「暑いな〜」


JP C8 03 005 もも leQ2×SX28F1.7A J53.JPG
もも / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

老猫〝もも〟は、あまり冷房が好きではないようです。
冷房を避けて、その時々で、一番居心地の良い場所を探して転々と移動を繰り返しています。

朝のある時間帯には、いつもこの場所でごろりと転がっています。
横はもも専用の水飲み場、餌場、爪とぎ、トイレなどが並んでいます。

ももがぼんやり眺めているのは、
自分の脚に引っ付いて、トイレからこぼれ出た木片です。

それを見ながら何を考えているのやら。
「暑いな〜」とかなんとか語りかけているようにも見えます。


みかん猫67
JPC8030721

溶けるインク瓶


JP C8 02 005 自宅 leQ2×SX28F1.7A J53.JPG
福岡市東区 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

体温より高い気温。
流石に暑い。

先ほどまで涼しい顔をしていた空のインク瓶も、
表情を歪め
「溶けそう!」と言っているようです。

みかん猫67
JPC8020826

インク瓶


JP C8 02 004 自宅 leQ2×SX28F1.7A J53.JPG
福岡市東区 / LEICA Q2 × SUMMILUX 28mm F1.7 ASPH.

インクが無くなりました。
プリンターのインクではなく、
万年筆のインクです。

空になったインク瓶を洗って・・(年寄りは暇ですから)
乾かすためにポンと置いたら、
何やら写真に撮りたくなって。

後ろの景色の滲んだような空の青から、
空になったインク瓶のなかには
青い色のインクがが入っていた。

そんな気分が伝われば良いのですが。

みかん猫67
JPC8020826

暑いだろうな。


JP C5 10 007 福岡市中央区 leCL×leSMAM28F5.6 J53.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA CL × SUMMORON-M 28mm F5.6.

我が家のねこたちは、夏でも毛皮を着用。
街で見かけた烏は、日差しのなかでも全身黒づくめ。

暑いだろうな。
大変だろうな。

家では人間のためというより、御ねこさまのために冷房を入れています。
街の烏には何もしてやれないけれど、
日陰で一息入れている烏を驚かせて、日差しの中に放り出さないように、
気を使って、そっと撮影。


みかん猫67
JPC5101529

夏の空


JP C7 31 002 福岡市中央区天神 leM10P×leSnM35F2 J53.JPG
福岡市中央区天神 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2.

要介護の老ねこの世話で、思うように外出もできず。
大好きな夏空を、クーラーの効いた部屋の窓ガラス越しに眺める日々。

今日は、久しぶりに老ねこのご機嫌も麗しい様子なので、
昼寝の合間に急ぎ足で外出。
熱中症対策は〝年寄りの冷や水〟を体にぶっかける。

交差点で信号待ちの間に空を見上げると夏空にクレーン。
嬉しくて一枚撮影したところで、飛行機が舞い込んできたので、
もう一枚。

飛行機もしばらく乗っていないなぁ。


みかん猫67
JPC7311416

竜舌蘭


JP C7 22 004 福岡県糟屋郡新宮町 leCL×ETTL18F2.8A J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA CL × ELMARIT-TL 18mm F2.8 ASPH.

草むした空き地に竜舌蘭を発見。
嘗て、ここに家屋があって、その庭に竜舌蘭が植えられていたようです。

何と言うこともない、
ただそれだけのことなのです。

竜舌蘭は数十年(50年とか60年とかと100年云う説もあります)に一度花を咲かせ、
花が咲くと枯れてしまうと聞きました。

棘があり、肉厚で無骨な見た目ですが、
案外とロマンチックな運命の植物なのです。

みかん猫67
JPC7221639

暑〜い


JP C7 28 001 もも leM10P×leSnM35F2 J54.JPG
もも / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2

暑い・・のは人間ばかりではなくて、
人間の歳だと百歳を超えている老ねこ〝もも〟にも、
この暑さは応えているようです。

例年だと、冷房が嫌いでエアコンのないところで過ごしていたのが、
今年は寄る年波には勝てないのか、この夏の暑さが厳しいのか、
冷房の効いた部屋が良いようです。

今日は、飲み水の入った容器に顎を乗せてへたり込んでいます。

みかん猫67
JPC7280931

土用の丑の日


JE C8 27 004 茶太郎 銀次郎 soRX1R×So35F2 J53.JPG
茶太郎 & 銀次郎 / SONY RX1R × Sonnar 35mm F2

土用の丑の日とくれば、
鰻です。

鰻を食べて元気回復・・
のつもりだったけれど。

周りが鰻鰻を騒いでいるのを目にすると、
こんな日に、何も好き好んで鰻を食べる必要はないんじゃないか。

そんなことをしたら掲げ続けてきた「臍曲がり庵」の看板が泣くと、
持ちまえの臍曲がり根性がむくむくと頭をもたげました。

そこで、鰻と同じように元気が出そうなものは?と、
思案の結果、鰻は牛肉に化けました。

みかん猫67
JEC8271228

狂い咲き


JP C7 07 001 自宅 leCL×SNTL23F2A pc.JPG
福岡市東区高美台 / LEICA CL × SUMMICRON-TL 23mm F2 ASPH.

庭の白藤。
春先に花を咲かせて、この時期は勢いよく蔓が伸びるばかりです。

その藤が、季節外れに花を咲かせました。
狂い咲きです。

歳とともに頭のネジの緩みを感じています。
こんな状態で、今更、もう一花・・なんて無理は承知なのですが、
庭の白藤のような綺麗な花を、
一輪ぽつっと咲かせてみるのも悪くないかも。

年寄りには、一輪だけというのが似合うでしょうから。

いえいえ、決して〝死に花〟を咲かせるということではありません。
まだまだ元気・・のつもりですから。


みかん猫67
JPC7070751

梅雨明け告げ鳥


JF C7 01 010 福岡県糟屋郡新宮町 soA9×SoFE55F1.8ZA J53.JPG
福岡市東区高美台 / SONY A9 × Sonner FE 55mm F1.8 ZA

良いところに烏が・・
♪ からーす なぜなくの・・と、
童謡〝七つの子〟を、
七十を過ぎた爺さんが口ずさみながら撮りました。

みかん猫67
JFC7011841

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ