雨の朝


JP C9 01 013 福岡市東区 leM10P×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA M10-P × Leica Summilux-M 35mm F1.4

秋風が吹くようになり、
夏の日差しに色あせた庭の手入れを少しずつしてきました。

なかには植え替えた庭木もあるので、
ひと雨欲しいと思っていたのですが、
なかなか都合よく降ってくれるものではありません。

日々、水遣りに勤めてきたつもりですが、
瑞々しさを失っていくものも。

しかし、自然の恵みとは素晴らしいもので、
衰えた勢いが一晩の雨で蘇ったようです。

みかん猫67
JPC 901 1736

置き柿


JP C9 30 007 福岡県糟屋郡新宮町 soA7RM4×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7R IV ×Leica Summilux-M 35mm F1.4

柿を頂きました。
ぱらぱら雨が降り出したので様子を見に外に出てみたら、
玄関先にビニール袋。

中には柿が。
玄関の呼び鈴が聞こえなかったのか、
全く気付きませんでした。

でも、だいたい誰が届けてくれたのかは分かります。
毎年、そっと届けてくれる人がいるのです。

門扉の取っ手にぶら下げてあったときもあります。
秋は、こうして忍び足でやってきてくれます。


みかん猫67
JPC 930 1529


JE C9 09 002 銀次郎 olEP5×leDGMET45F2.8A J53.JPG
銀次郎 / OLYMPUS E-P5 × LEICA DG MICRO ELMARIT 45mm F2.8 ASPH.

シューベルト、ピアノソナタ No.21を聴いていると、
カリカリ
という合いの手が聞こえます。

はてさて、
何かと振り向いてみると、
ねこがペットフードを噛んでいました。

もう、そんな時間か、
さて、人間は何を食べようか。
はいどうぞと、ねこが食事の準備をしてくれると嬉しいのだけれど。

みかん猫67
JEC 909 1529 0733

天高く・・


JP J0 09 005 福岡県糟屋郡新宮町 soA7RM4×niAiNI20F2.8s J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / SONY α7R IV × Ai NIKKOR 20mm F2.8s

秋の空といえば、
「天高く・・」です。
高い空を撮るために、
手持ちで一番の広角レンズを引っ張りだして散歩に連れ出しました。

Ai NIKKOR 20mm。
フィルム時代のレンズ。
もちろんマニュアルフォーカス。
目は怪しくなったけれど、カメラの進化に助けられてこの通り大丈夫。

レンズも、人間も、
老いてもまだまだ・・です。

みかん猫67
JPJ 009 1529 1526

秋の光


JP J0 10 003 もも leM10P×leSnM35F2 J53.JPG
もも / LEICA M10-P × Summicron-M 35mm F2

つい先日まで日の光を避けていたのですが、
気がつけば、
温もりが心地よい季節になっていました。


みかん猫67
JPJ010 1526


JP C9 30 008 福岡県糟屋郡新宮町 soα7RIV×leSxM35F1.4 J53.JPG
福岡市東区 / SONY α7R IV × Leica Summilux-M 35mm F1.4

旧唐津街道。
北九州から博多を経由して佐賀県の唐津まで通じていた街道。
その一部が我が家の近くにも残っています。
小さくて目立たないのですが、「旧唐津街道」と刻まれた石柱もあります。

樹木に覆われた細い道。
農作業に向かう軽トラックが一台通れるくらいの道幅で、
舗装はされていない土の道です。

時折、犬の散歩をする人と出会うくらいで、
周りはみかん畑や竹やぶです。

写真を撮ろうと立ち止まると、
待てましたとばかりヤブ蚊が襲ってきます。

みかん猫67
JBC930 1629

散歩の袋物


JP C9 29 003 福岡市東区 leM10P×leSXM35F1.5A J53.JPG
福岡市東区高美台 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

散歩は手ぶらで・・
と、身軽にいきたいものです。

が、財布、携帯電話、イヤホン、ノートに筆記用具、カメラ、電池やSDカードなどの写真の道具。
それに、文庫本、のど飴に飲み水などなど、散歩といえども荷物の多い人間ですから、
それらを入れる袋物が必要です。

普段はショルダーバックを使っているのですが、
気の迷いが生じて、リュックに変えてみました。

結果、
やはり、使い慣れてものが一番ということになりました。


みかん猫67
JPC929 1509


JP C9 29 002 福岡市東区 leM10P×leSXM35F1.5A J53.JPG
福岡市東区高美台 / LEICA M10-P × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

老ねこの介護のために、
撮影の予定が壊れてしまいました。

老ねこには夜中でも御構い無しに叩き起こされるので、
このところ、常に寝不足です。

ねこを膝に乗せて本を読んでいるうちに、
ついうとうと。

ふと目が覚めるとねこは膝の上から消え、
自分のねぐらでスヤスヤ。

鬼の居ぬ間・・ではないけれど、
ねこの寝ている間に、ちょっと抜け出して散歩に。

鼻に血が滲んだご近所の猫が
「転ばんように気いつけて行きや」と見送りをしてくれました。


みかん猫67
JPC929 1458

秋になれば


JP C9 21 012 福岡県糟屋郡新宮町 leQ2×SX28F1.7A J53.JPG
福岡市東区|筥崎宮 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

福岡の秋は、
銀杏。

福岡といえば、
夜の屋台。
とんこつラーメンや焼き鳥の屋台で銀杏が食べられます。

数日前に天神や蔵本のバス停でも銀杏が落ちているのを見ました。
踏みつけると独特の臭いがするのですが、
福岡の人は慣れているのか無関心の様子。

写真のひな壇に並んでいる銀杏は、
散歩の折り返し地点にしている神社の境内で見かけた物です。

いい感じに転がっていたので、
ちょっと撮って見ました。

みかん猫67
JPC921 1406

濡れ落ち葉


JP C9 22 016 福岡市東区 soα7RIV×siCp45F2.8DGDN J53.JPG
福岡市東区 / SONY α7R IV × SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN

私もねこも、
暑い夏をなんとか乗り切りました。

夏の間は、「熱中症に注意」と頻りに聞かされていたので、
高齢者としては、なんとなく外に出そびれて、
すっかり足腰に衰えを感じるようになってしまいました。

そんな状況を解消すべく、
台風の余波を物ともせず、傘を差して日課の散歩。

濡れ落ち葉の吹きだまりを眺めながら、
「我が身もこの中の一葉か?」と愉快に呟く散歩道。

みかん猫67
JBC922 1549

カレンダー

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ