少年が壁に向かって投げたボールの音懐かし。


JC C5 31 001 福岡市東区 LeM9×ETM28F2.8 pc.JPG
福岡市東区 / LEICA M9 × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

テニスの〇〇選手が大きな大会で優勝した・・とか、
ランキングで世界一位になったとか・・、
世間はテニスの話題で賑やかにです。

散歩の途中で、こんな石垣の横を通りました。
一人、黙々と壁に向かってボールを打ち続けるテニスの練習。
いわゆる〝壁打ち〟。
その跡が残っているように見える石垣です。

私が子供のころ、
テニスは軽井沢なんかでお金持ちや高貴な方々のするものでした。
私のような戦後のどさくさ時期に育った、
庶民派のガキばもっぱら広っぱで野球に明け暮れてました。

野球も一人きりの時は、壁に向かってボールを投げ、跳ね返ってきた球を受けては投げ・・
〝壁打ち〟ならぬ〝壁投げ?〟をやって肩慣らしをしたものです。
時にはボールの音がうるさいと怒られたりもしました。

散歩の途中で見た石垣から、子供の頃のことを思い出しました。

みかん猫67
JCC5310644

最近のブログ記事

寒い日はホカホカの押しくら饅頭
我が家のねこ / LEICA M10-…
最初に買ってもらったナショナルの自転車は灰色だった。
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M…
暮れなずむ空に昼の雲と夜の雲
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M…