2020年7月アーカイブ


ZC C7 31 008 福岡市東区 leM10P×leASNM50F2A J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10P × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.


歯が抜けたように
花びらの抜け落ちたひまわりを目にして
季節が動いているのを感じる

ひまわりは太陽の方に顔を向けると聞いていたので
朝昼夕と
三日間ほどかけて
この場に通ってみたが
ここのひまわりはいつもこの方向に花が向いている

気になって調べてみると
太陽の方に向くのは成長期だけのこと
らしい

【 花びらを 散らし秋へのカウントダウン 】

みかん猫67

ZC C731 .0755
#かめカメラQ


ZC C7 30 015 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×leSMAM28F5.6 J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.


通り過ぎた時に
目の端に見えたものが
気になって後ずさり

白い壁に
真昼の太陽が当たり
上に張られた電線のようなものの影が
そこに落ちていた

なんだか
折れ線グラフのように見える

このようなブラフを
最近
テレビ画面でよく見る

【 壁の影 折れ線グラフのように見え 】

みかん猫67

ZC C730 .1230
#かめカメラQ


ZC C7 30 006 福岡市東区 leM10×leSMAM28F5.6 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × SUMMARON-M 28mm F2.8

七月も押し迫って
ようやく梅雨明けの知らせが伝わってきた

梅雨が明ければ

夏草が茂る
草むらに
白い秋桜の花を見つけた

夏がきたかと思えば
秋近しといった風情

【 梅雨明けて 夏草のなか 秋桜のはな 】

みかん猫67

ZC C730 .1206
#かめカメラQ


ZC C7 29 003 福岡市東区 leCL×leETTL18F2.8A J53.JPG
福岡市東区 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.


振り返ると
そこに西日の色があった

白いガードレールを
深い黄色に染めていた

もう少し時間が経つと
オレンジ色へと変わるのだろうが

その頃には
ガードレールに太陽の光は
当たらなくなるのだろう

西日の色を眺めていて

線香花火の
玉が落ちる瞬間の色を
思い浮かべた

【 落日は 線香花火の色に似て 】

みかん猫67

ZC C729 .1836
#かめカメラQ


ZC C7 25 013 福岡県糟屋郡新宮町 leCL×leETTL18F2.8A J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.


毎朝
ラジオで「今日の誕生日の花」というのをやっている

それによると
私の誕生日の花は
〝向日葵〟らしい

正直
向日葵はあまり好きな花ではない

大仰なのが
どうもいけない

それに
枯れ方が
お粗末なのもいただけない

【 向日葵は 少し離れて 見るのが良い 】

みかん猫67

ZC C725 .1708
#かめカメラQ


ZC C7 24 001 もも leM10P×leETM28F2.8A J53.JPG
もも / LEICA M10-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.


夏の暑さは
人間だけじゃなくて
我が家の老猫の身にも襲いかかる

人間の年齢にすると百歳を超えているので
毎年
この夏は無事に越せるかと心配してきた

一年一年
足元がおぼつかなくなり
体も細くなっている

今日は雨
雨つぶの着いた窓ガラス越しに
ぼんやり外を眺めいたが

カメラを向けると
「さっさと撮れよ」と
顔を向けてくれた

目力は衰えていない
今年も
無事に夏を乗り越えてくれることを
願う

【 老いてますます 嬶気取りで 人を見る 】

みかん猫67

ZC C724 .0759
#かめカメラQ


ZC C7 23 001 福岡市東区 leM10P×leETM28F2.8A J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.


夏至を過ぎると
少しずつ
日の出が遅くなり
日の入りが早くなっていく

明るい時間が削られ
暗い時間が増していく

季節はこれから夏なのだが
夏好きの私は
秋を感じ始める

大げさに言えば
今年も終わったといったところ

【 夏至過ぎて 夜の帳がそろそろと 】

みかん猫67

ZC C723 .1925
#かめカメラQ


ZC C7 20 010 福岡市博多区千代 leM10P×leWTM28F2.8A J53.JPGのサムネール画像
福岡市博多区千代 / LEICA M10-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.


人には
忘れられない日
忘れてはいけない日というものが少なからずある

それは嬉しい思い出に繋がっているものもあれば
悲しい記憶を呼び覚ますものでもある
その日を境に人生が変わったという忘れられない日もある

こういった
〝特別の日〟というものに関しては
一般的に女性の方が想いが深いようだ

それに反して男は駄目
〝結婚記念日〟を忘れていて
かみさんから睨まれるなんて話しを
テレビドラマ等でも目にするが
男とはそういったもののようだ

結婚記念日どころか
自分の誕生日も忘れてしまっているなんてこともある

晩飯の食卓に好物が並び
「はて、何かあるのかな?」と考えたら
自分の誕生日だったりして

最も
この歳になると
「また一つ老けてしまった」という負の気持ちになることもあるので
脳の方に誕生日情報が届かないように
自主規制しているのかも知れない

【 置き忘れ 傘をなくした あの日のこと 】

みかん猫67

ZC C720 .1650
#かめカメラQ



ZC C7 20 008 福岡市博多区千代 leM10P×leWTM28F2.8A J53.JPG
福岡市博多区千代 / LEICA M10-P × ELMARIT-M 28mm F2.8 ASPH.


板塀に四角い穴
そこに
猫が座っていた

四角い穴に

どうやら
穴は猫専用の出入り口のようなのだが

風の通り道にもなっているようだ
猫は心地よい居場所を探すのがうまい

突然
猫は首を動かし
反対の方向を見た


猫の見ている方向を見ても
特に変わった様子はない

しばらくすると
飼い主のおばさんが現れた

そろそろ
食事の時間だったらしい

【 猫の居る 小さな穴を 抜ける風 】

みかん猫67

ZC C720 .1641
#かめカメラQ


ZC C7 18 012 福岡県糟屋郡新宮町 soA7Rmk3×soSoFE35F2.8ZA J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony A7R mk3 × Sonnar 35mm F2.8 ZA

散歩の帰り道で
羽黒蜻蛉を見かけた
今年は例年より見かける機会が多い気がする

道の上に
群れて止まっていた

羽黒蜻蛉は
細くて
黒くて
あまり目立たない

写真に撮っても仕方ないかと思いつつも
これも何かの縁・・と
カメラを持って
間合いを詰めると
一斉に飛び立った

しばらくその場でじっとしていると
勇気のある連中が戻ってきて
元いた場所に止まってくれた

写真に撮ってはみたけれど
どんなもんだかね

【 日の盛り 羽黒蜻蛉も 羽休め 】

みかん猫67

ZC C718 .1155
#かめカメラQ


ZC C7 17 001 もも leM10P×leSMAM28F5.6 J53.JPG
もも / LEICA M10-P × SUMMARON-M 28mm F5.6

二階の部屋で一仕事終えて
階段をとんとんと降りる足音で
ねこは身構える

猫の居る部屋のドアを開けると
こんな目で見ていた

20年以上一緒に暮らしていると
ねこの言いたいことは
なんとなく分かる

この目は腹減った・・と
いうこと

「ごはんか?」と声をかけると
すっくと立ち上がって「ごはん」と声に出して返事

こんなことを繰り返して
一日は終わる

【 梅雨の外 眺める猫が 振り返る 】

みかん猫67

ZC C717 .1221
#かめカメラQ


ZC C7 14 018 福岡県糟屋郡新宮町(川上宮) soA7Rmk3×soSoFE55F1.8ZA J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町(川上宮) / Sony A7R mk3 × Sonnar 55mm F1.8 ZA

夕闇と雨雲の影響で薄暗くなった神社の境内
社殿の前に〝なんきん〟が一つお供えしてあった

大きさは甘夏くらい
薄暗い光の中で
なんきんの黄色い色が浮き上がる

世に言う
煮ても焼いても食えない〝おもちゃかぼちゃ〟
かと思って写真に撮った

あとで調べてみると
おもちゃかぼちゃではなく
食用になる
〝プッチィー〟という種類だと分かった

なんきんと厚揚げを炊いた
懐かしい味が口の中に蘇った

【 なんきんと 厚揚げ炊いて 冷やし酒 】

みかん猫67

ZC C714 .1734
#かめカメラQ


ZC C7 13 012 福岡市東区 soA7Rmk3×siCon45F2.8DGDN j50.JPG
福岡市東区 / Sony A7R mk3 × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN

訃報が届きました
私も70歳を過ぎて
周りの人たちも
それなりに高齢

訃報が届いても
それも定めと気持ちの落としどころを
わきまえているつもりだが

今日届いた知らせには
大いにこころが乱れている
寂しさの深みがまるで違う

単身
ハワイで生活しているときにできた友人で
現地で大いに助けてもらった
歳は私より8歳ほど若い

「こんなことなら」は
人が亡くなると
いつも思うことだが

こんなことなら
もっと頻繁に行き来しておけばよかった

もう
手遅れだが

【 後悔し 「こんなことなら」と からす鳴く 】

みかん猫67

ZC C713 .1548
#かめカメラQ


ZC C7 13 004 福岡市東区 soA7Rmk3×siCon45F2.8DGDN J53.JPG
福岡市東区 / Sony A7R mk3 × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN

雨の止み間を狙ってふらっと家を出た

しかし
どこに行こうとか
何をしようとか
目標とか目的といったものは何もない

気まぐれに
ふらっと曲がった角
その先に
普段は見向きもしない小さな公園

その公園は上下二段に分かれていて
階段で結ばれている

下の公園は小さな砂場がひとつと
鉄棒があるだけの小さな小さな空間

足を踏み入れたところで
何があるとも思えない

でも
なぜだな足が向いた

そこに黒い自転車が一台
このところ続いていた強い雨風の仕業か
面白いものを見つけた

白い影だ

【 雨風が 描いた砂絵 白い影 】

みかん猫67

ZC C713 .1544
#かめカメラQ



ZC C7 10 006 福岡市東区 fuXT4×leSNM35F2A J53.JPG
福岡市東区 / FUJI X-T4 × LEICA SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

前から傘を引っくり返して
自慢げに小学生がやってきた

名札をみると
1年生

変なおじいさんは
早速
「写真撮っていい?」と声をかけたら
こっくりと頷いた

傘がひっくり返ることをなんと言ったか
記憶の底を探してみると
確か
「まつたけ」になると言っていた(昭和20〜30年くらいの大阪)

無邪気な子供の姿は
今も昔も変わらないようだ

もうすぐ
梅雨が明けると思った

【 雨傘を ひっくり返して 梅雨明ける 】

みかん猫67

ZC C710 .1543
#かめカメラQ



ZC C7 07 008 福岡市東区 soA7Rmk3×coDi25F2.8 j53.JPG
福岡市東区 / Sony A7R mk3 × Contax Distagon 25mm F2.8

このところ雨が降り続いて
各地で災害も発生している

七夕も生憎の雨
しかし
雨雲の上はいつも晴れているだろうから
牽牛と織姫にとっては
地上の天気など知ったことではない

夕方
雨が小康状態になったので外出
天井の蛍光灯がちらちらしているので
買いに出た

買い物に訪れるスーパーマーケットの前に
馴染みの壁がある

壁のひび割れを白い漆喰で補修してある
良いと思う時には写真に撮るが
結果は
いつも一味足りない

今日は雨に壁が濡れていた
庇の部分だけは濡れずに普段の色

濡れた壁は黒味を増し
漆喰の白が目立つ

「いいじゃない・・」

【 七夕の あめかぜうけて いろ深む 】

みかん猫67

ZC C707 .1531
#かめカメラQ


ZC C7 07 003 茶太郎 soA7Rmk3×coDi25F2.8 J53.JPG
茶太郎 / Sony A7R mk3 × Contax Distagon 25mm F2.8

朝夕に
かなかなかな・・と
もの悲しい調子を奏でる
ひぐらしは
情緒があるけれども

日中
太陽の光と暑さに争うように
やたら大声で
叫びまくる
くまぜみは
いささか元気すぎる

少し遠くなった
老人の耳で聴いても
うるさい蝉の声を
高性能な耳をもつ
ねこにはどのように聞こえているのだろうか

【 ひぐらしの 切ない声にねこしんみり 】

みかん猫67

ZC C707 .1359
#かめカメラQ


ZC C7 04 001 茶太郎 leM10P×leASNM75F2A j53.JPG
茶太郎 / LEICA M10-P × APO. SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.


『童暦』という子供を撮った写真集の作者
植田正治さんが
「子供の写真は撮り難くなった」と言っておられた

植田正治さんは2000年7月4日に亡くなられていますが
それから
20年経過した今では事態はもっと複雑になってきている

子供に「写真撮っても良い?」と声をかけても
「知らない人に写真を撮られてはいけませんと学校で言われてる・・・」
などという返事が返ってくる

それはまだ良い方で
白い目で見られ
無視されるとこも多い

東京での話しだが
学生を連れて下町で写真を撮っていたとき
突然パトカーに行く手を塞がれ
不審尋問というやつを受けた

学生たちが
下校途中の小学生の写真を撮ったらしく
撮られた子供の母親から
警察に通報が入り私たちを追いかけてきたようだ

私が一応説明をしたが
人相が悪くて信用されなかったのか
身分証明書と運転免許証の提示を求めらた
なんとも後味が悪い

今日も
植田正治さんの『童暦』に登場するような
穏やかで優しい子供の姿は
撮れそうにないので
ねこの写真を撮った

【 恩知らず カメラを無視して 寝てるふり 】

みかん猫67

ZC C704 .0908
#かめカメラQ


ZC C7 03 002 もも leM10P×leASNM75F2A j53.JPG
家ねこ もも / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.

私は雨嫌い
雨の日は外に出たくない
傘を持ちたくないし
ズボンの裾や靴が濡れるのが嫌

ねこはどうだか分からないけれど
おそらく雨が嫌いだろう

窓から外を覗く
家ねこ〝もも〟の表情も
どことなく晴れない

雨の日は
私もねこも退屈
退屈しのぎにねこの写真でも撮るかと
カメラを構えると
ねこの表情はますます
曇る

ねこは雨も写真も嫌いらしい

【 雨の日は ねこと退屈 分けあって 】

みかん猫67

ZC C703 .1359
#かめカメラQ


ZC C7 02 011 茶太郎 leM10P×leASNM75F2A j50.JPG
家ねこ 茶太郎 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.

見るからに
退屈そうな家猫
茶太郎

記憶に残っているかどうか分からないが
もともとは野良だったので
外の世界も知っている

「あのころは
楽しかったな・・」などと
今を寂しく思っているのか

「・・でも
雨に濡れない
家の中は極楽や」と
雨音を聞きながら思っているとしたら

茶太郎の
この表情は
極楽呆けか

【 外は雨 遠い目をして 耳ぴくり 】

みかん猫67

ZC C702 .0836
#かめカメラQ


ZC C7 01 003 自宅 leM10P×leSTM50F2.4 j50.JPG
福岡市博多区 / LEICA M10-P × SUMMARIT-M 50mm F2.4

庭の花が倒れていた

そのままにしておくのも
可哀想なので
切り花にして
空になった
ウイスキーの空き瓶に生けてみた

球根で
強い植物らしく
庭のあちらこちらから出てくるので
出来るだけまとめて
植え替えている

この花の名前は知らなかったので
調べてみると
〝クロコスミア〟ということが分かった

和名があり
〝姫緋扇水仙〟というらしい

なかなか上手く生けられたと
悦に入っていたが
気がついたら
猫に齧られて台無しになっていた

【 花の名は 知らないけれど 生けてみた 】

みかん猫67

ZC C701 .0935
#かめカメラQ

カレンダー

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ