2019年5月アーカイブ

純喫茶 プランタン


JP C5 30 020 福岡市東区箱崎 leQ2×SX28F1.7A pc.JPG
福岡市東区箱崎 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH..

移転した九州大学正門前の喫茶店。

店名はガタガタに壊れてしまっているのですが、
なんとか〝プランタン〟と読むことができます。

純喫茶 プランタン。
昭和ですね。

昭和の若者の思い出を育んだ喫茶店です。


みかん猫67
JPC5301644

あかん!


JP C6 12 010 もも LeQ2×SX28F1.7A pc.JPG
もも / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH..

参った参った。
この状況を目にしたとき、
「あかん・・逝てまいよった」

もう、何があってもおかしくない歳ですから。

でも、お腹はゆっくり上下に波打っていました。
「びっくりさせやがって」と、
記念に一枚。

みかん猫67
JPC5261709

犬が消えて寂しく



福岡市東区和白東 / LEICA CL × Summicron-M 35mm F2.

飲料水の自動販売機の横に可愛い犬の絵の立て札が。
これを・・
飲み物の自販機の横だけに、「犬の排泄禁止」の標識だと思い込んでしまいました。

次の日(この写真を撮った日)に、何の疑いもなく、「犬の排泄禁止」の標識として写真を撮りました。

その次の日、
同じ場所を通りかかると、コンクリートの台は同じ場所にありましたが、
犬の絵は無くなっていました。

おやっ・・と思って、前日に撮った写真をよく見てみると、
犬の絵はスーパーマーケットの団扇でした。
誰かが、捨てるつもりで投げ入れたのでしょう。

犬の絵がなくなったこの場所は何とも味気なくなっていました。

みかん猫67
JPC5250721

花の少ない山法師


JP C5 22 013 自宅 LeQ2×SX28F1.7A pc.JPG
福岡市東区 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

ねこと暮らしているから・・でしょうか、
庭は「猫の額ほど」の広さと云うか、狭さです。

そこに、花(実際には花ではないらしいのですが)の形と、白い色が気に入って
山法師を植えています。

花の数はそれほど多くは咲きません。
その理由は、
花が終わった木を私の背丈くらいに刈り込んでしまいますので、
来年、花芽がつく枝もその時に切ってしまうからでしょう。

でも、その花の少なさが、私好みなのです。

みかん猫67
JPC5220714

蛇苺


JP C5 21 008 福岡県糟屋郡新宮町 LeQ2×SX28F1.7A pc.JPG
福岡県糟屋郡新宮町原上 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.4 ASPH.


蛇苺。
名前はちょっと怖いけれど綺麗な赤色。
その赤い実は日向にあっても、日陰にあってもよく目立ちます。

毒がるから、人が口に入れないように〝蛇苺〟などという名前をつけられたのかと思うけれど無毒。
食べても大丈夫だけれど美味しくない。
「無害ですが食べられません」と表示されている、乾燥剤のようなものですかね。

なぜ〝蛇苺〟かというと、諸説あるようですが、
山国育ちのかみさんから、
「蛇の居そうな草むらにあるから」
と、聞きました。

不味いから蛇にでも食わせろ・・なんて説もあるようですが。

みかん猫67
JPC5211539

写真嫌い


JP C5 19 002 茶太郎 LeCL×SnM35F2 pc.JPG
茶太郎 / LEICA CL × Summicron-M 35mm F2

茶太郎は写真嫌いです。
他のねこたちもカメラを向けられると緊張するようですが、
なかでも茶太郎は一番です。

この時は二枚撮りました。
気持ちようさそうに寝ているところに、そっと近づいて行って一枚。

それに気づいたようで、
前足に緊張が走りました。

みかん猫67
JPC5191554

昔話し風


風の強い夜が明けて、
家の周りを片づけようと外に出てみると、
山吹色の小判が・・・

以前に助けたむじなが、
お礼にと、置いていったのだとさ。

JP C5 18 005 福岡市東区 LeCL×SnM35F2 pc.JPG
福岡市東区和白東 / LEICA CL × Summicron-M 35mm F2

これが山吹き色の小判だったら、
落ち葉や花びらの吹き溜まりになっている我が家は長者様。

みかん猫67
JPC5181308

曇天の下の公園


JP C5 18 004 福岡市東区 LeCL×SnM35F2 pc.JPG
福岡市東区高美台 / LEICA CL × Summicron-M 35mm F2

雲に覆われてどんよりとした空。
そんな空を眺めていて、「写真撮ろう」と心が動きました。

層になって濃度を変えている空に惹かれたのか、
曇天の光のなかの、若い緑が綺麗だったのか、
人の居ない公園が心地よかったのか、
理由は、このときの雲の層のように幾層にも重なって定かではありません。

撮った写真も、
あまりはっきりしない写真だけれど。

みかん猫67
JPC5181107

暑い季節に黒装束


JP C5 17 010 福岡市中央区天神 LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.


就職戦線。
戦闘服の黒装束に身を包み、
次に攻撃する城について、情報収集中。

それとも、
一戦終えたところで、
空調の効いた地下街で、
ほっと一息入れながら、
いま終えてきた戦について、あれこれ検証しているところなのでしょうか。


みかん猫67
JPC5171545

活字


この頃、
活字が美味しい。

JP C5 17 008 福岡市中央区天神 LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

みなさん、
ライスカレーを食べておられるのではなく、
大型書店で読書中。

〝立ち読み〟ではなくて〝座り読み〟です。


みかん猫67
JPC5171446

女王様気取り


JP C5 16 007 もも LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
もも / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

歳老いて、
彼女は容姿も体力も随分と衰えてきました。
それでも、自尊心は今でも人一倍??
猫一倍強く、
今日も女王様気取りであれこれと私を目で指示してます。

みかん猫67
JPC5161749

和の色名


初夏の光が似合う〝萱草〟の色。
オレンジ色と言えば良いのでしょうが、カタカナ名では何か物足りない。

JP C5 15 003 福岡市東区 LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
福岡市東区 / Leica M10P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

日本独特の色の名前があることを思い出して調べてみました。
〝深黄〟と書いて〝こきき〟と読むらしいのですが、濃い黄色と言うことでしょうか。
これに近いような気もするのですが、
もう少し色気のある名前は?
と、探してみると、
〝淡朽葉〟(うすくちば)、〝大和柿〟(やまとがき)、〝柑子色〟(こうじいろ)〝橙色〟(だいだいいろ)などなど、似通った色が並んでいる。

〝不言色〟と書いて〝いわぬいろ〟というのもありました。
〝くちなし〟の実で染めた色・・で、「くちなし」だけに言わぬ(言えぬ)なのでしょうか?
意味深長でいいですね。
と、ここまで見てきたら、最後に〝萱草色〟(かんぞういろ)というのがちゃんとありました。

萱草も梔子も我が家の庭に咲く初夏の花です。


みかん猫67
JPC5151205


トンネルのように暗い校舎の下。
その向こうに、若い光りに満ちた世界を見ました。

そこは、自転車置き場らしく、
学生達が乗ってきた自転車が奥までぎっしり詰まっています。

手前に置かれた自転車は、
おそらく、遅刻ギリギリに駆け込んで来た学生たちのもののような気がします。

始業前の慌ただしい様子を想像しながら、
静まりかえった駐輪場を眺めていると、どこからか授業の声が聞こえてきました。


JP C5 15 011 福岡市南区区 LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
福岡市南区野間|筑紫丘高校 / Leica M10-P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

この高校に向かって上り坂を歩いていると、
自転車通学の高校生にたくさん出会います。

正門までの坂道を〝立ち漕ぎ〟をして登っていく後ろ姿を見送っていると、
年寄りの足取りも軽くなっていくようです。

みかん猫67
JPC5151336

緑濃く


梅雨前の爽やかな風。
雲ひとつない青空。
いい気分で、
見上げた空に見たものは、
ネットの補修跡。

今は授業中なのか、
校庭は静まりかえっている。

JP C5 15 015 福岡市南区 LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
福岡市南区野間|筑紫丘高校 / Leica M10-P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

所用で訪れた高校の校庭を囲うネット。
破れを補修した箇所が所々に見られました。
補修箇所は緑濃く、妙に目立っていたので、
空を背景にするのではなく、
新緑の木が後ろになるようにカメラを構えました。


みかん猫67
JPC5151506

掲示板?


高校の校門を入ったところに大きな掲示板(?)。
掲示物は何も貼られていないので、掲示板かどうか定かではないのですが、
テープの跡らしきものが、「掲示板ですよ」と言っているようでした。

JP C5 15 008 福岡市南区 LeM10P×SXM50F1.4A pc.JPG
福岡市南区野間|筑紫丘高校 / Leica M10-P × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

この掲示板は入学試験の合格発表にも使われるのでしょうか。
だとしたら、今はクールな白一色のこの掲示板も、
受験生の悲喜こもごもを見て歓喜の色、涙の色を映したことでしょう。

みかん猫67
JPC5151333

赤い鳥居


以前は駐車場とビルの間の路地のような所に
赤い鳥居が並んでいました。

駐車場にビルが建つようで、工事が始まりました。
赤い鳥居は不安そうな表情で、
心細そうにも見えました。


福岡市博多区中洲 / Leica CL × APO-SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

居酒屋に向かうときに、
このお稲荷さんの前をよく通ります。

新しいビルが完成したときに、
お稲荷さんはどんな顔をするのでしょうか。

それまで、元気に居酒屋が良いができますように・・

みかん猫67
JPC5111725

牛乳


ビルの谷間に降る光は、
偶然の出会いを
いっそう
印象的なものにしてくれることがあります。


JB C5 11 005 福岡市中央区天神 LeSL×SXM35F1.4A pc.JPG
福岡市中央区天神 / Leica SL × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

牛乳。
その白さに憧れます。

味は嫌いではないし、
体にも良さそうなので、
積極的に飲みたいのだけれど
お腹の調子と相談しながらです。


みかん猫67
JBC5111413


JP C5 10 005 福岡市博多区 LeCL×SMAM28F5.6 pc.JPG
福岡市博多区中洲 / Leica CL × SUMMARON-M 28mm F5.6

連休の最終日に同じところで同じような写真を撮りました。
『どこ行くと?』という言葉が主張し過ぎないように、
アングルに四苦八苦しながら撮ったのですが、
どうも判りにくかったようです。

それで再び・・
撮影間隔は四日。
撮影時刻は前回が15時50分。今回が15時21分。

レンズは同じ28mmだけれど、フルサイズとAPSだから画角が違ってきます。
ということで、今回は縦位置でフレーミング。

前回よりは大きな声で『どこ行くと?』と聞いてます。

「どこ 行きよっとな? いつものとこね・・」
「いいや。明日そこで仲間と呑むけん、今日は違うと。」

画面左が間抜けにならないように切り詰めると、画面右に雑然とした飲屋街が写りこみます。
それは好みではないので、
画面左が間抜けにならないように黒い汚れをポイントとして左隅に入れて見ました。

みかん猫67
JPC5101521



福岡市東区 / LEICA CL × SUMMARON-M 28mm F5.6

コンクリートの継ぎ目の、
細い細い隙間。

そこから首を出し、
花を咲かせていました。

花にも葉にも日の光が当たるのは、
一日のうちの、ほんの僅かな時間だと思います。

頑張って咲いた花には申し訳ないのだけれど、
名前は知りません。

励ましの気持ちを込めて撮った一枚。

みかん猫67
JPC5101342


JP C5 06 023 福岡市博多区 LeQ2×SX28F1.7A pc.JPG
福岡市博多区中洲 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

中洲で、『どこ 行くと?』と、聞かれた。
いえいえキャッチのお兄さん、お姉さんにではなくて、キャッチコピーで。

「どこ 行きよっとな?」
「いつものとこくさ」
「四時前や・・まだ、早かろうもん」
「四時からったい」
「一緒にどげんね?」

店は開けたばかり。
口開けの客となりにけり。

みかん猫67
JPC5061550

お疲れ


JP C5 03 005 福岡市中央区天神 LeQ2×SX28F1.7A pc.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

祭りで賑わっている街中で、子供が座り込んでいました。
写真を一枚撮ってから、
保護者は??
と、周りを見渡してみたけれど、それらしい人は見当たらず。

気になって後ろ姿をしばらく眺めていたら、子供は立ち上がってスタスタと歩き始めました。
後から着いて行くと、かなり距離を置いたところで母親らしい人と無事合流。

暑い、人が多い・・
親も子供もお疲れで、わがままの一つも言いたくなるそんな〝博多どんたく〟の日。


みかん猫67
JPC5031642

博多どんたく


JP C5 03 004 福岡市中央区天神 LeQ2×SX28F1.7A PC.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

所用があって街に出かけました。
博多の街は〝博多どんたく〟で賑わっていましたが、それが目当てではありません。
頼んでおいた物を受け取るだけの、行って帰っての超特急。

〝博多どんたく〟は大人のお遊戯会といったところでしょうか。
フラダンスが流行っているのか、フラの衣裳を身につけた人たちをたくさん見かけました。
踊り終わった人たちが舞台の横で記念写真を撮っていました。
カメラはいつも持ち歩いているので、ちょっと失礼・・と、
遠慮しいしい、お相伴にあずかりました。

そんなことをしていたものだから、
帰りのバスになんとか間に合うといった有様でした。

みかん猫67
JPC5031640

飛行機雲


JP C5 01 008 福岡県糟屋郡新宮町夜臼 LeQ2×SX28F1.7A pc.JPG
福岡県糟屋郡新宮町夜臼 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

日没が随分と遅くなった夕暮れどき。
散歩の最後に、酒の肴を買ってぶらぶら帰宅。

遮断機の手前で暫し足止め。
ふと空を見上げると、
飛行機雲がゆっくりと流されていました。

さあ、帰ってねこを相手に晩酌。


みかん猫67
JPC5011810

カレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ