鯛の刺身に秋の色


JB C7 28 002 福岡県糟屋郡新宮町 L,MP×SXM35F1.4A pc.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA MP × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

感じるものですね。
気配を。

夕方、酒の肴を求めて外出したときに、ふと秋の気配を感じました。

傾きかけた夏の太陽が、夏草を照らす・・
その、普段通りの眺めの中に、これまでと違ったものを、
見つけるのではなく、感じたのです。

それは、風の匂いであったり、光の色であったり、雑草の姿形であったりを通して、
気持ちの揺れ方が変化したからなのでしょうか。

我が家の老ねこも、寄る年波には勝てず、いささか夏バテ気味。
食欲もないので、大好きな鯛の刺身なら食べてくれるかと外出。

そして、それにご相伴させて頂くかたちで、今宵の酒の肴となる次第です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67
JBC728

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…