202104 APR11  005 福岡市東区 leM10P×leSx50F1.4 pc.jpg
福岡市東区 / LEICA M10-P × Summilux 50mm F1.4



今年の健康診断
結果は例年とそれほど変化はなし

長く生きてきたので
体の彼方此方に支障はでてきているけれど
「悪くなっていないから」良しとするか・・といったところ

ただ
体重と腹囲が増えていると
主治医が赤ペンで数字を囲む

身体が膨らんだ結果
衣類が窮屈になっている
特にズボンは全滅に近い

普段着にするために
ゆったりとしたサイズのものを買っていた三本以外は
全て買い直し

結構な散財でも体は細くならない
細るのは〝財布〟だけ

不要不急の外出禁止
年寄りに不要不急じゃない外出は
病院通いくらいのものだから外歩きもままならず
運動不足に

家に閉じ籠っていれば
体動かさずに
口動かすことに

当然
肥満になるよな

---------------------
ZJ C4 11 1039 005

写真が撮れた日



太ってズボンが全滅
夏痩せを期待したいけれど
夏に太る体質



202104 APR11  003 福岡市東区(和白東小学校) leM10P×leSx50F1.4 pc.jpg
福岡市東区 / LEICA M10-P × Summilux 50mm F1.4



県知事選挙の投票に出かけた
投票所は近くの小学校

無事に投票を済ませ
そのまままっすぐ帰る・・
なんてことはしません

せっかく来たんだから
何か撮って帰るぞと見つけたのが
カラフルな柄の〝箒〟

白い壁に反射光が揺れているのも良い

しかし
何よりも良いのは
箒の顔
豊かな髪の毛が逆立っている

羨ましい

---------------------
ZJ C4 11 1032 003

写真が撮れた日



髪の毛逆立て
箒が一列縦隊
前に倣え


202104 APR10 009 福岡市東区箱崎 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡市東区箱崎 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4



店じまいをして久しい喫茶店の入り口
人の出入りが途絶えたドア

店の周りは随分と荒んでしまったが
ドアの取っ手は
まだ輝きを残している

随分と多くの人が
この取っ手に触れてきた
そんな歴史の輝きのように見える

ドアの横に
ひまわり柄のレースのカーテンが下がっている

白一色のひまわりを見ていると
色を塗る前の
塗り絵のように見える

---------------------
ZJ C4 10 1547 009

写真が撮れた日



ドアが開くたびに
風が吹き
揺れたひまわり


202104 APR10 007 福岡市東区箱崎 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡市東区箱崎 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4



私が幼い頃の建物の多くに
面格子といわれるものが窓に取り付けられていた
いわゆる〝窓格子〟というやつ

鉄製の格子で
ちょっとした意匠が凝らされていた
今では見かけるとこが少なくなったが
あってもアルミ製などで色気がない

木製のものも記憶にある
まだ
テレビが珍しい時代
我が家の近くにあった市会議委員だか区会議員だかの事務所に
テレビが置かれており
大相撲の中継などがあると
大人連中が事務所にあつまり相撲観戦をしていた

子供は選挙権がないからか
中には入れてもらえず
窓に棒状の木材を取り付けただけの窓格子に
まるで囚人のように掴まり窓の外から
テレビを眺めていた

その後
我が家にもテレビが入り
それまで聞いていたラジオドラマ〝赤胴鈴之助〟から
テレビドラマの〝月光仮面〟や〝少年ジェット〟へと興味が移っていった
1957年〜59年頃の話し

---------------------
ZJ C4 10 1547 007

写真が撮れた日



窓格子に錆が浮き
南天に
水遣る人もなし


202104 APR10 004 福岡市東区箱崎 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡市東区箱崎 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4



歳をとると
昨夜の晩飯に何を食べたかが思い出せないけれど
昔のことを
ふっと思い出すことがある

決して
よく言われるように
「昔のことはよく覚えている」などということではない

昔のことも昨日のこと同様
忘却の彼方だけれど
何かしたきっかけで浮かび上がってくる

「純喫茶 プランタン」
東区箱崎の九州大学近くにあった喫茶店
大学は移転し
この辺りの様子も大きく変わった

昔は
大学の近くには喫茶店があった
私の大学の正門近くにも
「田園」という喫茶店があり
後に「スワン」と名前が変わった

「純喫茶」「プランタン」「田園」「スワン」
みんな
遠く懐かしい昭和の響き

---------------------
ZJ C4 10 1540 004

写真が撮れた日



純喫茶
コーヒー一杯で長居した
懐かしい日々


202104 APR10 003 福岡市東区箱崎 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡市東区箱崎(多々良川) / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4



パンを買いに
バスに乗って出かけた

散歩も兼ねていたので
最寄駅よりだいぶ手前でバスを降りて歩く

得意のぶらぶら歩き
ふらっと迷い込んだら
JRと西鉄の線路が並行しているところに出た

「へ〜 こんなところに出るんだ」と感心していると
背後から
ごとごとごとと線路の上を走る車両の音が近づいてきた

いわゆる〝鉄ちゃん〟ではないが
電車やバスに乗って揺られるのは嫌いではない

電車が横を通り過ぎたところを撮りうとしたとき
鉄ちゃんとして尊敬している酒井くんのことばが頭をよぎった

「車両は前方から撮ること・・」
そんなような教えだったと思う
ということで
前から向かってくる「貝塚」行きを待って撮った

---------------------
ZJ C4 10 1458 003

写真が撮れた日



ごとごとと
長閑な音を響かせて
橋梁走る二両連結


202104 APR09 001 福岡市東区 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡市東区 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4



「なんさらしてけっかんねん」
「どたま かちわったろか」
「いてまうぞ!」
お〜
なんと刺激的なおことば

大阪を離れてながくなるけれど
いまでも
こんなことばを使って喧嘩する奴
おるんかいな・・

どたまを
金属パイプでぶちかまされても
涼しい顔

ヘルメットのコマーシャルに使えそうや

「ケツの穴から手ェ突っ込んで 奥歯 がたがたいわしたろか」なんていうのも
ありましたな


---------------------
ZJ C4 09 1720 001

写真が撮れた日



鉄パイプが頭に落ちてきても
このヘルメットさえあればと
涼しい顔でにっこり


202104 APR08 006 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4


〝チューリップ〟と聞けば
春の花をイメージするのが普通

次に
〝サボテンの花〟などのヒット曲をもつ
グループの〝チューリップ〟を思い浮かべる人も多いはず

でも
普通でない人は
パチンコ台で閉じたり開いたりするチューリップを思い浮かべ
「オーッ ひらけひらけ パッとひらけ チューリップ」と口ずさむ

そういえば
〝チューリップハット〟というのもあるな

上の写真を撮るとき
「チューリップみたいや」と思った私も
「ひらけひらけ チューリップ」に輪をかけて普通じゃないのかも

どこがチューリップ???

ピンと閃いた人は同類

そう
鶏の唐揚げの〝チューリップ〟
骨つき肉をチューリップのように加工した
あれです

---------------------
ZJ C4 08 1627 006
写真が撮れた日



ビヤホールで
食べた唐揚げ
旨し 懐かし


202104 APR08 004 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4



健康のために散歩をしているのか
写真を撮るために散歩しているのか
まあ
どちらでも構わないけれど
健康と写真は車の両輪のようなものだ

歳とともに
健康で有たいと願う気持ちは増す
〝無病息災〟が理想だろうけれど
すでに「無病」ではなく病を抱えてしまっているので
病と折り合いをつけるために今日も歩いた

歩けば
何か写真が撮れると思っているが
歩いても
写真が全く撮れない日もある
そんなときは気休めにシャッターを押すこともあるが
ろくな写真は撮れていない

今日の散歩は
どちらかというとその傾向が強かった

しかし
ここにきて「おっ・・」と心躍るものに出会った

私の「おっ・・」は
往々にして他人様には「何が?」「どこが?」なので
ろくな写真ではないことが多いのだが

---------------------
ZJ C4 08 1612 004
写真が撮れた日



逆光に
目を細めて見た
窓の白


202104 APR08 002 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×leSx35F1.4 pc.jpg
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × Summilux 35mm F1.4


使われなくなった温室
中では植物は繁茂し
入口や屋根から
緑の触手外へと伸びていた

こういう状況を見て
熱帯のジャングルを出て
都会暮らしをはじめた
地球外生物〝Predator〟の巣窟を連想してしまった

温室だから
中は
さぞ暑くて
熱帯のジャングルのようだろう

異常繁殖して膨れ上がった植物が発するガスが
温室を破裂させ
中に巣食っていた地球外生物〝Predator〟は死滅して
平和な地球に戻る
などとSFまがいなことを考えたが

必ず生き残った奴がいて
「続く」んだよね

---------------------
ZJ C4 07 1751 011
写真が撮れた日



温室も
暑くなってきたと
這い出る緑

カレンダー

2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ