暗がりに空の鳥籠が見えた午後


JP C2 02 004 福岡市東区 LeM10P.k×SNM35F2 pc.JPG
福岡市東区和白東 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2

随分と前に、
この場所に小鳥の籠が三つ下がっていたのを写真に撮ったことがあります。
しかし、今日は鳥籠ではなく、洗濯物が下がっていました。

日当たり良好ですから洗濯物が掛かっていても不思議はないのですが、
鳥籠の方が面白かったな・・と思いながら前を通りかかったら、
壁際に鳥籠が置いてあるのが目にとまりました。

籠は全て空でした。
命が尽きたのか、猫かカラスにでも襲われたか?

「嘗てここに鳥籠が下がっていた」と呟きながら、
居なくなった小鳥たちに思いを馳せながら撮ってみました。

みかん猫67
JPC2021546

最近のブログ記事

冬の公園、親の背中を冷めた目で見る。
福岡市東区高美台 / LEICA M1…
夕方の海を眺めて、夜は熱燗。
福岡市東区和白 / LEICA M10…
光が帰り支度をしている路地の夕暮れ
福岡市東区和白東 / LEICA M1…