2019年9月アーカイブ

ヤブ蚊の旧唐津街道


JP C9 30 008 福岡県糟屋郡新宮町 soα7RIV×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡市東区 / SONY α7R IV × Leica Summilux-M 35mm F1.4

旧唐津街道。
北九州から博多を経由して佐賀県の唐津まで通じていた街道。
その一部が我が家の近くにも残っています。
小さくて目立たないのですが、「旧唐津街道」と刻まれた石柱もあります。

樹木に覆われた細い道。
農作業に向かう軽トラックが一台通れるくらいの道幅で、
舗装はされていない土の道です。

時折、犬の散歩をする人と出会うくらいで、
周りはみかん畑や竹やぶです。

写真を撮ろうと立ち止まると、
待てましたとばかりヤブ蚊が襲ってきます。

みかん猫67
JPC 930 1629

散歩の袋物


JP C9 29 003 福岡市東区 leM10P×leSXM35F1.5A J53.JPG
福岡市東区高美台 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

散歩は手ぶらで・・
と、身軽にいきたいものです。

が、財布、携帯電話、イヤホン、ノートに筆記用具、カメラ、電池やSDカードなどの写真の道具。
それに、文庫本、のど飴に飲み水などなど、散歩といえども荷物の多い人間ですから、
それらを入れる袋物が必要です。

普段はショルダーバックを使っているのですが、
気の迷いが生じて、リュックに変えてみました。

結果、
やはり、使い慣れてものが一番ということになりました。


みかん猫67
JPC929 1509


JP C9 29 002 福岡市東区 leM10P×leSXM35F1.5A J53.JPG
福岡市東区高美台 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

老ねこの介護のために、
撮影の予定が壊れてしまいました。

老ねこには夜中でも御構い無しに叩き起こされるので、
このところ、常に寝不足です。

ねこを膝に乗せて本を読んでいるうちに、
ついうとうと。

ふと目が覚めるとねこは膝の上から消え、
自分のねぐらでスヤスヤ。

鬼の居ぬ間・・ではないけれど、
ねこの寝ている間に、ちょっと抜け出して散歩に。

鼻に血が滲んだご近所の猫が
「転ばんように気いつけて行きや」と見送りをしてくれました。


みかん猫67
JPC929 1458

秋になれば


JP C9 21 012 福岡県糟屋郡新宮町 leQ2×SX28F1.7A J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町(川上宮) / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

福岡の秋は、
銀杏。

福岡といえば、
夜の屋台。
とんこつラーメンや焼き鳥の屋台で銀杏が食べられます。

数日前に天神や蔵本のバス停でも銀杏が落ちているのを見ました。
踏みつけると独特の臭いがするのですが、
福岡の人は慣れているのか無関心の様子。

写真のひな壇に並んでいる銀杏は、
散歩の折り返し地点にしている神社の境内で見かけた物です。

いい感じに転がっていたので、
ちょっと撮って見ました。

みかん猫67
JPC921 1406

濡れ落ち葉


JP C9 22 016 福岡市東区 soα7RIV×siCp45F2.8DGDN J53.JPG
福岡市東区 / SONY α7R IV × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN

私もねこも、
暑い夏をなんとか乗り切りました。

夏の間は、「熱中症に注意」と頻りに聞かされていたので、
高齢者としては、なんとなく外に出そびれて、
すっかり足腰に衰えを感じるようになってしまいました。

そんな状況を解消すべく、
台風の余波を物ともせず、傘を差して日課の散歩。

濡れ落ち葉の吹きだまりを眺めながら、
「我が身もこの中の一葉か?」と愉快に呟く散歩道。

みかん猫67
JBC922 1549

手が出せない


JB C9 18 020 福岡市東区 筥崎宮 L,CL×ETTL18F2.8A pc.JPG
福岡市東区|筥崎宮 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.

祭りの屋台。
遠目には、アイスキャンデーかアイスクリームに見えたのだけれど、
近づくと、
似て非なるもの。

得体は知れないけれど揚げ物。
ケチャップ、ケチャップにマヨネーズ、ケチャップにマスタード。

揚げ物好きなのですが、
それが災いして、コレステロールや中性脂肪といった数値を気にしなければならない身。

幸い、屋台はまだ営業していなかったので、
写真だけ撮らせてもらって失礼。


みかん猫67
JBC918 1113


JA C9 15 011 福岡市東区(筥崎宮) soα7s×koMHEX28F2.8 pc.JPG
福岡市東区|筥崎宮 / SONY α7s × Konica M-HEXANON 28mm F2.8

外は薄暮。
テントの中にはライトが点り、
野球放送のアナウンサーが「照明に灯が入りました・・」
と中継しそうな雰囲気。

縁日の遊戯場で遊びに興じるような柄ではないのですが、
ぶらぶらと眺めて回るのは嫌いではありません。

キャッチャーの絵がなかなか良いし、
ボールも上手い具合に転がっています。

このように、写真に撮りたくなるものと出会えれば、
散歩も一層楽しくいくなります。


みかん猫67
JAC915 1825

夏の終わりの縁日


JB C9 16 013 福岡市東区(筥崎宮) leM10P×SNM35F2A pc.JPG
福岡市東区|筥崎宮 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

夏の終わり、
秋の入り口。

昼間が終わり、
日が傾き始めるころ。

ふらっと祭りの縁日を覗いてみました。

縁日といえば、
金魚すくい。

少女の紙はすぐに破れてしまい。
店のお姉さんは「あらまあ・・」、
少女は苦笑い。

うまく掬えなくても、少女は金魚を二尾もらえました。

みかん猫67
JBC916 1515

祭りの空に風船


JP C9 13 017 福岡市東区 leQ2×SX28F1.7A J53.JPGのサムネール画像
福岡市東区 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

いわゆるお祭り好きではありません。
でも、カメラを持って出かけます。

お祭りそのものは、「せっかく来たのだから」と、
申し訳程度には撮りますが、
それよりも、お祭りの周辺で何か面白いと感じるものがあれば・・
といったところです。

神社に続く参道。
正面に緑色の風船が見えました。

背景の木立の間の空のところに、緑色の風船が浮かんでいるように。
風船を持っている子どもは、前の父子連れの陰に隠す。
そのように撮りたかったのですが、
ほんの少し風船が流れて木に掛かってしまいました。

みかん猫67
JPC913 1642


JG C9 04 002 福岡市東区 soα7RII×leSma28F5.6 J53.JPG
福岡市東区 / SONY α7RII × Leica Summaron 28mm F5.6

休日の午前6時48分
ラーメン屋の前を通りかかりました。
もちろん店はまだシャッターを下ろしてます。

仕舞い忘れたのか、
看板が出ていて、
そこに写真が一枚。

見ると、ざるそばの写真。
ラーメン屋でざる蕎麦か・・
とんこつラーメンの臭いのなかで、
ざる蕎麦は食べる気はしないな。

気がつけば、
そろそろ秋風が吹き始める頃です。

みかん猫67
JGC904 0648

老ねこの鷹揚さ


JP C9 03 000 もも leM10P×leSNM28F2A J53.JPG
もも / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

外出をしない日は、
「ねこでも撮るか・・」と、カメラをねこに向けます。

老ねこのももは、日中のほとんどを寝て過ごしています。
そんなももにそっと近づくと、
老いたとはいえ、そこは動物。

気配を察知しギラリと目を光らせます。

「おっさん、また写真撮ってるんかいな・・」
「それにしても、ねこでも撮るかとは失礼な」と、
不愉快そうな表情を浮かべながらも、
再びうつらうつら。

こんなねこを見て、
歳とともに、このような鷹揚さが我が身にも備わればと考えさせられます。

みかん猫67
JPC903 1427

桜餅の匂い


JP C9 02 012 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×leSNM28F2A J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

雨が上がり、日が差し始めると、
急に蒸し暑くまり、散歩の足取りも重くなります。

こんな日は散歩を済ませて家に戻ると、
汗びっしょりで、
シャツや肌着を脱ぐのも厄介です。

今日の散歩道に、
桜の樹の下を歩くところがありました。

落ちた枝や桜の葉が雨に濡れた道路にとりとめなく散らばって、
写真になるとも思えなかったのですが、
踏みつけた落ち葉から、好物の桜餅の匂いがしたのでついつい。

残念ながら写真に匂いを残すことはできないのですが。


みかん猫67
JPC902 1659

雨の止み間の散歩


JP C9 01 006 福岡市東区 leM10P×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Summilux-M 35mm F1.4

雨の止み間を狙って散歩に出てみました。
雨が続いて、家の中で雷様のようにごろごろしていると、
体が縮んでしまいそうです。

外出にあたってカメラは持つけれど、傘は持ちません。
降られたら降られた時です。

どんよりとした空の下、
濡れた景色の中を歩くのはワルクナイ気分です。
存外、私好みの景色に出会うことが多いのです。

単純な爺さんですから、
普段とはちょっと違う様子に嬉しがってシャッターを押しながら、
ご近所を一回りして戻ってきました。

写真も撮れたし、雨にも降られずに済んで上出来上出来。


みかん猫67
JPC901 1649

ボールが一つ


JP C9 01 003 福岡市東区 leM10P×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Summilux-M 35mm F1.4

坂の途中にあって古い家が取り壊されて、
更地になっていました。
以前の住人に忘れられたのか、
坂の上から転がってきたのか、
そこに硬式のボールが一つ転がっていました。

みかん猫67
JPC831 1631

カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ