烏瓜の朱い実一つ日が沈む


JB J2 20 010 福岡県糟屋郡新宮町 FuXE3×XF50F2RWR pc.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-E3 × FUJINON XF 50mm F2 R WR

この時期、山道を歩いていると朱色をした〝烏瓜〟の実をよく見かけます。
いつもの散歩道のすぐ横にも20〜30個ほど赤い実がぶら下がって枯野は賑わっていました。

そんな中から、選りに選って実が一つだけ写るところを選んで撮る。
冬の野の物悲しさを撮りたい・・なんて、感傷的な気分でもなかったのですが、
なぜかこうなってしまうのです。


みかん猫67
JZJ 220

最近のブログ記事

錯覚を覚えてしまう冬の夕暮れ
福岡市博多区 / FUJI X-E3 …
結露した 窓から暖かい光が見える
福岡市中央区 / FUJI X-E3 …
烏瓜の朱い実一つ日が沈む
福岡県糟屋郡新宮町 / FUJI X-…