今はもう・・

博多の住吉神社の近くの路地を入ったところにある銭湯の入り口に置かれた、鍵付きの古い傘立て。
鍵はほとんど無くなり、すでに使われていないと思うのですが門口に置かれたまま。
唯一残った鍵には「4」の数字。

こんな小さな何気ないもの一つにも、これまでの人生のなかで見てきた懐かしい記憶が絡まっているものなので、心惹かれてついつい写真に撮ってしまいます。

CP C9 19 008 福岡市 博多区 LEICA M8 × ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.#
福岡市博多区 / LEICA M8 × ELMAR-M 24mm F3.8 ASPH.


この写真は2009年に撮影したもので、今は銭湯はありません。
もちろんこの傘立ても。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

頑張って


JF C9 13 023 福岡市東区 Olympus Pen-F × LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.#
福岡市東区 Olympus Pen-F × LUMIX G 20mm F1.7 II ASPH.

車を持ちませんので、長距離の移動は公共交通機関を利用しています。
なかでもバスを多く利用します。

バスは鉄道に比べると遅れることが多く、
ひどいときには20分ほど遅れることもあります。
寒風の吹く日や氷雨のなかで20分も待たされるとたまったものではありません。

今日乗ったバスが、まさに、そのひどい遅れ様でした。
暗くなる空を眺めながら待つこと20分近く。
ようやくやってきたバスに乗り込んだ私の顔が怒りに満ちていたのか、
運転手さんは車内マイクで
「頑張って運転に勤めてきましたが、遅れてしまいました。」と謝っていました。

その言葉に、思わず笑ってしまい、
暮れなずむ綺麗な空を眺めながらバスに揺られていました。


にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JF C9 17 002 もも Sony α9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA#
もも / Sony α9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

ねこは目で何かを訴えかけてきます。
強い目力で。

その目の色をこちらが読んで、
意思の疎通が図られてきました。

「ごはん」「餌を変えろ」「ブラッシング」「日光浴したい」「うんこしたよ」「寝ようよ」「二階に行こう」などなど。

しかしそんな猫も、
老いてくると、人間同様、涙目になることが多くなります。

最初は嫌がっていたけれど、
最近ではおとなしく涙を拭かせてくれます。

爺いが、老いたねこの目を拭いてやるのも日課のひとつになりました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JF C9 16 001 銀次郎 Sony α9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA#
銀次郎 Sony α9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

煙のように漂う光に包まれて、
ブラッシングして貰うのを待っているねこ。

洗面台の横の、この場所はねこのブラッシング場。
ブラッシングして欲しい時はここにやって来て待つ。

言葉は通じないけれど、
暮らしの中で意思の疎通はこうして図れています。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

曇天と草と・・


Low clouds
福岡県糟屋郡新宮町 Sony α9 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

日々眺めているはずなのに、
いろいろな巡り合わせで、
突然、こころのなかに飛び込んでくることがあります。

変哲も無いものなのだけれど、
ふと足が停まります。

決してこころまでは波立たない。
そんなに大袈裟なものではないのです。

小雨交じりの曇天と、
枯れかかった草と。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

ねこと暮らす


JJ C5 21 005 ねこ Pentax K-5 × DA 21mm F4 Limited#
もも / Pentax K-5 × DA 21mm F3.2 AL Limited

夕食のときに、猫が私の膝の上に跳び乗って来ようとして失敗。
椅子から落ちまいとして私の足に縋がりついてきました。

どうやら、爪が伸びているようです。
猫の鋭い爪が私の太もも食い込みました。

夕食後に猫の爪を切ってたることにしました。
猫にとっては有り難迷惑のようで、抵抗をしてきます。
逃げようとする猫を押さえつけて爪を切るのはなかなか難しい作業で、
ちょっと切り過ぎて血が滲みました。

痛い目に遭わされても、夜には私の布団に潜り込んできました。
太ももに引っ掻き傷の男と、指先に血が滲んだ猫と、仲良く一つ布団です。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

短め


CS C9 24 144.08 鹿児島県国分 Nikon F6×24--50mm F3.3--4.5D#
鹿児島県国分 Nikon F6×24-50mm F3.3-4.5D

寒さに備えて暖かい部屋着のズボンを買いました。
今時、ズボンなんて言わないで〝パンツ〟と言うのは分かっているけれど、
パンツと云うと、どうしても下着のパンツを思い浮かべてしまうので、やはり〝ズボン〟です。

自宅でだらしなく着るものですから、それほど上等のものでなくて良いのです。
暖かで着やすくて、安くて・・と云うのを探していたら
「ウォームイージーパンツ」というのを発見。値段は3990円。

ズボンの丈は2種類準備されていて、一つは「丈標準」、
そしてもう一つは「丈短め」と表記されていました。

その「丈短め」が、私のズボン丈にぴったり・・・
私の足の長さは、短めだと太鼓判を押してくれています。

大きなお世話や。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

屋台


JF C9 12 017 福岡市博多区 Sα6500×E30F3.5M#
福岡市博多区 / Sony α6500 × E 30mm F3.5 Macro

博多の町の名物に、〝屋台〟があります。
屋台は夜に活気付き、昼間はどこかでひっそりと寝静まっているのでしょう。

町をぶらぶら歩いていると、屋台の待機所のようなところに出くわすことがあります。
つまり、そこが彼ら屋台のねぐら。

そろそろ太陽が傾き始める時間となりました。
夜の博多の町を賑やかにする〝屋台〟の出番が近づいてきています。

私はねこが待っているので、そろそろ帰り支度です。
私と屋台は擦れ違いばかりで、馴染みの屋台はありません。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

跳んだ


JG C9 11 002 福岡市東区 Sony α7RII × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.#
福岡市東区 Sony α7RII × SUMMILUX-M 50mm F1.4 ASPH.

妙にしっかりとした彩の三毛猫が、
塀の上を睨んでいました。

跳び上がるのだろう。
〝猪突〟はイノシシだけの専売特許ではないようです。
猫も結構向こう見ずなところがあります。

カメラを構えて撮影の準備。
跳び上がった。

塀の真ん中くらいに一度足を掛けて、
次には塀の上に座って、
「どんなもんだ。ちゃんと撮ったか?」と澄まし顔でこちらを見ていた。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

渡り鳥


JF C9 10 021 福岡市東区 SONY α6500 × FE 28mm F2#
福岡市東区 / SONY α6500 × FE 28mm F2

渡り鳥。

知らないところからやって来て、
知らないところへ飛んでいき、

そしてまた、知らないところからやってきて、
知らないところへ帰っていく。

その行き帰りの、ほんの束の間のこと、
ゆっくりはできないだろうけど、しっかり休んでいきなさい。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村

みかん猫67

カレンダー

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ