寂しい日曜日の朝


JB C8 26 003 福岡市東区 L,M10P×SNM28F2A pc.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

この住宅団地ができたときから、
道路の両側には木が植えられて〝並木〟になっていました。
並木は一丁目から四丁目まで延々と続いていました。

その並木が、
なんの都合だか知らないけれど、一丁目から二丁目、三丁目と伐り払われ、
最後に四丁目の木々が切り払われ始めました。

木は育つ、
葉も落とす。
そんなことは分かりきったことなのに、
「なんで今更」と木々の呟きが聞こえてきそうです。

日曜日の早朝。
綺麗な朝日に照らされた並木道の最後の姿を写真に撮りました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67
JBC826

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…