銀杏の実が落ちる季節


JB C9 21 009 福岡市博多区 LeM10P×SNM35F2A pc.JPG
福岡市博多区 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

銀杏は好きな木です。
葉が黄色く色づいたときの美しさ、また、葉を落とした後の樹の姿そのものも素晴らしい。

東京の銀杏は美しい。
街路に黄色い絨毯を敷き詰めたような、その上を、ちょっと気を使いながら歩く気分は格別。

私の暮らす福岡も銀杏の木をよく見かけます。
しかし、東京と違って、福岡の銀杏を思い起こすとき、
黄色く美しい葉ではなく、銀杏の実が頭に浮かぶ。

私がよく利用する二つのバス停。
そのどちらにも側に銀杏の木があります。
踏みつけられた銀杏の実から漂ってくる独特な匂いを嗅ぐと、

「秋だな」と心の中で呟いています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67
JBC 921

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…