ナニワイバラ


L1010169 S00.JPG
福岡市東区 / LEICA SL × Canon EF 24mm F2.8 IS

数日前に散り始めた〝白藤〟は、木の上で茶色く色づいて散りました。

今日、外出するときに、散り始めていることに気づいた、
〝ナニワイバラ〟は白いまま散っています。

咲いてるときは、どちらも綺麗なのですが、
散った姿も美しいとなると〝ナニワイバラ〟に軍配が上がります。

祭りの興行

JB C4 15 019 福岡県直方市 PGX9×DGSX15F1.7A s.JPG
福岡県直方市|多賀神社 / Panasonic LUMIX DC-G9 PRO × DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

お祭りの出し物でしょう。
神社の境内に演歌歌手のポスターが出ていました。

ビールのケースを並べ、その上に板を起きいた観客席が準備されていました。

空模様はあまりよくなく、肌寒いけれど、
観客で座席がいっぱいに埋まることを祈ります。

20年後は90歳


JB C3 20 017 熊本市中央区 熊本城 Sony α7II × Canon EF 40mm F2.8 STM#
熊本市中央区 熊本城 Sony α7II × Canon EF 40mm F2.8 STM

震災から二年経過。

熊本城内を、
旗に誘導されて観光客が通ります。

犬に引かれて日課の散歩をする人がいます。

お城が復旧するまで20年ほどかかるとニュースで聞きました。
20年後、私は90歳。

おそらく、復元された熊本城を目にすることは叶わないと思うけれど、
大好きな熊本城の桜は、
一回でも多く眺めたいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JB C4 09 011 ねこ Panasonic DC-G9 ×DG SUMMILUX 25 F1.4#
銀次郎 / Panasonic DC-G9 ×DG SUMMILUX 25 F1.4 ASPH.

雄猫の〝銀次郎〟の様子がおかしいので、動物病院に連れて行きました。

診察の結果は〝アレルギー〟。
人間の〝花粉症〟が突然発症するように、猫も同様らしいです。

目から涙。
湿疹がでて痒いらしく、掻き毟り毛が抜けます。
とりあえず、アレルギー症状を緩和する注射を二本。

二週間後に、経過を診てもらいに再び出かけます。

病院に行く時は、外出用のバックに入るのを嫌がったけれど、
診察が終わって帰る段になると、
自ら、そそくさとバックの中に逃げ込みました。

帰宅後も、バックが気に入ったのか、中で静養。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

木の股に携帯電話


JB C3 31 016 福岡市中央区 LEICA SL × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.#
福岡市中央区 LEICA SL × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

花見で賑わうなか、爺さんが一人でうろうろ。
寂しいようであり、気楽でもあり。

女の子が二人並んで記念写真を撮っていた。
カメラは・・と反対側を見ると、
桜の木の股に携帯電話が差し込まれているのを発見。

「ハイ、チェリー」・・無事に撮影終了。
その瞬間を爺さんが携帯電話ではなく、ちゃんとしたカメラに収めました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JB C3 31 001 ねこ LSL×ETM24F2.8A#
銀次郎 & 茶太郎 / LEICA SL × ELMARIT-M 24mm F2.8 ASPH.

いつものように銀次郎が床に大きな体を横たえて、朝日を浴びています。
太陽光に当たりすぎて上気せないように用心してか、ちゃんと頭は日陰部分に置いてます。
本日はお腹を中心に温めているようです。

「茶太郎も日光浴するか?」と、茶太郎のために、
日の当たるところに椅子を動かしました。

こちらの思いやりが理解できたのか、
椅子を置くと、茶太郎はすぐに飛び乗ってきました。

人間は猫を飼っていると思っているようだけれど、
実は人間が猫に飼い慣らされているようで、
茶太郎は、さも当然といった様子で椅子の上で日光浴です。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JB C3 27 004 ねこ Sony α7II + SIGMA MC-11 × Canon EF 40mm F2.8 STM#
銀次郎 / Sony α7II + SIGMA MC-11 × Canon EF 40mm F2.8 STM

小窓から差し込む朝の光。
ここはねこたちの大好きな場所。

春のやわらかな日差しのなかで、座って背中を温めたり、
ごろりと寝転がってお腹を温めたり・・

ここに居るねこは誰も気持ちよさそうです。

銀次郎が招き猫のポーズで居眠りをしていました。
なんとも不精な招き猫です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

桜の上に月昇る


JB C3 28 022 福岡県糟屋郡新宮町 Sony α7II  + SIGMA MC-11 × Canon EF 40mm F2.8 STM#
福岡県糟屋郡新宮町 Sony α7II + SIGMA MC-11 × Canon EF 40mm F2.8 STM

満開の桜並木の上に月が昇っていました。
何の根拠もないのですが、
「今年の桜も終わりだな」という思いが頭を過ぎりました。

空が青色から墨色に変わり、夜を迎えます。
夜間照明なんて無粋なものはなく、
明かるさを増した月の下で最後の美しい姿を桜は披露。

明日になれば、吹く風に名残の花を散らし、人は誰も桜の話をしなくなる・・

この写真を撮った後の、私の勝手なストーリーです。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

桜並木


Walk along the cherry blossoms with the dog
福岡県糟屋郡新宮町 / Sony α7II + SIGMA MC-11 × Canon EF 40mm F2.8 STM / JB C3 28 016

散歩の途中で、偶然、桜並木を発見。
この近くはときどき歩いているのだけれど、桜並木があるとはこれまで気づきませんでした。

小高い丘の裾に並んで咲いている桜の木には近づけそうになかったので、「一応」という気持ちで遠目に撮りました。

その後、気まぐれに踏み込んだ道が、先ほど見ていた桜の下に続く道だったのです。
まさか桜の下に道があるとは思いもよりませんでした。

片側は崖、反対側は小川。
抜け道のような感じで、ほとんど人は通らず、出会ったのは犬の散歩をする人だけでした。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

桜の下を何度も・・


Bicycling down the slope where cherry blossoms bloom
福岡市東区 / Sony α7II + SIGMA MC-11 × Canon EF 40mm F2.8 STM

春の日差し。
桜の花。
緩やかな坂道を、買い物袋をぶら下げてのんびりと上っているとき、
自転車に乗った親父が嬉しそうに笑顔で坂道を下ってきました。

しばらくすると、同じ人が後ろから来て、私を追い越して行きました。
その姿は、自転車を買ってもらって喜んでいる子供のようでした。

桜の花の写真でも撮るか・・とカメラを構えると、
坂道の上から、自転車親父が、また現れました。

満開の桜が、
子供の頃、買ってもらったばかりの自転車で走った記憶を呼び覚ましたのでしょうか。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ