雨上がり


雨上がり 陽の光が走る路地
JE C2 02 002 熊本市 soRX1×So35F2 J53.JPG
熊本市 / Sony RX1 × Sonnar 35mm F2

寒くて震えるのが嫌
雨に濡れるのが嫌い

雨が上がり
日が差してくるとホッとします

できれば暖かく・・・
なんて勝手なことを思っても

世の中
そんなに思い通りには行きません


みかん猫67
JEC 202 162 4

汚点?


酒のなか 沈む黒点ゆ〜らゆら
ZC C2 01 007 自宅 leM10P×niAFMnI105F2.8D J53.JPG
/ LEICA M10-P ×AF Micro NIKKOR 105mm F2.8 D

有田焼の蕎麦猪口なのですが
酒杯に使っています

焼成の段階でついたのでしょう
底に黒い点が一つ

どこに?
そこに・・

といことで
いわゆるB級品の中から拾い上げて
手に入れたものです

この底の黒点
決して汚点ではなく
私にとってはブラックホール

この黒点を見つめながら
今夜も・・

みかん猫67
ZCC 201 125 5

角発見


節分の 鬼が残した 角二本
ZC C2 04 007 福岡県糟屋郡新宮町 leM10P×leSNM35F2A 12.03.43 J53.JPG
福岡県糟屋郡新宮町 / LEICA M10-P × SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

お目当ての場所もなく
外に出る用件もなし

ただ歩く
でもそれだけじゃ面白くない

カメラを連れて歩くと
気づいて
撮ってと
なかなかの暇つぶし

撮った写真がどうのこうのと考えると
足がすくんで歩けなくなるので
そこは考えない

みかん猫67
ZCC 204 165 7


回帰


老いた瞳 思い出させる幼き日
JP C1 31 002 もも soA7RM3×soSoFE35F2.8ZA J53.JPG
もも / SONY A7R M4 × Sonnar FE 35mm F2.8 ZA

老いたねこ
年相応にやつれて見えるのが常ですが
時折
すごく幼い表情を見せることがあります

人間も
老いると幼子に戻ると言われますが
どうやら
ねこも同様のようです

生き物というものは
命の輪をぐるっと一周して
元に戻ったところで
滅するようになっているのかなと
老ねこの様子を見て思いました

みかん猫67
JPC 131 152 7

まるで温室


前の席 背中しか見えないので勝手な想像
JJ C1 30 002 福岡市博多区 ca5DM2×caEF35F2 J53.JPG
福岡市博多区 昭和通り×大博通り付近 / Canon 5D M2 × EF 35mm F2

外は寒いけれど
バスの中はまるで温室のよう

前の席に白い毛糸の帽子をかぶった女性
白い帽子に赤いマフラー

おきまりの色の取り合わせだけれど
後ろ姿から
可愛い女の子を想像

バスの中では
曇った窓ガラス越しに景色を楽しむも良し
居眠りするも勝手

もちろん
車内の人たちを見てあれこれ想像するのも
自由


みかん猫67
JJC 130 155 7

店内は暖か


この店一番の売りは店内の暖かさ
JJ C1 29 016 福岡市中央区 ca5DM2×caEF35F2 J53.JPG
福岡市中央区 / Canon 5D M2 × EF 35mm F2

中華料理店のショーケース
湯気でガラスが曇り
中がはっきり見えません

「外は寒いでしょ」
「暖かな店内にどうぞいらっしゃい」
そういった声が聞こえてきそうなのです

よく見えないショーケースをしばらく見ていたのですが
中に入ることはなく
写真だけ撮らせてもらって失礼しました

みかん猫67
JJC 129 150 6

金目の黒猫


黒猫の 瞳に染みる 金の色
JF C1 28 008 福岡市博多区(東公園) leMP×leSXM35F1.4A J53.JPG
福岡市博多区(東公園) / LEICA MP × SUMMILUX-M 35mm F1.4 ASPH.

堂々とした一匹の黒猫が
石舞台の上で正座(?)して
西の空を見ていました

日が傾き始め光は金色に
その光を瞳に宿して
いったい何を願っているのでしょうか

家内安全
無病息災
そんなはずはないだろうな

もっと崇高で
精神的に奥深いものを感じさせました


みかん猫67
JFC 128 164 1


風にのって


波枕 横飛ぶ鳥が 羨まし

JG C1 27 003 福岡市東区 leMP×leET28F2.8 J53.JPG
福岡市東区 / LEICA MP × ELMARIT 28mm F2.8

フィルムで写真をやっていた時には
狭く暗い暗室に籠っていたので
閉所恐怖症ということもないと思うのですが

限られた空間で過ごさなければならない
船旅に憧れる気持ちは全くありません

船旅に憧れる人たちは
のんびりと
優雅に旅を楽しみたいのでしょうか

私は短気でせっかちな性分ですから
どちらかというと船旅は御免被りたい

船の横を飛んでいる海鳥のように
風にのって
ふらふら気ままに旅する方が良い


みかん猫67
JGC 127 155 1

ホッケーゲーム


玉転がし ゴールはいつも 我が足下
JA C1 26 003 銀次郎 soA7R×soVTe24-70F4ZA J53.JPG
銀次郎 / Sony A7R × Vario-Tessar FE 24-70 F4 ZA OSS


ねこの寝ていた部屋に入ると
床の上に何か転がっていることがあります

夜中に走り回って
その時の遊び道具に選んだものが
床に転がっているという次第です

コルクでできたコースター
玉のようにコロコロと転がりはしないのですが
適度に床の上を滑ります

我が家の床は
隙間風は吹き上がってきて
パック(コースター)が浮き上がるようなことはありませんが

ねこ たちにとっては
「ホッケーゲーム」のような遊びなのでしょうか

みかん猫67
JAC 126 100 3

意味不明な矢印


矢印の はてその先に 何があるのか
JJ C1 25 001 福岡市東区caEKX2×caEF20F2.8 J53.JPG
福岡市東区 / Canon EOS Kiss X2 × EF 20mm F2.8

どこへ向かうというのでしょうか
矢印だけが床に置いてありました

矢印はその方向に進むべき印のはずなのですが
その先に何があるのか案内がありませんので
立ち止まって思案
立ち往生です

矢印は気になる印です
この矢印のように
意味不明なものほど
嬉しくなって写真に撮ってしまいます

みかん猫67
JJC 125 175 0

カレンダー

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Flickr

タグクラウド

カテゴリ

  • カテゴリを追加

月別 アーカイブ