2020年11月アーカイブ


202011 NOV30 002 福岡市東区 soα7C×siCp45F2DGDN pc.jpg
福岡市東区 / SONY α7C × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN



暖房の効いた列車を降り
外に出ると
夕闇がせまっていました

駅舎を出て
土手の上に立つ桜の木を見上げたとき
枝に残った葉が目にとまりました

冬の空を背景にして立つ桜の木の枝で揺れている
茶色くなった木の葉を見ていると
そこに温かみが残っているように感じられました

そんな感覚が写真に写せるかどうか分からなかったけれど
冷えたカメラを額に押し当てて
一枚だけ撮ってみました

---------------------
ZCJ129. 001. 1520
写真が撮れた日


202011 NOV29 001 福岡市中央区 leM10R×leSUMMILUX-M 35F1.4A pc.jpg
福岡市中央区天神 / LEICA M10R × LEICA SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.



こういうご時世ですが
クリスマス狙いの催し会場は
結構賑わっています

そんな賑わいの中に入れない
人見知りというか
臆病というか
シャイなサンタクロ〜ス君の後ろ姿

私も
サンタクロ〜ス君も歳ですから
外出を控え
人混みを避け
引っ込んでいろという世間の声に
おたおたしてしまう毎日です

---------------------
ZCJ129. 001. 1520
写真が撮れた日


202011 NOV28 023 福岡市中央区城内 leM10R×leSNM28F2A pc.jpg
福岡市中央区城内 / LEICA M10R × LEICA SUMMICRON-M 28mm F2 ASPH.



黄色は好きな色です
緑色も好きだけれど
緑系ならなんでも良いというのではありません

しかし
黄色は若い黄色から成熟した黄色まで
どのような黄色でもそれぞれに良いもです

最近は上京する機会もなくなりましたが
銀杏の葉が散る頃の東京は魅力的で
東京に暮らす人を羨ましく思っています

銀杏を眺めるために
福岡城址へ

私の好きな銀杏の木の下には
先客で犬のカップルが来ていました

ちょっと邪魔だったけれど
これも何かの縁とご愛嬌で撮ってみました

---------------------
ZCJ128. 023. 1302
写真が撮れた日


202011 NOV27 010 福岡市東区 leM10R×caL35F1.5 pc.jpg
福岡市東区 / LEICA M10R × Canon L 35mm F1.5


最近では
植物の名前はカタカナ表記にすることが多いのですが
漢字名があるのなら漢字で書いてやりたいと常々思っています

今日の写真は「すすき」
漢字では「薄」や「芒」と表されます
「芒」は光にまつわる意味もあるようです

池の土手に芒を見ました
その穂先揺れて
鈍く光りました

---------------------
ZCJ127. 010. 1247
写真が撮れた日


202011 Nov26 012 福岡県古賀市 leM10R×leASNM50F2A pc.jpg
福岡県古賀市 / LEICA M10R × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.


お世辞にも綺麗な川の流れとは言えない川

河口が近いので
ここまで流れてくる間に
いろんな汚れを飲み込んできたことが伺えます

そんな川でも
水面に空の青が映っていました

---------------------
ZCJ126. 012. 1221
写真が撮れた日


202011 NOV25 003 福岡県古賀市 soα7C×czGBi28F2.8 pc.jpg
福岡市東区 / SONY α7RIII × CONTAX G Biogon 28mm F2.8


救急車が音もなく走り去っていきます
患者を搬送し終わっての戻りでしょう

初冬の
寒々とした景色の中に

赤々と
「発熱外来」の立札

冬を越し
暖かくなるころには
なんとかなる・・のだろうか

---------------------
ZCJ125. 003. 1143
写真が撮れた日


202011 NOV24 006 福岡市東区 soα7RIII×czBi28F2.8G pc.jpg
福岡市東区 / SONY α7RIII × CONTAX G Biogon 28mm F2.8


買い物袋をぶら下げて
えっちらおっちら
老人にはちょっときつい坂道を登っているとき

周りの建物の窓ガラスからの反射光なのか
路傍の石蕗の花にスポットライトが当たっているのを見つけました

手にした荷物を置いて
カメラをショルダーバックから取り出し
2枚撮影

車が離合するのも難渋するくらいの狭い坂道
あまり撮影に時間はかけられません

慌ててその場を立ち去ったのですが
なんか気になって
今度は坂を下って再びもとの場所に

しかし
そのときには光がなくなっていました

---------------------
ZCJ124. 006. 1407
写真が撮れた日



202011 NOV23 016 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×caL35F1.5 pc.jpg
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × Canon L 35mm F1.5


散歩道から少し逸れて
馴染みの銀杏の木を見に寄りました

高く聳えて立派な銀杏と言うほどのものではないのですが
それでもこの時期には
黄金色の落ち葉を一面に敷き詰めていました

それが
ある年
鋸を入れられ無惨な姿に

今年もそんな銀杏の木を眺めに出かけ
写真に撮りました

銀杏の木は自らの力で形を整えてきていますが
まだまだです

なので今日の写真は
銀杏の木を撮る私の背後にあった
甘夏を撮ったものにしました

---------------------
ZCJ123. 016. 1200
写真が撮れた日


202011 NOV22 002 茶太郎 soα7C×siCp45F2.8DGDN pc.jpg
茶太郎 / SONY α7C × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN


ねこが私の生活パターンに合わせているのか
私がねこの生活リズムに合わせているのか・・

お互いがリンクしていることは確かです
私が
顔を洗うために洗面所に立つと
茶太郎が横にやってきます

窓を開けてやると
私の洗面が終わるまで
まどの外を眺めています

この時期は
裏の木に鵯がきて
ピーピー鳴くので
それをじっと眺めています

洗面が済むと
茶太郎の体にブラシをかけてやります

こうして
私とねこの一日が始まります

---------------------
ZCJ122. 002. 0721
写真が撮れた日


202011 NOV20 013 福岡県糟屋郡新宮町 soα7C×soSo55F1.8ZA pc.jpg
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7C × Sonnar 55mm F1.8 ZA


走るバスの窓から
ぼんやり空を眺めていたら
曇天なのに

本当の虹ではないけれど
なんだか面白くて
咄嗟の一枚です

窓ガラスに映ったバスの吊革も
しっかり脇役の仕事をしてくれました

---------------------
ZCJ120. 013. 1208
写真が撮れた日


202011 NOV19 009 福岡市東区 soα7C×Canon L 35mm F1.5 pc.jpg
福岡市東区 / SONY α7RIII × Canon L 35mm F1.5


冬寒の空の下
目にするものの色彩も地味になってきています

そんな折
民家の庭に華やぎをみつけました

さざんかなどの花の色ではなく
ままごと遊びのようです

ビールのケースをテーブルに
その上に暖かな彩りのものが並べられています

---------------------
ZCJ119. 009. 1221
写真が撮れた日


202011 NOV18 009 福岡市東区 soα7C×caL35F1.5  pc.jpg
福岡市東区 / SONY α7RIII × Canon L 35mm F1.5


晩秋から初冬へ
季節代わりの空を見上げたとき
怪しげな植物が目に止まりました

どこからか
風に乗って種子が飛んできたのでしょう
我が家の庭にも生えていた
「風船唐綿」です

風船のような袋には針のような棘があり
草の様子をみても可愛げがなかったので
無意識に引き抜いていたのでしょう

いつのまにか
我が家の庭から姿を消した
「風船唐綿」

---------------------
ZCJ118. 009. 1241
写真が撮れた日


202011 NOV16 006 福岡市東区 soα7RIII×caL35F1.5 pc.jpg
福岡市東区 / SONY α7RIII × Canon L 35mm F1.5


大向こうから
黄色い声がかかった

高校の下校時間らしい
駅のホームの外れで一群れの男子高校生たちが屯していた

やがて彼らが動き始めると
「◯◯く〜ん」と
線路の向こう側から女性の声

その声に応じるように
男子高校生の群れの中の一人が手を挙げた

その手の挙げ方が
なんとも格好よかった

---------------------
ZCJ116. 006. 1413
写真が撮れた日


202011 NOV15 009 福岡県糟屋郡新宮町 soα7RIII×caL35F1.5 pc.jpg
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7RIII × Canon L 35mm F1.5


散歩の途中で見かけました
「姫蔓蕎麦」
といっても
蕎麦屋の屋号ではありません

この時期に咲く植物で
石垣のちょっとした隙間からでも
顔を出し旺盛に育っているのですから
その生命力にはいつも驚かされます

我が家の庭にも生えるのですが
まるで
厄介者扱いで
このジジイに引き抜かれてしまいます

それでも顔を出してくるので
健気といえば健気な奴です

いちど
鉢植えにでもして可愛がってやるかな

---------------------
ZCJ115. 009. 1649
写真が撮れた日


202011 NOV13 003 もも soα7RIII×soE20F2.8 pc.jpg
もも / SONY α7RIII × E 20mm F2.8


リビングの窓辺
和室の縁側
日当たりの良いこれらの場所は
ねこ専用の陣地

陣地で眠る老猫ももの頬に
今日の終わりを告げるような微かな光が落ちて
自慢の髭に灯が灯っているようです

もう少ししたら日没
そろそろ
起きる頃です

一匹が起きれば
もう一匹も起きてきます

二匹で「ごはん」と合唱しなながら
給食当番の爺いに着いて回ります

---------------------
ZCJ113. 003. 1601
写真が撮れた日


202011 NOV12 003 福岡県古賀市 soα7RIII×leSTM50F2.4 pc.jpg
福岡県古賀市 / SONY α7RIII × LEICA SUMMARIT-M 50mm F2.4


バス停に着いたときには
誰も居なかった

やれやれ
バスは行ったばかりか

暫くすると
赤いスニーカーを履いた男性が婦人連れでやってきた
夫婦もこれくらいの歳になると
付かず離れずを通り越して
離れ離れ

次に来たのは若い女性
彼女は携帯電話の操作に夢中

それぞれが
それぞれの殻の中といった
妙な空気

最後に現れたご夫人の二人連れは
ピーチクパーチク
ここだけは別世界

---------------------
ZCJ112. 003. 1248
写真が撮れた日


202011 NOV11 002 福岡市東区 soα7RIII×leSTM50F2.4 pc.jpg
福岡県古賀市 / SONY α7RIII × LEICA SUMMARIT-M 50mm F2.4


どうやら
ここに住んでいた人が引っ越して
空き家になった様子

新しい家に連れて行ってもらえず
置き去りにされたのか

締め切られた雨戸を
猫がじっと見つめていました

数日
こんな状態が続いているのを目にして
こころが痛みます

---------------------
ZCJ111. 002. 1330
写真が撮れた日


202011 NOV10 001 福岡県古賀市 soα7RIII×leSTM50F2.4 pc.jpg
福岡県古賀市 / SONY α7RIII × LEICA SUMMARIT-M 50mm F2.4


色褪せたトタン板の壁
その前に張られた網を伝って蔓を伸ばし
朝顔の花が咲いていた・・

その姿を私は見ていない
この辺りを徘徊するようになったのは
朝顔の季節も終わった10月になってからだから

まあ
朝顔の花が満開の時には気にもとめなかったと思う
綺麗な花には物語がくて面白くない

---------------------
ZCJ110. 001. 1239
写真が撮れた日



202011 NOV09 002 福岡県古賀市 leM10P×ASNM75F2A pc.jpg
福岡県古賀市 / LEICA M10-P × APO SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.


足腰は年相応というよりは
ほんの少し丈夫だと思っています
それでも
足腰の衰えを自覚せずにはいられません

まず
走るのがからっきし駄目になりました

バスに乗り遅れそうになったときに
駆け出すこともあるのだけれど
惨めな姿で走っているのだろうな・・と
思いながら走っています

歩くのはそこそこなのですが
気を緩めると女の子に追い抜かれたりすることもあります

そんな時はギアを入れ替えて
アクセルベタ踏みで
追いつけ追い越せと頑張るのですが

そうすると
今度は周りが見えなくなって写真が撮れません

若いときには
速足で歩いてもちゃんと周りは見えていたのだけれど・・
困ったものです


---------------------
ZCJ109. 002. 1048
写真が撮れた日



202011 NOV06 000 福岡県古賀市 leM10P×leASNM75F2A pc.jpg
福岡県古賀市 / LEICA M10-P × APO SUMMICRON-M 75mm F2 ASPH.


ひと仕事終えて建物の外に出てみると
空一面に雲

そんな空に向かって
じわりじわりと迫り上がっていくかのような樹木

何を感じて「良し」としたのか
分からない

でも
今日連れてきたレンズにうまく収まりそうだと
感じたことは覚えている


---------------------
ZCJ1061200. 000
写真が撮れた日


202011 NOV03 000 もも soα7C×caFE40F2.8 pc.jpg
もも / SONY α7C × Canon EF40mm F2.8


人間の年齢だと
齢百歳を超えているらしいです

若い時の
美しい毛並みも
いまでは
毛玉ができて古びたセーターのようで
お世辞にも綺麗とは言い難い

足元はよろよろ
自分の排泄物を踏んづけて
その足で歩き回ることもしばしば

老猫の姿は
明日の我が身かも・・
と 思いつつ
日々 お世話させてもらっています


---------------------
ZCJ1031047. 000
写真が撮れた日


202011 NOV01 003 福岡市東区 soα7RIII×leSNM35F2A pc.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7RIII × LEICA SUMMARON-M 35mm F2 ASPH.


葉の落ちた柿の木に
熟した実が二個残っていました

最初
足を止めさせたのは
色鮮やかな柿の実ではなくて
壁に映っや木の影でした

カメラを構えた段階で
はじめて柿の実の存在に気づきました

全体的にモノトーンの景色の中に
熟した柿の実は色鮮やかで
ファインダーを覗きながら
陶工 酒井田柿右衛門さん気分で
シャッターを押しました


---------------------
ZCJ1011133. 003
写真が撮れた日

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ