのに都合がいように、頭を東向きにして寝ていました。
その後、暑さ対策で〝北枕〟も何のそので頭を北に向けて寝ていました。

そして、今回は西向きです。
当然、目が覚めたときに目にするものも変わります。

北向きだと窓は頭の上。
東向きだと窓は足元。
西向きだと窓から空が見えます。

この時期、福岡の空は5時くらいから開け始めます。
夜の暗さから、少しずつ明るくなっていく空を、
寝床の中からぼんやり眺めるには西向きが都合いいのです。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67
CFJ105

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…