2020年1月アーカイブ

意味不明な矢印


矢印の はてその先に 何があるのか
JJ C1 25 001 福岡市東区caEKX2×caEF20F2.8 J53.JPG
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X2 × EF 20mm F2.8

どこへ向かうというのでしょうか
矢印だけが床に置いてありました

矢印はその方向に進むべき印のはずなのですが
その先に何があるのか案内がありませんので
立ち止まって思案
立ち往生です

矢印は気になる印です
この矢印のように
意味不明なものほど
嬉しくなって写真に撮ってしまいます

みかん猫67
JJC 125 175 0

からだ丸めて


うずくまり からだ丸めて 何かしら
JB C1 24 005 銀次郎 fuXE3×fuXF27F2.8 J53.JPG
銀次郎 / FUJI X-E3 × FUJINON XF 27mm F2.8

部屋は快適
寒いわけでもないだろうに
体を小さく丸めてる

何か思案をめぐらしているのか
食事の提供をじっと待っているのか

悪い予感が当たらないように祈っているのか
霊的なものと交信をしているのか

鈍感な私にはわからないけれど
ねこと暮らしていると
いろいろと考えさせられます


みかん猫67

JB C124 .1118
#かめカメラQ

猪に肩入れ

ZC C1 19 025 福岡県太宰府市 leM10P×leETM28F2.8A J53.JPG
福岡県太宰府市 / LEICA M10-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.

猪の張り紙
昨年のものが残っているのかと
近づいて見ると
「出没注意」

猟友会が押っ取り鉄砲で駆けつけ
バンバン撃って
猪は鍋の中

猪の言い分としては
「一番獰猛なのは人間」だろうな

亥年の身としては
猪に肩入れしたくなる
早春の一こま

亥年過ぎ まだまだ出没 子年の春

みかん猫67

ZC C119 .1310
#かめカメラQ


絵を見ている 素敵な気分に なれるドア
ZC C1 13 021 福岡県久留米市 fuPro3×fuXF35F2RWR J53.JPG
福岡県久留米市 / FUJI X-E3 × FUJINON XF 35mm F2 R WR

倉庫に使われているらしい
掘っ建て小屋

ドアが塗られた色の所為もあって妙に目立ってます
まるでキャンバスに描かれた絵のようです

ドアノブに鍵穴があるのですが
別に南京錠が取り付けられています
ドアノブの鍵は用をなしていないようです

ドア下部の黒い汚れは
ドアを閉める時に
蹴飛ばした靴の後でしょうか

みかん猫67

ZC C113 .1303

JJ C1 21 002 福岡市東区 leM9×leETM21F2.8A J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M9 × ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.

果たして
このようなものに効果があるのでしょうか

小鳥たち
最初は恐れても
世に言うように
こんなものは
三日で慣れてしまうのでは


思いつつ
面白がって撮ってみました

鳥の目が
空に浮かぶ月のようです

木枯らしに 羽根振るわせる 鳥の影

みかん猫67

JJ C121 .0741
#かめカメラQ


JJ C1 21 002 福岡市東区 leM9×leETM21F2.8A J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M9 × ELMARIT-M 21mm F2.8 ASPH.

果たして
このようなものに効果があるのでしょうか

小鳥たち
最初は恐れても
世に言うように
こんなものは
三日で慣れてしまうのでは


思いつつ
面白がって撮ってみました

鳥の目が
空に浮かぶ月のようです

木枯らしに 羽根振るわせる 鳥の影

みかん猫67

JJ C121 .0741
#かめカメラQ

隼人瓜の巣


草むらで 鳥の巣真似たか はやと瓜 
ZC C1 20 010 福岡県糟屋郡新宮町 soA7RM4×niAiNikkor28F3.5 J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony α7RIV × Ai Nikkor 28mm F3.5

畑の間を抜ける散歩道の

草むらに
打ち捨てられた隼人瓜

枯草に護られた
鳥の卵のようにみえる

みかん猫67


ZC C120 .1527
#かめカメラQ

1月19日


可愛い靴
ZC C1 19 022 福岡県太宰府市 leM10P×leASNM50F2A J53.JPG
福岡県太宰府市 / LEICA M10-P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

食事を終えて
帰ろうと靴を履いているときに

目の前に
猫のアップリケの可愛い靴

その
目がきらりと光ったので

ちょっと
変質者の気分だったけれど
カメラを構えて撮ってみた

みかん猫67

ZC C119 .1150
#かめカメラQ

1月16日


寒さ緩み ねこが可愛く 見える朝
ZC J1 16 001 もも fuXE3×fuXF27F2.8 J53.JPG
もも / FUJI X-E3 × FUJINON XF 27mm F2.8

当然ですが
随分と老けました
私もねこも

手はシワシワ
首はヨレヨレ
顔はシミシミ
頭はハゲハゲ

ねこも
随分と毛並みが悪くなってます

自分から要求していた毎朝のブラッシングも
この頃は
どうせ・・・という気持ちなのか
サボりがち

そんなねこですが
光の加減か
今朝は妙に若く可愛く見えます

私も・・と
鏡の前に立ってみたけれど
鏡の中にいるのはやはりジジイのままでした

みかん猫67

ZC C116 .0918
#かめカメラQ

1月15日


掛け布団 ねこに譲って 風邪を引く
ZC J1 15 002 茶太郎 もも fuXE3×fuXF27F2.8 J53.JPG
茶太郎 & もも / FUJI X-E3 × FUJINON XF 27mm F2.8

流石に夏場はねこも暑いとみえて
一緒に寝ることはないのですが
寒い冬場はねこも寒いのでしょう
布団の中に潜り込んできます

面倒なのだけれど
飼い主ですからねこに添い寝を許しています

夜中に寒くて目が覚めると
大概はねこの方に掛け布団が行ってしまって
こちらの背中は冷たい夜気にさらされているというありさま

文句を言っても仕方のないこと
早く暖かくなってねこが布団に入ってこなくなる日を
待ち続けるだけです

みかん猫67
ZCC 115 144 2

1月14日


身動きぜず 並ぶ群れ鳥 冬の空
ZC C1 14 001 福岡市東区 fuXE3×fuXF27F2 J53.JPG
福岡市東区 / FUJI X-E3 × FUJINON XF 27mm F2.8

夕方散歩
さて今日の夕食は如何したものか?

そんなことを考えながら歩くのですが
なかなか答えが出ず

スーパーの食品売り場を覗いてみても
腹が欲しがるものが見当たらず

ならばもう一軒回ってみるかと歩いていると
妙に規則正しく並んで電線に停まっている鳥を見かけました

よく見ると
なんのことはなかったのですが

腹を減らして歩いていると妙なものが見えるのかと
二件目のスーパーは諦めて

苦笑しながらまっすぐ帰宅

みかん猫67
ZCC 114 151 8

1月13日 / 2020


カツ丼より 105円安い 親子丼
ZC C1 13 007 福岡県久留米市 leM10P×leSNM28F2A J53.JPG
福岡県久留米市 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

ふらり久留米へ
目的は美術館訪問

久留米はもうひとつ楽しみがあります
思い出の残る食堂での昼食

「腹が減っては・・・」ですから先ずは食事
店の前に来てみると
「本日のカツ丼は終了しました」の張り紙
カツ丼を楽しみにはるばる電車に乗ってやって来たのに
いきなりのノックアウトパンチ

仕方ない
「カツ丼」がないのなら
「親子丼」に変更

あの日はこちら側に「カツ丼」
向かい側に「親子丼」
もともに思い出の味ですから

みかん猫67
ZCC 113 124 7

1月10日 / 2020


弓の的 射手の衣装と 闇と燭
ZC C1 10 011 福岡市東区 leM10P×niAiNi24F2.8 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Ai Nikkor 24mm F2.8

散歩の行き帰りに
大学の弓道場の横を通りました

行きがけに通った時には
板の間に座って指先等の準備運動をしていました

帰りは
すっかり暗くなっていましたが
灯りの中に立つ
白い上着に 黒い袴姿が凛々しく
黒と白の的を射ていました

みかん猫67
ZCC 110 182 1

1月10日 / 2020


緩やかな 坂を登れば 雲の海
ZC C1 10 008 福岡市東区 leM10P×niAiNi24F2.8 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Ai Nikkor 24mm F2.8

日没は
一分また一分と日々遅くなっています

とはいえ
うろうろしていると
夕闇に囚われてしまいます
まだまだ油断なりません

雲の綺麗さに見とれているうちに
夜の帳が下りはじめた緩やかな上り坂

そんな中に
二つ並んだマンホールの蓋
道路の白い線がほのかに浮かび上がっていました

みかん猫67
ZCC 110 170 1

1月9日 / 2020


ねこ二匹 人間一人に 照る日差し
ZC C1 09 004 もも 茶太郎 leM10P×voCSKO21F3.5A J53.JPG
もも & 茶太郎 / LEICA M10-P × VOIGTLANDER COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical

ねこが二匹
寝床の籠が二つ
ヒーターを間に並べています

籠のサイズはねこの体に合わせ大小
左の小さい方はおばあさんねこの〝もも〟用
右の大きい方は巨漢の〝茶太郎〟用

今日はこちらの思惑どおりに入って寝てくれています
平和な午後のひとときです

でもこれは珍しいことで
いつもは
小さな籠の方で二匹がおしくら饅頭

やがて寝苦しくなった〝もも〟が
すごすごと籠を明け渡し
私の居場所がなくなります

みかん猫67
ZCC 109 143 1

1月7日 / 2020


ひたひたと日没迫る冬の散歩
ZC C1 07 014 福岡市東区 leM10P×niAiMNi55F3.5 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Ai Micro Nikkor 55mm F3.5

散歩は朝が効果的だと聞いたことがあるのですが
諸般の事情で夕方に散歩に出ることが多いのです

冬場は日没が早くて
うっかりすると暗くなってからの帰宅ということもよくあります

でも
夕闇迫る頃の薄暗い中で見る景色
これはこれでなかなか良いものです

日の出日の入り時刻のことが気になって
毎朝測ってメモをしている血圧の数値の横に
その時刻を書いてみました

それを見て
日の出の時刻は変わらなかったり
変わっても1分遅くなるといった程度ですが
日没の時刻は確実に毎日遅くなっているのが分かりました

夕方の散歩も
楽になっていきます

みかん猫67
ZCC 107 172 5

1月7日 / 2020


公園が 新しくなり 消えた思い出
ZC C1 07 017 福岡市東区 leM10P×niAiMNi55F3.5 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Ai Micro Nikkor 55mm F3.5

公園の改修工事が進んでいます
新しく設置されたベンチはまだ利用不可

パンダと象がビニールにくるまって
寒さしのぎをしているようです

新興住宅地として開発されたこの地も
月日が流れ住人の世代交代が始まってます

もう少しすると
新しくなった公園で子供達が遊ぶ春が来ます

みかん猫67
ZCC 107 172 0

1月5日 / 2020


ZC C1 05 001 もも fuPro3×fuXF35F2 J53.JPG
もも / FUJI X-Pro3 × FUJINON XF 35mm F2 R WR

「陽春白雪」をもじって
「陽春白猫」

うんざりするくらい生きてきたけれど
また新たな年を迎えて
尻尾の先まで気力充実

肖りたい

その前に
見習わないといけない
淡き陽春の光のごとき生き様


みかん猫67
ZCC 105 115 9

1月4日 / 2020

ZC C1 04 001 自宅 leM10P×leSNM28F2A J53.JPG
自宅 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.

家の中に差し込む光は
季節や時間によって変わります

これまで全く気にしていなかったのですが
我が家の階段に光が落ちていました

カメラを取りにその場を離れ
戻ってくると
少し様子が変わっていました

光が少し動いています
観察していると
そろりそろりと
光が階段を昇っていきます

家の中を光が昇っていくのを見て
初春からちょっといい気分

みかん猫67
ZOC 104 162 7

カレンダー

2020年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ