もわれ

JF C6 15 023 熊本県阿蘇郡高森町吉見 Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.#
熊本県阿蘇郡高森町吉見 Sony A7S × APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.

廃校になった小学校の教室。
窓に下がった白いカーテン。

そこに枯れたつる草が。
子供が居なくなってから、何度目の夏休みを迎えるのだろうか。

壁には廃校になった当時のカレンダーが。
なかなか上出来の木版画でキジが描かれており、
11月、 キジ、 ジュンペイ ミサキ のクレジットが入っていた。

表紙を目繰り返せば、制作年が分かるのだろうけど、
敢えてそれはしなかった。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


世の中には訳のわからないことや、ものが沢山ある。
その一つが〝モンドセレクション〟というやつ。
最高金賞だとか、金賞とか言われても、何が何だか分からない。
ただ、「金賞受賞」を謳い文句に宣伝し、売上を伸ばそうとする下心は見え見え。

それともう一つ。
〝世界遺産〟。
国連機関のユネスコが取り仕切っているのだが、
国の政治力や、国と国との力関係があったりして、政治利用されている節もある。

いま、福岡県の宗像・沖ノ島で盛り上がっているけれど、
世界遺産の理念は立派で、何ら異を唱えるつもりはない。

しかし、世界遺産に認定されて喜ぶ裏には、
観光による経済効果を期待して大よろこびしているように思えてならない。
この点においてモンドセレクションも世界遺産もともに胡散臭いと、年寄りは思うのだが。

JE C9 12 028 福岡県宗像市 Olympus E-P5 × M Zuiko Digital 17mm F1.8#
福岡県宗像市|宗像大社 Olympus E-P5 × M Zuiko Digital 17mm F1.8

お賽銭の回収にきた巫女さん。
世界遺産に登録されると、観光客も増え、お賽銭も増えるのだろうな・・へそ曲がり者のつぶやき。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


日傘?

CP C6 14 008 福岡県筑紫野市 Canon 5D MK2 × EF 28mm F1.8#
福岡県筑紫野市 Canon 5D MK2 × EF 28mm F1.8

暑い。
歩けど歩けど、レンズを向けるものに出会えない。
でも、歩く。
歩かないと何も起こらない。

目の前を背中の曲がった老人が歩いていた。
傘をさしている。
天気の良い日の傘となると、日差しを避けるための日傘ということになる。
しかし、その老人の傘は透明のビニール傘。
日差しは避けられそうにない。

ま、どうでも良いか。
透明ビニール傘でも気分は日傘なのだろう。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ハイヒール

CB C6 07 005 LEICA M8 × UC-Hexanon 35mm F2 福岡市東区#
福岡市東区 / LEICA M8 × UC-Hexanon 35mm F2

バス停で帰りのバスを待っていた。
人々が一日の仕事を終えて帰宅する時間帯で、
バス停には多くの人が居た。

そこにバスが到着すると、入り口のところにどっと人が集まってくる。
なんとなくその様子を見ていて気付いたことがある。
疲れが顔に出ている多くの女性の足元はハイヒールだった。

もちろん私はハイヒールを履いたことはないけれど、
見るからにきつそうだ。
それを履いて一日働くと、そりゃあ疲れが顔にも出るだろう。

女性はなぜハイヒールを履くのか?
男には謎である。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


窮屈バス

日本のバスはどうしてこんなに窮屈なのか。
今日はバスの運転手側の一番前の席に座ったが、
座席の足元が狭くて、靴を真っ直ぐに出来なくて、逆ハの字にして固まっていた。

街から我が家まで、バスで30分ほどだけれど、
窮屈な状態で座っていたから、まるで飛行機のエコノミー症候群のような症状に襲われる。

特に、年寄りは筋肉がすぐに固まり、いちど固まった筋肉はなかなかほぐれないので厄介である。
バスを降りる時には用心しないと転げ落ちるかも知れない。

用心用心。

JJ C9 05 045 Oahu Hawaii OLYMPUS E-P3 × DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.#
Oahu Hawaii OLYMPUS E-P3 × DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

上の写真はハワイの〝The BUS〟。
オアフ島を一周するルートもあり、長時間乗り続けることが多かったが、
日本のバスのような不満を感じることもなく、
バスの小旅行は運賃も安く、いつも快適だった。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

初めての梅雨

JF C6 11 001 福岡市東区 Sony A7S M2 × Sonnar FE 55mm F1.8 ZA#
福岡市東区 Sony A7S M2 × Sonnar FE 55mm F1.8 ZA

去年の今頃、家の屋根や壁の工事をした。
その時に、ここに住み始めて以来の生垣を取り払い塀に変えた。
歳をとると、生垣や庭の手入れもなかなか大変だと言うのがその理由。
大した樹木はないのだけれど、その折に庭木を植え替えた。

紫陽花も植え替えたので、
初めての梅雨を迎えたことになる。
今年は花を見るのは諦めていたのだけれど、小ぶりの花を咲かせてくれた。

生垣にしていた木も一株だけ新しい場所に移して残した。
それにも小さな蕾を見つけたので、
程なく白い小さな花を咲かせることだろう。

庭の草木にはそれぞれに思い出のようなものがあるので、
枯らさないように可愛がってやる。
こんな心持ちにさせるのも歳の所為か。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


枕元の本

CB C9 06 414 Chinatown Honolulu Oahu Hawaii LEICA M8 × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.#
Chinatown Honolulu Oahu Hawaii LEICA M8 × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

枕元には読みかけの本や雑誌を積み上げる。
どうせ横になったらすぐに眠りに落ちるのだから、せいぜい一二冊用意すれば十分なのだけれど、積み上げることが習慣になっている。
私の父親も同じことをやっていたので、その影響なのだろう。

なかにはかなり長い期間に渡り枕元に置かれる本もある。
面白くなかったり、小難しかったり・・そんな本がまず第一。

第二に、面白い本。
長い時間をかけて読みたい・・・と言った方が正しい。
面白過ぎて、一気に読み終えてしまうのが惜しいのだ。

現在も枕元にそんな本が一冊ある。
好物の美味しいものを、少しずつ楽しみながら食べるように、毎日、布団に寝転がり、先ずはその本を手に取り少し読む。
そして、次の本に移るといった状態。

そうしているうちに眠りに落ち、
いい夢を見られる・・はず。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

常套手段

CF C5 16 010 福岡市中央区 Canon EOS Kiss N × EF 24mm F1.4 L#
福岡市中央区 Canon EOS Kiss N × EF 24mm F1.4 L

傘の手放せ無い季節。
現代人にとって、季節に関わらす手放せ無いのが携帯端末。
膝に名刺ファイルを置いて、仕事先にで電話しているらしいサラリーマンを撮影。
適当にプレッシャーをかけ、振り向いたところでシャッターを押す。
私の常套手段。

1978年(昭和53年)に福岡市は大渇水に見舞われた。
今日では写真教育の現場もデジタル主流だから、渇水で給水制限をされて困ることもないのだろうけれど。
しかし、大渇水当時の写真はフィルムと印画紙、それに暗室に水が必要な時代で、当時担当していた授業は大量に水を使う黒白銀塩写真の授業で、たちまち干上がってしまった。
インスタントフィルムを多用しての、撮影実習でなんとか切り抜けた記憶がある。

あれから約40年経過。
福岡が大渇水に見舞われた頃、私は30歳くらい。
まだまだ元気盛りだったが、それから40年近く経って、私の体のため池も渇きかけている。

梅雨の雨を吸収して、干からびた心身に潤いが補給できると良いのだけれど。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

孤食

JF C6 08 008 福岡市博多区 SONY S6500 × E 20mm F2.8#
福岡市博多区 SONY S6500 × E 20mm F2.8

なんだか孤独な光景を隙間から覗き見してしまった。
いわゆる〝孤食〟というやつ。

マスクを外さず、顎のところにずらしただけ。
何を考えながら、食べ物を口に運んでいるのか?
きっと、味わうことなど忘れてしまっているのだろう。

一人食べる食事は、なんだか修行のようだ。
彼はいま、人生修行の真っ最中。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67


ねこと暮らす 7

JF C6 07 002 ねこ A7S M2 × SUMMARON-M 28mm F5.6#
茶太郎&銀次郎 / SONY A7S M2 × SUMMARON-M 28mm F5.6

兄弟で子猫の状態で拾われてきたのが、2010年10月だから、
現在、年齢は7歳ほど。
まあ、そこそこいい年なのに、
いまだにべったりの兄弟猫。

兄弟のために、同じ寝ぐらを2個並べて置いてあるのに、
一つに押し競押し饅頭状態で入って寝る。
この時期だから寒いわけではない。
むしろ、こうして寝ると暑いだろうに。

猫を人間に置き換えたとして、
ええ歳をしたおっさんが、べったりと引っ付いて寝ている図は、
なんか臭ってきそうで、見たくもないけど、

ねこだから、まあええか。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ