2019年10月アーカイブ

寒さに向けて・・


JP J0 29 006 もも 茶太郎 leM10PBG×ASNM50F2A J53.JPG
もも & 茶太郎 / LEICA M10-P × APO-SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

普段は反りの合わない二匹。
年齢のかけ離れた雌雄のねこ。

ももは我が強い。
茶太郎は、ちょっと底意地が悪い。

そんな二匹も、
迫り来る寒さに向けて、
折り合いをつけたのか、
呉越同舟です。


みかん猫67
JPJ 029 1029

朝日の射す教室


JP J0 28 003 福岡市南区 soA7RM4×soE20F2.8 J53.JPG
福岡市南区野間 / SONY α7R IV × Sony E 20mm F2.8

職を離れ、世間との関わりが緩やかになると、
生活のリズムも穏やかになります。

とはいっても奥山にこもる仙人になった訳ではないので、
たまには世間の側のリズムに合わせなければならないこともあります。

久しぶりに、勤め人に混じって朝のバスに乗り込み、
出掛けた先は、
朝日の射す教室。

教室は良いですね。
老いて弛みまくった身も心も引き締まります。

仕事の前にまずは一枚。

みかん猫67
JPJ 028 0843

今日は週末


JP J0 26 005 福岡市中央区天神 leM10P×voCSKO21F3.5A J53.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA M10-P × VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

雨が上がり頭の上は秋の青。
浮かれて街に出てみたら、
市庁舎の前が何やら賑やか。
そうか、今日は週末だった。

大音量のスピカーの音。
重低音が空気を震わせて、
浮かれ気分を煽る。
そうか、今日は週末だった。


みかん猫67
JPJ 026 1536

雨の日の球場で


JP C9 22 019 福岡県糟屋郡新宮町 soα7RIV×siCp45F2.8DGDN J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7R IV × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN

まだ子供だった頃、
子供が好きなスポーツといえば相撲か野球でした。
相撲は吉葉山、野球は南海ホークスが私のご贔屓でした。

相撲はもっぱらラジオや当時普及し始めたTVの中継を楽しむもので、
自ら興ずるのはもっぱら野球でした。

雨に濡れたホームベースを見ていて、
「そうだよな、やっぱり野球は日中に空の下でするのが楽しいんだよ。」
「雨が降れば中止でいいんだよだよ。」
ナイトゲームや屋根付きの球場なんて・・というつもりはないのですが。

みかん猫67
JPC 922 1554

雲と蜘蛛


JP J0 20 007 福岡県糟屋郡新宮町 soA7RM4×soSo35F2.8ZA J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7R M4 × Sonnar 35mm F2.8 ZA

夏草の勢いも衰えた散歩道。
ちょっとした思い出の残るところで、
立ち止まって空を見上げると、
二匹の蜘蛛が網を張っていました。

この二匹の間で縄張り争いなんてないのだろうか?

みかん猫67
JPJ 020 1127

並び柿


JP J0 18 002 自宅 fuXE3×fuXF35F2RWR J53.JPG
FUJI X-E3 × FUJINON XF 35mm F2 R WR

雨が降り続いています。
傘をさして外を歩くのも億劫なので、
家の中でごろごろ。

ならばねこを相手に写真でも撮るのかと思い立ったのですが、
雨の日はねこも調子が出ないのか、
それぞれの持ち場で寝ています。

ねこが駄目ならと、
頂いた柿を、窓辺に並べてみました。
右から左に、色づきの良いもの順に並べて、
今日の被写体になってもらいました。


みかん猫67
JPJ 018 0903

置き柿


JP C9 30 007 福岡県糟屋郡新宮町 soA7RM4×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7R IV ×Leica Summilux-M 35mm F1.4

柿を頂きました。
ぱらぱら雨が降り出したので様子を見に外に出てみたら、
玄関先にビニール袋。

中には柿が。
玄関の呼び鈴が聞こえなかったのか、
全く気付きませんでした。

でも、だいたい誰が届けてくれたのかは分かります。
毎年、そっと届けてくれる人がいるのです。

門扉の取っ手にぶら下げてあったときもあります。
秋は、こうして忍び足でやってきてくれます。


みかん猫67
JPC 930 1529


JE C9 09 002 銀次郎 olEP5×leDGMET45F2.8A J53.JPG
銀次郎 / OLYMPUS E-P5 × LEICA DG MICRO ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

シューベルト、ピアノソナタ No.21を聴いていると、
カリカリ
という合いの手が聞こえます。

はてさて、
何かと振り向いてみると、
ねこがペットフードを噛んでいました。

もう、そんな時間か、
さて、人間は何を食べようか。
はいどうぞと、ねこが食事の準備をしてくれると嬉しいのだけれど。

みかん猫67
JEC 909 1529 0733

雨の朝


JP C9 01 013 福岡市東区 leM10P×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Leica Summilux-M 35mm F1.4

秋風が吹くようになり、
夏の日差しに色あせた庭の手入れを少しずつしてきました。

なかには植え替えた庭木もあるので、
ひと雨欲しいと思っていたのですが、
なかなか都合よく降ってくれるものではありません。

日々、水遣りに勤めてきたつもりですが、
瑞々しさを失っていくものも。

しかし、自然の恵みとは素晴らしいもので、
衰えた勢いが一晩の雨で蘇ったようです。

みかん猫67
JPC 901 1736


JP J0 17 006 茶太郎 fuXE3×fuXF50F2RWR J53.JPG
茶太郎 / FUJI X-E3 ×FUJINON XF 50mm F2 R WR

「猫が顔を洗うと雨が降る」
と、言い伝えられています。
これは言い伝えで確たる根拠も信憑性もないようです。

我が家の茶太郎が顔を洗っていました。
それで、雨です。

言い伝えも馬鹿にできないと調べてみると、
耳の後ろまで洗うと雨が降り、
耳の前だけで顔を洗うと曇りで雨は降らない・・

つまり、入念に顔を洗っていると雨なのでしょうかね。
茶太郎は横着ねこで、入念に顔を洗っている姿を見たことがないのだけれど。
雨です。

みかん猫67
JPJ 015 1100

秋の光


JP J0 10 003 もも leM10P×leSnM35F2 J53.JPG
もも / LEICA M10-P × Summicron-M 35mm F2

つい先日まで日の光を避けていたのですが、
気がつけば、
温もりが心地よい季節になっていました。


みかん猫67
JPJ010 1526

天高く・・


JP J0 09 005 福岡県糟屋郡新宮町 soA7RM4×niAiNI20F2.8s J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7R IV × Ai NIKKOR 20mm F2.8s

秋の空といえば、
「天高く・・」です。
高い空を撮るために、
手持ちで一番の広角レンズを引っ張りだして散歩に連れ出しました。

Ai NIKKOR 20mm。
フィルム時代のレンズ。
もちろんマニュアルフォーカス。
目は怪しくなったけれど、カメラの進化に助けられてこの通り大丈夫。

レンズも、人間も、
老いてもまだまだ・・です。

みかん猫67
JPJ 009 1529 1526

カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ